掃除

お風呂掃除の適切な頻度とは?こまめに洗って掃除をラクにしよう!

更新日:

風呂掃除の頻度

 

みなさんは、お風呂の掃除をどれくらいの頻度で行っているでしょうか?

お風呂には皮脂汚れやカビなどさまざまな汚れでいっぱいなので、こまめなお掃除が大切です。

 

今回は、お風呂掃除をどれくらいの頻度で行っているか調査結果を発表し、適切なお風呂掃除の頻度についてもご紹介します。

 

さらには、お風呂掃除に必要な道具ややり方、お風呂掃除の頻度を減らせるラクラク掃除のポイントをお届け!

清潔なお風呂に入るためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

適切なお風呂掃除の頻度

適切なお風呂掃除の頻度

周りのみんながどれくらいの頻度でお風呂掃除を行っているのか気になるところですよね。

お風呂掃除をどれくらいの頻度で行っているか、一人暮らしの女性に聞いたところ「毎日」「2~3日に1回」「週1」「あんまり掃除できていない」の意見に分かれました。

1番多いのが週1、次いで毎日、2~3日に1回、あんまり掃除できていないの順番という結果に。

 

「お風呂はキレイにするところだから絶対に毎日掃除する」

「忙しいので掃除はどうしても休日になってしまう」

「毎日きちんと掃除できなくても洗い流すくらいはしている」

「そんなに汚れていないと思うからあまりしない」

という声がありましたがみなさんはどれくらいの頻度でお風呂を掃除しているでしょうか。

週に1回お風呂掃除をするという方でも、毎日ちょっとした掃除をしているという場合もありました。

 

毎日はむずかしくとも、お風呂は意外と汚れているのでこまめに掃除することが大切。

できれば、毎日少しずつ掃除して週に1度お風呂全体をきちんと掃除するのがおすすめです。

 

こまめなお風呂掃除が必要なワケ

風呂掃除 道具

お風呂の主な汚れの原因は、赤カビ・黒カビ・水垢・石けんカス・人の垢・皮脂汚れなど。

さらには、湿度や温度などの環境も雑菌が繁殖しやすい状況にあるのです。

目には見えなくとも、お風呂は雑菌でいっぱいなのでこまめに掃除することが大切です。

 

ですが、お風呂全体を毎日掃除するのはとても大変なこと。

毎日のちょこっと掃除と週に1回のきちんと掃除で雑菌の繁殖や汚れの蓄積を防ぐことが大切です。

 

毎日のちょこっと掃除は、今日は床をザっとブラシでこすろう、壁をいつもよりていねいに洗い流そう、湯船に浸かったから軽くスポンジでこすっておこうなど簡単な掃除でOK。

週に1回、洗剤を使って普段よりもていねいに掃除することでお風呂場の清潔をキープすることができますよ。

お風呂掃除に必要な道具

風呂掃除に必要な道具

お風呂掃除に必要な道具は、お風呂の汚れに合わせて選ぶことがポイント。

道具や洗剤を使い分けることで、ピンポイントに汚れや雑菌にアタックでき、結果的に時短にもつながります。

 

以下のページでは、お風呂掃除に必要な道具やおすすめのアイテムをご紹介。

お風呂掃除を清潔に収納する方法も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

お風呂掃除は汚れ別に道具を使い分けよう!掃除方法や道具の収納方法

毎日できる簡単なお風呂掃除

お風呂掃除 水切りワイパー

毎日少しの掃除をやっておけば、きちんと掃除するときがラクになります。

浴室に皮脂汚れやシャンプーなどの泡が残っていると、カビなどの雑菌が繁殖する原因になるので、お風呂から上がる前にシャワーでキレイに洗い流しましょう。

シャンプーなど収納しているところも垂れている可能性があるのできちんと流すようにし、排水溝の髪の毛を取ってしっかり洗い流します。

これだけでも、汚れの蓄積やカビなど雑菌の繁殖を抑えられるのでおすすめです。

 

