収納・整理整頓 掃除 洗濯 育児 買い物

家事のやる気が出ない…嘆く方必見!11個の解決法!

 

家事がめんどくさいだとか、やる気が出ないことでお悩みの方へ。

そんなことは誰にでもあるのですが、真面目なあなたはきっとやる気が出ないことに対して罪悪感を持っていることでしょう。

家事に対してやる気が出ないのは根本的な原因があるはず。

本記事では、家事がめんどくさく感じる理由ややる気が出ない原因から、やる気を出す方法をご紹介しています。

そもそも家事は1人でやるものではなく、家族が住んでいるなら家族全員でするもの。

1人で抱え込まず家事分担や外部サービスも上手に取り入れてみてくださいね!

やる気が出ないときは無理しなくても大丈夫!今は少しずつできる家事だけやってみましょう。

 

家事に対してやる気が出ない原因

家事 やる気が出ない原因

 

家の掃除や後片付け、洗濯、買い物など家事のやる気が出ない原因は、

  • 疲れる
  • 苦手
  • 楽しくない
  • 時間が取られる
  • 疲れすぎて病気の可能性

などが考えられます。

また根本的に家事が嫌いであったり苦手であったりするものです。

そんな楽しくない家事を毎日やっていては、誰でもやる気が出ない状態になってしまうのは当然です。

 

一人暮らしの場合

一人暮らしの方は、仕事に残業にプライベートにと家事をする時間もないほど忙しく、体力も精神力も消耗しています。

 

専業主婦の場合

専業主婦の場合は、家事や育児が仕事なのですが、外で仕事をしている人と比較してしまいがちになり、完璧にしなければ!と自分を追い込んでしまいやすくなります。

 

共働きの場合

共働きの場合は、外で仕事をしている分、出社前や帰宅後しか家事をする時間がなく、仕事でどんなに疲れていても時間が足りないので身体にムチを打って頑張らなければなりません。

 

家事のやる気が出ない状態が続くのは、普段頑張りすぎて心が参ってしまっているかもしれません。

上手にストレス解消しながら家事ができれば、家事に対する意識も変わるはずですが、なかなか難しいと考えている人が多いのが現状です。

 

何もしていなくても家事をしている!?

脳内で家事を行っている

 

家事をめんどくさいと感じて何もしないでいるうちに、実は脳内では家事のシュミレーションしていることがほとんどなのです。

よく家事がめんどくさくてテレビなどをボーっと見ている自分を思い出してみてください。

時間だけが過ぎていき、このままではまずいなぁと思いつつ、頭の中であれもしなきゃこれもしなきゃ!と考えていませんか?

家事を済ませないとどんどん時間だけが過ぎていき、焦りがではじめ、さらに家事のことで頭がいっぱいになってしまうのです。

これでは1日中家事をしているのと同じ状態になってしまいます。

めんどくさい家事ではありますが、思い切ってやるべき家事はサッと済ませてしまった方が実は良い場合もあるのです。

ある研究では、行動してからやる気ホルモンが出るという結果が出たそう。

行動を起こしていないからやる気が出ないのは、人間のシステムから見ると当然のことだったんですね!

 

家事に対するやる気を出す方法

筆者もそうですが、本当に家事に対してやる気が出ないときは出ないんですよね!

ですが、家族の食事や学校の用意など、どうしてもやらないといけない家事があるのも事実。

そんなときに私が実際に試してやる気が出た方法を8つご紹介します。

 

リスト化しそれぞれの時間を書き出す

家事をリストアップ

 

まずは、家事を細かくリスト化してみましょう。

ゴミ捨てやタオル交換など、見えない家事といわれている家事もしっかりリストに入れてくださいね。

リスト化したら、その家事にかかる時間を書いていきます。

例えば、皿洗いなら多くても10分ほどで、掃除機であれば15分、というようにすべての家事にかかる時間を書いていきましょう。

便利な家事アプリもあり、リスト化してその日に行う家事をアラームでお知らせしてくれたり、週に1回やる家事、月に1回やる家事を記入できるなど大変便利です。

家族と共有できるので、家事を分担することもできますよ。

筆者はゴミ出しアラームが大変役に立っています。

くわしくは『家事アプリおすすめ15選』をぜひご参考くださいね。

リスト化したら、優先順位を考えてかかる時間を見て、できそうな家事からこなしてみましょう。

 

生死にかかわらない家事は後回し

やる必要のない家事は後回し

 

やる気が出ないときにすべての家事を完璧にこなすことは無理な話です。

生死にかかわらない家事は一切やめてしまいましょう!

