掃除

【必見】墓石掃除の道具とやり方、注意点など徹底解説!

 

お墓参りで墓石を掃除しようと思ったけれど、必要な道具や掃除の方法、マナーがあるかどうか分からないという方がほとんどだと思います。

これまで両親や祖父母に任せていた墓石の掃除ですが、自分に代が回ってきていざ掃除しようとなると、どうやってたかなと困りますよね。

 

そこで今回は、必要な道具から掃除方法、掃除の際のマナーについて詳しくご紹介。

もし、遠方で掃除しに行くことができない、掃除しても汚れが落ちないからキレイにしてもらいたい、という場合は墓石掃除を代行してくれる業者にお願いしましょう。

 

墓石の掃除にまつわる疑問は本記事で解決しますよ!

ぜひ、本記事を参考にして、大事なご先祖様がいらっしゃるお墓をキレイにしましょう。

 

お墓が汚れる原因

墓石が汚れる原因

 

墓石の汚れは、砂埃・水垢・花粉・鳥のフン・カビ・コケなどがあり、放置するとシミになって落ちにくくなってしまうものがあります。

また、雨や湿気などの水分により大気中の汚染物質が付着し、固まって墓石に密着して染み込んでしまうのです。

 

水が溜まりやすい部分は、汚れも溜まりやすくなってしまうので、墓石のつなぎ目などはこまめに掃除して汚れの蓄積を防ぐことが大切です。

 

また、どんな墓石も経年劣化によって本来の色味が変化したりツヤがなくなったりと、風合いが変化してしまいます。

しかし、経年劣化による変化は汚れではないので、掃除しても落ちません。

キレイにしたい場合、墓石の種類にもよりますが、プロに依頼して墓石の表面を磨いてもらうことで新品のような輝きを取り戻せる場合もあります。

 

墓石掃除に必要な道具

墓石の掃除に必要な道具

 

墓石掃除に必要な道具を揃えましょう。

必要な道具と用途を説明します。

  • 雑巾などの布
  • スポンジやたわし、軍手など
  • 墓石用洗剤など
  • 剪定ばさみ
  • 玉砂利を洗うためのザル
  • カマやスコップ
  • ゴミ袋やバケツ
  • 季節別に必要なもの(虫よけスプレーなど)

 

雑巾などの布

墓石の水気を拭き取ったりデリケートな部分をこすったりするときに使います。

水拭き用と乾拭き用を、墓石の大きさなどを考えて数枚持っていくようにしましょう。

 

スポンジやたわし、軍手など

墓石をこすって掃除するときにスポンジやたわしが必要になります。

墓石は石でできているから丈夫だと、金たわしを使用したいところですが、傷がついて汚れが付着しやすくなる原因になるので避けましょう。

 

彫刻部分など細かいところの掃除に歯ブラシが便利ですが、使い古しでご先祖様が眠るお墓を掃除するというのは避けたいので新品を用意したいところ。

手をケガしないよう軍手もあればベストです。

 

墓石用洗剤など

水洗いでどうしても汚れが落ちないことがあるので、そういった場合には洗剤が有効な場合があります。

しかし、墓石にはさまざまな種類があり、石によって洗剤を使い分けなければならないので、見分けるのは素人には至難の業。

ホームセンターや通販などで墓石専用の洗剤が販売されているので、事前に用意しておきましょう。

 

剪定ばさみ

剪定ばさみ

 

お墓に木を植えている場合、枝が邪魔でお参りしづらくなったり、枝がよそのお墓にかかって迷惑になっていることがあります。

邪魔になっている枝はきちんと剪定して整え、迷惑にならないようにしておきましょう。

 

玉砂利を洗うためのザル

墓石の周りに玉砂利などを敷いている場合は、洗ってキレイに掃除しましょう。

ザルを用意しておけば水をかけながらこすり洗いができ、こびりついたコケなどの汚れもザルが受け止めるので排水口も詰まりません。

 

カマやスコップ

玉砂利を敷いていても、雑草が生えてきて見栄えが悪くなっていることがあります。

雑草を取り除いたりするときにカマやスコップがあれば便利ですよ。

玉砂利を洗うときにもスコップがあれば役に立ちます。

 