バスタブや床の汚れは乾くと落ちにくくなるので、あたたかいうちにスポンジでこすり洗いしておきましょう。

 

最後に45℃以上のお湯を5秒以上かけてカビの原因菌を除菌していくのですが、お湯が自身にかかってしまうなどむずかしいときは、冷水で浴室の温度を下げるようにしましょう。

水切りワイパーで水気を拭き取り、身体を拭いたバスタオルで取り除けば、よりカビの発生や繁殖を抑えることができます。

正しいお風呂掃除のやり方

風呂掃除のやり方

お風呂掃除には正しいやり方があるのをご存じでしょうか。

正しいやり方で行わないと、泡が残って汚れが残ったり雑菌が繁殖したりしてしまうのです。

以下のページでお風呂掃除の正しいやり方を画像付きで解説しています。

毎日掃除したいところ、週に1回掃除したいところなど頻度別に掃除する場所もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

お風呂掃除は汚れに合わせて落とす!正しいやり方を画像付きで解説

お風呂掃除の頻度を少なくする方法

できるだけものを置かない

お風呂掃除の頻度を少なくするためには、以下のポイントに注意していきましょう。

  • できるだけ床にものを置かない
  • バスタブはお湯を抜いたらすぐ洗う
  • 入浴後は全体に熱いお湯、むずかしい場合は冷水をかける
  • 浴室に水気を残さない
  • 換気扇は24時間まわすのが理想的
  • 掃除道具はこまめに交換

毎日できる簡単な掃除方法のところでもお伝えしたように、汚れの蓄積や雑菌の発生や繁殖を抑える環境をつくることが大切。

カビが好む温度や湿度に注意し、エサとなる垢や皮脂汚れを毎日のちょこっと掃除で防ぐようにすると、週に1度のきちんと掃除がグンとラクになります。

お風呂掃除をプロに頼む

風呂掃除代行

忙しくてどうしてもお風呂掃除をする時間が取れない、頑固な汚れで自分ではどうしようもないという方は、お掃除のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

 

お風呂掃除を代行してくれるのは、主に家事代行サービスとハウスクリーニングです。

依頼主の代わりにお風呂掃除を代行してくれるのが家事代行サービス。

プロのテクニックで完璧に仕上げるのがハウスクリーニングです。

 

家事代行サービスとハウスクリーニング、お悩みや予算に合わせて依頼してみてはいかがでしょうか。

以下のページでは、家事代行サービスやハウスクリーニング業者の選び方などをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

↓ほかのおすすめの家事代行サービス業者はこちら
家事代行サービスの比較とおすすめ業者

↓おすすめ家事代行業者と口コミはこちら
【最新】人気の家事代行サービス業者23社の口コミ・詳細まとめ

↓料金相場についてはこちら
家事代行サービスの料金っていくらなの?平均価格相場をご紹介!

 

↓おすすめのハウスクリーニング業者や選び方のポイントはこちら
ハウスクリーニングで家中ピカピカ!おすすめ業者と選び方のポイント

まとめ

風呂掃除の頻度まとめ

お風呂を掃除する頻度は、ちょこっと掃除を毎日行い、週に1回きちんと掃除するのがおすすめです。

毎日少しの時間をとって軽い掃除を行っておくと、きちんと掃除がラクになります。

 

お風呂は身体をキレイにする場所なので、常に清潔にしておかなければキレイに洗っているつもりが菌を付けているということにもなりかねません。

お風呂は汚れが溜まったりカビなどの雑菌が発生しやすかったりと、意外と不衛生な場所なのです。

 

ぜひ、本記事を参考にしてお風呂掃除を習慣にし、浴室も身体もキレイにしましょう!

-掃除
-,

Copyright© 家事代行サービスの比較サイト「家事タウン」 , 2019 All Rights Reserved.