掃除だって洗濯だって数日しなくても死にはしません。

食事はしなければなりませんが、無理なときは外食したり惣菜を利用したりしましょう。

しっかり身体と心を休ませてください。

 

完璧を目指さず6割を目指そう

6割でやる

 

家事が疲れるのは、完璧主義だからではありませんか?

筆者もそうでしたが、完璧にしたところで家族はどれだけキレイにしているか全く理解していませんでした。

疲れてしまって6割くらいの結果になってしまったときも、家族は全く違いが分かっていないのです。

別に6割で家事を行ったって、家族は困りもしないんですね!

毎日全力で仕事を行って家事に対しても全力で行っていては、自分が壊れてしまいます。

6割を目指すようになってからは、随分と家事が楽になり気持ちに余裕が出てきました。

現代人は忙しいので、少しゆとりを持つ工夫をしなければいつかパンクしてしまいます。

6割で家事を行い、残った4割で自分を労わる時間に費やしましょう。

 

家事が楽しくなるアイテムを揃える

好きなアイテムで揃える

 

便利なお掃除アイテムだとか、オシャレな調理器具だと、家事が楽しく感じませんか?

ほかにもおすすめは、

  • 柔軟剤の香りにこだわってみる
  • 掃除機をかけるときにダイエットスリッパを履いてみる
  • 雑巾がけはフローリングモップで楽に
  • お皿にこだわってみる
  • SNSで発信してみる

など。

自分の気持ちが少しでも上がるグッズを揃えて、イヤな家事タイムを楽しい時間に変えてみましょう。

抵抗がなければSNSなどで発信してみるのもおすすめ。

料理や掃除のビフォーアフターを投稿しているユーザーも多く、投稿することで普段褒められることのない家事に対していいね!と評価されるとやる気に繋がるかもしれません。

 

家事をしやすい動線づくりを

家事がしやすいよう動きやすい工夫を

 

家事をするのがめんどくさいのは、動線に問題がある場合もあります。

雑巾がけをしたいのに、雑巾はこの部屋、モップは脱衣所など離れていては取りに行く手間も加わり、余計にやる気が出ない原因となってしまいます。

掃除道具はセットで置いておく、家計簿なら計算機とペンもセットに保管、洗濯物はタンスがある部屋で畳む、など、少しでもムダな動きがないよう工夫するのがおすすめです。

 

タイマーで時間制限を設けゲーム感覚で行う

タイマーで楽しく家事

 

めんどうだと感じる家事も、実際に重い腰を上げて行うと、そんなに時間がかかってなかったりするもの。

こんなに早く終わるならサッサと終わらせておけば良かったと後悔しますよね。

さらに早く家事を終わらせるためにおすすめなのが、タイマーをセットして時間内に家事を終わらせるという地味なゲーム。

時間内にできたときは自分にご褒美を上げて楽しく家事ができ、しかも効率よく家事を終わらせることができるのです。

ポモドーロ・テクニック』という方法もおすすめです。

仕事をより効率化させるためのテクニックとして紹介されているのですが、25分集中して5分休憩するというもの。

ポモドーロ・テクニックを応用すれば、効率的に家事をすすめることができますよ。

 

メリットとデメリットを考えてみよう

整理収納アドバイザーの仕事がない?