ゴミ袋やバケツ

墓石掃除で出たゴミは必ず持って帰るようにしましょう。

時期によっては枯れ葉などたくさんゴミが出ることがあるので、ゴミ袋は多めに持っていくことをおすすめします。

バケツはお寺に用意してあることがありますが、念のため持っていきましょう。

 

便利なお墓掃除セットも

便利な墓石掃除セットというのもまとめて販売されています。

たわしやブラシ、花筒を洗うブラシやマイクロファイバーダスターなどがセットになっているので持ち運びが便利です。

 

100均アイテムも使える

100均アイテムお墓石掃除に使えるものがあります。

スコップ、タオル、歯ブラシなどのほかに、メラミンスポンジや重曹、花筒を洗うためのパイプブラシが手に入ります。

水垢は通常の掃除方法では落ちにくいので、100均アイテムも駆使しながら墓石をキレイに掃除していきましょう。

 

季節によって必要なもの

ほかにも、夏であれば虫よけスプレーや紫外線対策として日焼け止め、熱中症予防に飲み物を用意しておくことをおすすめします。

冬の場合、水が冷たいのでゴム手袋があると良いですよ。

 

墓石掃除の正しいやり方

墓石の掃除は正しい順番があります。

マナーを守ってひとつひとつ丁寧に掃除していきましょう。

 

下から上に向かって掃除する

下から上に向かって掃除

 

通常、家を掃除するときは、ほこりが上から下に落ちるため「上から下に向かって掃除」が基本ですが、お墓を掃除するときは逆なのです。

理由は、下界を掃除してから上を清めるという考え方があるから。

「下から上に向かって掃除し、最後にもう一度下を掃除する」というのが正しい墓石の掃除方法なのです。

詳しい手順を見ていきましょう。

 

墓石掃除の手順

墓石掃除の手順

 

1.お墓が建っている区画を掃除

ほうきで落ち葉などをはいたり、草むしりを行いましょう。

玉砂利を敷いている場合は洗っても良いのですが、忙しくて時間がないという方は買い替えた方が手間がかかりません。

 

2.植栽のお手入れをする

お墓に木を植えている場合、枝が邪魔にならないよう剪定ばさみを使って枝を整えておきましょう。

背の高い木の場合は、高枝切りばさみを持って行っておくと簡単に剪定ができますよ。

 

3.線香皿などの小物を掃除する

香炉・水鉢・花立など小物の掃除をしましょう。香炉の灰を均したり新しいものと取り換えて線香が立てやすいようにします。

花立なども雨水や枯れ葉が入って汚れているので、キレイにしておきましょう。パイプブラシなど柄付きブラシがあれば便利です。

 

4.墓石を掃除する

墓石の大まかな汚れを掃除していきましょう。泥や砂埃を水洗いします。

水垢汚れの場合、重曹を使って水垢をこする方法もありますがこすり過ぎで傷つく恐れがあるのであまりおすすめできません。

メラミンスポンジも水垢を落とすのに効果的ですが、砂埃が間にあると墓石が傷つく原因となるので、汚れをしっかりとりのぞいてから使用するのがおすすめです。

サビがついている場合は、専用の洗剤が必要になります。墓石の種類に合った洗剤が必要になるため石の見分けには注意が必要です。

コケの掃除はこすり洗いで落とすことができます。墓石に付着したコケ専用の洗剤もありますよ。水気が残っているとそこにまたコケやカビが生えてしまうので、掃除後は水気をキレイに拭き取りましょう。

 

5.水を拭き取る

水気が残っているとコケやカビが発生する原因になるほか、大気中のほこりなどが付着しやすくなるので、墓石を掃除したら全体をよく乾拭きしましょう。

マイクロファイバータオルなど吸水に優れたものがおすすめです。

 

墓石を掃除するときの注意点

墓石を掃除する際にいくつか注意しなければならないポイントがあります。

掃除方法やマナーについての注意点をご覧ください。

 

強くこすらないこと

強くこすらない

 

雑巾などやスポンジで落ちない汚れは、たわしでこすると落ちやすくなります。

しかし、力を入れすぎには注意が必要です。

墓石はコーティング加工されているものが多いので、強くこすったり金たわしを使うとコーティングが剥がれたり墓石に傷がつく可能性があります。

特に金たわしの場合、金属が傷に入り込むとサビの原因になり、さらに汚れが落ちにくくなるので使わないようにしましょう。

 

