掃除

【保存版】ガスコンロの掃除方法まとめ。掃除の負担を減らす毎日のお手入れなど徹底解説!

 

ガスコンロは油跳ねや焦げ付き、食品のこびりつきなどでギトギト汚れているため掃除が大変だと思っていませんか?

実は、重曹を使えばガスコンロは楽に掃除できるんですよ。

今回は、五徳や魚焼きグリルなどパーツ別に掃除方法をご紹介し、ガスコンロの汚れを予防する方法をまとめました。

 

ガスコンロの汚れの種類はいろいろ…

ガスコンロの汚れの種類

 

ガスコンロ掃除をはじめる前に、汚れの種類を知って適切な洗剤を選んでいきましょう。

ガスコンロの汚れには、油が跳ねて樹脂化したもの・食材のこびりつき・焦げ付き・水垢・カビ・石けんカスなどがあります。

これらの汚れが熱や空気に触れることでガスコンロにこびりつき、ただ拭くだけでは落ちない汚れになってしまっているのです。

 

【パーツ別】ガスコンロの掃除方法

ガスコンロを見てみると、天板・五徳・バーナー・排気口カバー・魚焼きグリルといったように分かれていて、取り外せるパーツがあり、パーツごとに汚れ種類も違います。

パーツ別に合わせた掃除方法で、ガスコンロをピカピカにしていきましょう。

 

まずは必要な道具を揃える

ガスコンロの掃除に必要なグッズ

 

  • ゴム手袋
  • 中性洗剤
  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレーボトル
  • 古い歯ブラシや竹串など
  • スポンジや不要なカード
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • ドライヤー(あればさらに効果的)
  • 割りばしと輪ゴム
  • 拭き取るためのクロスなど

ガスコンロの掃除に必要な道具は、家にあるものや、ダイソーなどの100円ショップで手に入るもので落とせます。

 

ガスの元栓を締め、分解できるものはしておく

片付けて分解

 

まずはじめに、火がつかないようガスの元栓を締めます。

ケガや火災の原因となるので、忘れずに締めてくださいね。

次に、掃除しやすいようにガスコンロの五徳やバーナー、排気口カバーや魚焼きグリルなど取り外せるパーツは取り外しておきましょう。

 

五徳

ガスコンロの五徳掃除

 

まずは、浸け置き洗いが必要な五徳から掃除しましょう。

必要なものは重曹水、またはセスキ炭酸ソーダ水。

作り方は、重曹水が水100mlに重曹小さじ1杯、セスキ炭酸ソーダ水が水250mlに小さじ半分のセスキ炭酸ソーダを入れて溶かすだけです。

軽い汚れであれば、重曹水やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭き取れば汚れは落ちます。

 

しかし、五徳はこびりつきが気になることがほとんど。

こびりついた頑固な汚れには、40℃くらいのぬるま湯に大さじ4杯の重曹を溶かしてその中に五徳を入れて浸け置きしましょう。

五徳が入る容器がなければ、チャック付きビニール袋や2重にしたゴミ袋でも構いません。

しばらくすると汚れが浮いてくるので、歯ブラシなどで軽くこすり落としてから中性洗剤とスポンジで洗い、よく水ですすいでください。

 

それでも落ちない場合は、重曹に水を混ぜて重曹ペーストを作り、重曹の粒で研磨するようにして掃除するときれいになりますよ。

 

天板

天板

 

五徳を浸け置きしている間に天板を掃除します。

汚れが気になる部分へキッチンペーパーをかぶせましょう。

その上から重曹水やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、汚れが浮き上がってくるのを待ちそのままキッチンペーパーを使って拭き取ります。

 

頑固な汚れの場合は、キッチンペーパーにスプレーしたあと、ラップを密着させてドライヤーで温めると油汚れが落ちやすくなりますよ。

 

魚焼きグリル

魚焼きグリル

 

魚焼きグリルの汚れも軽いものなら重曹水やセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭き取れば落とせます。