 

どうしてもやる気が起きないとき、家事に対するメリットとデメリットを考えてみましょう。

例えば、

  • 今、野菜のカットを10分頑張って済ませて置けば明日もラクになる。
  • 結構溜まってしまったから今日20分程度で終わる洗濯物を畳まないと明日キツイだろうな。
  • 今日慌てて洗濯しなくても誰も困らない。

など。

今、家事をサボることで後々自分がキツイ思いをするならやっておきべき家事だといえます。

冒頭でもお伝えしたように、家事をやらないで時間がどんどん過ぎることで「早くやらないと!」と焦ってしまい、家事をやっていないときでも脳内で家事を行っている状態になってしまいます。

時間と一緒にメリットとデメリットを考えることで、優先順位が決まり、今やるべき最低限の家事だけを行うことができるのです。

 

家事しながら自分の趣味も同時にやってみよう

家事を楽に考える

 

家事が苦痛に感じる場合、楽しくできるよう趣味と同時進行してみましょう。

例えば、

  • 好きな音楽を聴きながら掃除してみる
  • 好きなアロマを焚いて癒されながら家事をしてみる
  • 本の読み上げサービスを利用しながら家事を行う

などです。

あえてロックテイストの音楽をかけて、気分を上げて掃除したり料理を作ったりすると楽しくなりますよ。

筆者も利用しているAmazonでは、購入した本を朗読してくれる月額1.500円のサービス『Audible(オーディブル)』があり、家事などほかのことをやりながら同時に本を読めるのでかなりおすすめですよ。

 

それでも家事のやる気が出ない場合

それでもどうしても家事に対してやる気が出ない場合、どんな対策を取ると良いか考えていきましょう。

 

何もしなくても良い

休むことも大事

 

どんなにやる気を出す努力をしてもダメなときってありますよね。

そんなときは、身体と心が悲鳴を上げているかもしれません。

女性の場合は、生理前のPMSだったり更年期だったりと、ホルモンバランスの変化による場合もありますし、ストレスによるうつの症状が出ているかもしれません。

女性の場合は婦人科へ、やる気が出ない状態が3か月以上続いているなど心に問題がありそうな場合は、心療内科などを受診し適切な治療を受けることが大切です。

 

家族で家事を分担しよう

掃除は家族全員で

 

家族と一緒に住んでいる場合、家事は1人で行うものではありません。

みんな同じ家に住んでいる以上、家族全員が家を守る義務があるのです。

1人で背負い込まず、家族でできることを分担し少しでも家事負担を軽減しましょう。

家事を細かくリスト化したら家族で共有し、できる家事をそれぞれが担当します。

家事が済んだらシールを貼ったり横線で消したりすると、達成感が生まれ家族みんなで楽しく家事を分担することができますよ。

家事をリスト化するというお話をしたところでもご紹介しましたが、便利な家事アプリがたくさん登場しているので、家族で共有したりタスク化できたりするアプリをぜひダウンロードして活用してみてくださいね!

 

外注しちゃう!

家事代行

 

家事を代わりに行ってくれるサービスといえば、家事代行サービスがおすすめです。

家事代行サービスは、利用者の家にあるものを使って代わりに家事を行うサービス。

掃除・料理・洗濯・買い物などサービス内容は多岐に渡ります。

家事代行サービスおすすめ12社を徹底比較!』では、家事代行サービスに関する料金についてやおすすめの業者などの記事をまとめているので、ぜひご参考くださいね。

家事代行サービス以外にも、ハウスクリーニングサービスがあり、プロの掃除技術を求める方・掃除が苦手な方におすすめです。

どうしてもやる気が出ないときは、こうした外部サービスを利用して乗り切りましょう!

 

まとめ

家事代行 料金の目安

 

郵便物の整理や傘を干すなど、見えない家事を入れると100~200ほどあるといわれています。

そんな家事がめんどうだったりやる気が出ないときは当然誰にでもあります。

家事ができないことを責めずに、まずはやる気が出る方法を試してみてくださいね。

それでも無理なときは身体からのサインかもしれません。

無理せずしっかり休んで、また元気になってから家事を頑張りましょう。

家族と家事分担したり、家事代行など外部サービスも上手に利用して、6割できれば良し!の精神でゆるくやっていきましょうね!

 

-収納・整理整頓, 掃除, 洗濯, 育児, 買い物
-,

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.