洗剤に注意

洗剤に注意

 

水洗いで落とせない汚れは洗剤を使うのが効果的ですが、墓石の種類が分からない場合、家庭用の洗剤を使用するのはおすすめできません。

カビが生えているからとハイターなど塩素系の洗剤を使うのは、墓石が傷む原因になるので絶対にやめましょう。

墓石の種類が分からない場合は、専用の洗剤を使って掃除すると安心です。

 

お墓掃除にもマナーがある

墓石掃除にもマナーがある

 

お墓掃除にはマナーがあります。

お墓掃除はまず、ご先祖様に合掌して今から掃除しますと報告することからはじめます。

合掌のやり方は宗派によって異なるので、事前に確認しておいてください。

お墓よりも低い姿勢になってしゃがみ、軽く合掌しましょう。

 

掃除中は、できることなら墓石に登らないで掃除できれば良いのですが、どうしても高くて届かないという場合は登って掃除しても問題ないとされています。

周囲の迷惑にならないよう、静かに掃除しましょう。

 

掃除で出たゴミは必ず持ち帰りますが、ゴミ捨て場があればきちんと分別して捨てましょう。

 

お供え物も汚れの原因となる

お供え物も汚れの原因に

 

お墓のお供え物は、故人が好きだったものをお供えする場合が多いのですが、なかにはお供え物が原因で墓石が汚れてしまうことがあるのです。

 

食品の場合

線香や花はそのままでもOKですが、食品の場合、お供えしてお参りしたら持ち帰るのが基本です。

肉や魚などはタブーとされているので注意しましょう。

食品はカラスなどの野鳥に荒らされて墓石が汚れたり、ほかのお墓にも迷惑がかかるので必ず持ち帰りましょう。

持ち帰ったお供え物を食べることで、先祖の供養になるといわれています。

 

お酒の場合

また、お酒を墓石にかけて供養する方もいらっしゃいますが、シミの原因になるためおちょこなどに入れて供えるようにします。

缶ビールなどを放置することは墓石のサビの原因になるため、供えたら持ち帰るようにしましょう。

 

タバコの場合

タバコをお供えする場合も、ニコチンやタールによってシミになることがあります。

パッケージを開けていなくても長時間外に放置することで破れ、雨でタバコの成分が染み出してしまうことがあるので、お供えしたら持ち帰るようにしましょう。

 

墓石掃除のタイミング

墓石掃除のタイミング

お墓掃除はいつしなければならないという決まりはありません。

お彼岸や盆正月、人生の節目など先祖にお参りするのと同時に掃除する方が多いようです。

掃除する時間帯についても決まりはありませんが、午前中に行うのが良いとされています。

理由は、ご先祖様を優先しているという気持ちの表れであるとされているため、夕方以降は避けた方がベターです。

 

墓石掃除は外注しよう!

こんな人におすすめ

 

  • 遠方のため、なかなか掃除しに行けない
  • 高齢であるためお手入れができない
  • ケガをしたため掃除しに行けない
  • 天災でお墓が心配
  • プロのテクニックでお墓をキレイにしてもらいたい

このような方に墓石掃除の代行はおすすめです。

お墓の場所が遠いと、掃除しに行くのもひと苦労。

そんなときに墓石掃除の代行業者に依頼すれば、プロのテクニックで自分で掃除するよりもキレイになりますよ。

以下のページで、お墓掃除代行に関する料金相場についてや、サービス内容、依頼する際の注意点をご紹介しているので、ぜひご参考ください!

お墓掃除代行の料金相場やメリット、選び方のポイントや注意点まとめ

 

まとめ

墓石の掃除

 

以上、墓石の掃除方法についてでした。

墓石の掃除は、順番が決まっていたり、マナーがあったりと意外にむずかしいものでしたね。

知らずに掃除して周りの参拝者に迷惑をかけることがないよう、しっかり頭に入れて掃除しに行きたいものです。

 

墓石の掃除は大変なので、プロに任せるというのもひとつの方法です。

掃除前と掃除後の写真を撮ってくれるので、安心して任せられますよ。

ご先祖様や自分も眠ることになるお墓なので、こまめに掃除して長持ちさせましょう!

 

-掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.