しつこい汚れの場合は、天板と同じようにキッチンペーパーとラップを使って、ドライヤーで温めて汚れを浮き上がらせてから掃除しましょう。

 

網や受け皿、グリルの全面の窓部分もきれいに掃除しましょう。

網の焦げ付きが気になる場合、使わなくなったカード(キャッシュカードのような素材)でこすり落とすときれいになります。

食べ物が触れるところなので、最後はきれいに洗い流してくださいね。

 

バーナー部分

バーナー部分

 

調理する際に重要な部分であるバーナーも、定期的なお手入れが必要です。

バーナー部分に汚れが詰まると火がまばらになったり、火が付きにくくなって何度も点火するうちにガスが溜まって何かに引火し、火災の原因になったりするので、常にきれいにしておきましょう。

各メーカーによってバーナーの構造や取り扱い方法が異なるので、事前に取り扱い説明書などで確認しておきます。

 

バーナーのキャップ部分を取り外したら、目詰まりしている汚れを歯ブラシや竹串などで取り除いていきます。

目詰まりの掃除ができたら中性洗剤を染み込ませたクロスで表面を拭き、きれいに洗ってしっかり乾燥させておきましょう。

 

火が出る部分は、針金のような部品と先がとがった安全装置がついているので、クロスなどでやさしく拭いて掃除してくださいね。

汚れがひどい場合は、やわらかい歯ブラシなどで慎重にこすり落としましょう。

 

バーナーの中央部分にある温度センサーは大事な部分なので、クロスを使って上部と側面をやさしく拭きます。

 

魚焼きグリルの排気口カバー

排気口カバー

 

魚焼きグリルの排気口カバーは、台所用洗剤のような中性洗剤を使って掃除できます。

汚れがこびりついて取れない場合は、40℃くらいの重曹水に浸け置きし、汚れを浮き上がらせてから掃除してみましょう。

 

排気口カバーを掃除したら、排気口に落ちている食材のカスを取り除きます。

割りばしにクロスなどを巻き付けて輪ゴムで留め、重曹水を染み込ませてから汚れを拭き取っておきましょう。

 

全然落ちないガスコンロの油汚れにはアルカリ電解水を使う!

ガスコンロの汚れのほとんどが油汚れによるものです。

油汚れは酸性なので、反対のアルカリ性であるアルカリ電解水でもギトギト油汚れを落とすことができます。

ホームセンターや100円ショップでも手に入るので、1本持っておくことをおすすめします。

 

五徳は浸け置き

五徳は浸け置き

 

チャック付きビニール袋や2重にしたゴミ袋に五徳を入れ、アルカリ電解水を10回ほどスプレーします。

50℃くらいのお湯を五徳が浸かる程度入れて封をしたら、そのまま15分ほど待ちましょう。

浸け置きして汚れが浮き上がってきた部分を古い歯ブラシや、不要なカードを使ってこすり落とします。

中性洗剤とスポンジで洗い、よくすすいだらしっかり乾燥させましょう

 

ガスコンロ周りや壁はスプレー

ガスコンロ周りはスプレー

 

ガスコンロ周りも油汚れや食品のカスなどでガスコンロ本体と同様に汚れています。

特にガスコンロ周りの壁は、油汚れや調味料が飛び散っていますよね。

そんなときも、アルカリ電解水を下から上にスプレーして汚れを拭き取っていきましょう。

 

汚れがなかなか落ちない場合は、温めましょう。油汚れがやわらかくなるのに加えて洗浄力も増すのでおすすめです。

スプレーしたあとにラップをかけてドライヤーで温め、ラップをはがして濡れたクロスなどで拭き取り、最後は乾拭きして仕上げます。

 

重曹は家の掃除にとっても役立ちます。重曹の使い方は「重曹の使い方と3通り実際に掃除してみた」の記事をご覧ください。

 

ガスコンロの掃除を楽にするお手入れ

ガスコンロに汚れが溜まると、熱などでなかなか落ちにくくなるため掃除が大変になります。

汚れが付きにくい使い方を知れば、掃除も一段と楽になりますよ。

ガスコンロの掃除の頻度についても参考にしてみてくださいね。

 

換気扇は必ずつける

ガスコンロの汚れにくい使い方

 

調理する際は、煙や蒸気を吸い取ってくれるので、必ず換気扇をつけるようにしましょう。

換気扇をつけずに調理すると、ニオイがついたり、熱がこもって汚れがこびりつきやすくなってしまいます。

あとは、なるべくフタをして調理しましょう。

揚げ物の場合、網状のフタを利用すると油跳ねはキャッチして蒸気は逃すのでおすすめです。

 

あとは何と言っても「汚れたらすぐに掃除」を習慣にしましょう。

汚れはついて間もないうちは拭くだけで落とせるので、調理が終わって熱が取れたら、水で濡らしたクロスやキッチンペーパーなどで拭き取るだけで簡単に掃除できますよ。

毎日1分、ガスコンロの汚れを掃除する時間を作りましょう!

 

週に1度は掃除を

週に1度は掃除する

 

魚焼きグリルの庫内や排気口などは月に1度でもOKですが、五徳や食品が触れるグリル網などは週に1度は掃除した方がこびりつき汚れが落ちやすいのでおすすめです。

ガスコンロをふつうに掃除する場合と、しっかり掃除したい場合の方法をご紹介します。

 

ふつうの掃除は重曹水で拭くだけ

重曹水で拭くだけ

 

週に1度など、ふつうに掃除するときは、重曹水で拭くだけでOKです。

もし、天板がフッ素加工してあったりアルミ製の場合は重曹は使えないので、メーカーが推奨する専用のクリーナ―で掃除してくださいね。

 

五徳など取り外したらバーナー部分をラップなどで覆い、重曹水をスプレーします。

取り外したパーツもスプレーしておきましょう。

丸めたラップで汚れをこすり落とし、天板は水拭きし、パーツは水で洗い流します。

乾燥したときに白くなるのは重曹が残っている証拠なので、白い拭き跡が残らないようきれいに水拭きしてくださいね。

 

しっかり掃除したいときは浸け置きを

しっかり掃除するなら浸け置きを

 

念入りに掃除したいときは、鍋の中に水と重曹を入れ(水1Lに重曹大さじ3杯)、五徳などのパーツを入れて火にかけましょう。

油汚れは熱を加えるとやわらかくなり、重曹は高温で成分が変化し、油汚れを分解するパワーが強まるといわれています。

沸騰したら3時間ほど置いて、スポンジなどで汚れをこすり落としましょう。

頑固な汚れには重曹ペーストを使って、傷がつかないよう注意しながら研磨して落としてくださいね。

 

月に1度、ガスコンロをしっかり掃除しておくと、汚れが蓄積しないので年末の大掃除も楽になりますよ。

 

ガスコンロの掃除はプロにお任せ!

家事代行

 

もし、ガスコンロの掃除が自分ではどうしようもない、そこまで手が回らないという場合には、プロの手を借りるのもひとつの手段です。

分解してガスコンロの内部まで掃除してくれるハウスクリーニングや、一般的なやり方で依頼主の代わりに掃除を行ってくれるのは家事代行。

予算やニーズに合わせてどちらかを選んでみてはいかがでしょうか。

家の水回りのお掃除をお願いしたい!

 

頑固な汚れやカビなどガッツリ落としたい!

 

まとめ

ガスコンロの掃除 まとめ

 

ガスコンロの掃除は、面倒なようで実はとても簡単なものです。

放置してこするだけなので、実際に掃除するのは数分程度で済みます。

こすり落とすことも面倒であれば、毎日の調理後に水拭きするだけでも手間が省けますよ。

自分で掃除できない、忙しくて掃除する時間がないという方は、ハウスクリーニングや家事代行などの利用がおすすめです。

ガスコンロがきれいだとキッチンも明るくなります。

ぜひ、本記事をガスコンロ掃除の参考にしてみてくださいね!

 

-掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.