掃除

風呂椅子の掃除方法5選。白や茶色の石鹸カスや垢の落とし方を解説!

お風呂の椅子には白、茶、グレー、黒、赤ピンクなど色々な汚れが付きやすく、「どの汚れに何を使って掃除すれば良いか」に悩んでしまうことが多いアイテムです。

でも、お風呂の椅子の汚れは「5つの汚れの色に合った洗剤と方法」で、簡単に掃除出来るんです。

そこで、お風呂の椅子の掃除方法が分からない人のために、汚れの色を下記の5つに分け、効果的な洗剤や掃除方法を解説していきます。

  1. 白い汚れ(水垢汚れ)
  2. グレーや黒ずみのベタベタ汚れ(皮脂汚れ)
  3. 茶色い膜のような汚れ(酸化汚れ)
  4. 赤ピンクの汚れ(酵母汚れ)
  5. 黒カビ(カビ菌汚れ)

お風呂の椅子の汚れは間違った洗剤や方法だといくらゴシゴシしても落ちませんので、汚れに合った掃除方法を知ることが大切です。

ぜひ汚れに合った洗剤や方法を試してみて下さいね!

お風呂の椅子の白や茶色、黒い汚れの掃除や落とし方は?

水垢

お風呂の椅子に付く様々な汚れは色によって「水垢」や「皮脂汚れ」などに5つに分けられ、落とし方もそれによって変わってきます。

そこで、色ごとの汚れの落とし方や原因、掃除の際の注意点を解説します。

お風呂の椅子の白い汚れの落とし方

お風呂の椅子に付く白い汚れは、「クエン酸」などの酸性の洗剤を使うと効果的に掃除が出来ます。

なぜなら、お風呂の椅子の白い汚れの原因はアルカリ性の「水垢(石鹸カス)」だからです。そのため、アルカリ性の汚れに効果の高い酸性の洗剤を使うと汚れがよく落ちるのです。

お風呂の椅子の白い汚れを掃除する方法や注意点

クエン酸

【お風呂の椅子の白い汚れの掃除方法】
効果的な洗剤 クエン酸や酢酸の洗剤
・クエン酸
・お風呂ティンクルなど
掃除方法 1.クエン酸スプレーをつくる(水200mlに対し、粉末のクエン酸を小さじ1杯溶かしたもの)
2.汚れが気になるところにスプレーする
3.スポンジで軽くこする
注意点 酸性の中でも塩酸の洗剤(サンポールなど)はお風呂では使わないこと。
ステンレスや大理石への変色、カビ取り剤など塩素洗剤と使うと有毒ガス発生の恐れがあります。
白い汚れの原因 アルカリ性の水垢(石鹸カス)。
石鹸に含まれるナトリウムと、水道水に含まれるカルシウムが反応して出来る汚れです。金属石鹸やカルシウム汚れとも言います。

メモ

こびりついた白い汚れには、クエン酸パックもおすすめ

白い汚れが固まってしまい鏡にウロコ状になってしまったり、シャンプーの容器などにこびりつく場合は、クエン酸をパックし、放置する方法が効果的です。

方法は下記の通りです。

  1. クエン酸スプレーをキッチンペーパーにスプレーする
  2. 湿ったキッチンペーパーを鏡やシャンプーの容器に張り付ける
  3. 30分程度放置してから洗い流す。
    汚れが落ちにくい時はバススポンジで軽くこする。

です。乾燥しないようにラップでふたをするとさらに効果が期待できます。ぜひ試してみて下さいね。

お風呂の椅子の白い汚れの掃除におすすめの洗剤

お風呂の椅子の白い汚れには、酸性の洗剤の中でも「クエン酸」と「酢酸」のものがおすすめです。

※酸性でも塩酸の洗剤(サンポールなど)はお風呂では使わないでください。ステンレスや大理石への変色、カビ取り剤など塩素洗剤と使うと有毒ガス発生の恐れがあります。

クエン酸のおすすめ洗剤
¥350 (2020/01/17 14:12:44時点 楽天市場調べ-詳細)
酢酸のおすすめ洗剤

試してみて下さい。

お風呂の椅子のグレーや黒ずみ汚れの落とし方

お風呂の椅子に付くベタベタするグレーや黒ずみ汚れは、「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」、そして「オキシクリーン」などアルカリ性の洗剤を使うと効果的に掃除出来ます。

なぜなら、お風呂の椅子に付くグレーや黒ずみ汚れの原因は酸性の「皮脂汚れ(酸性石鹸)」だからです。

そのため、酸性の汚れに効果の高い重曹やオキシクリーンなど、アルカリ性の洗剤を使うと汚れが落ちやすいのです。

お風呂の椅子のグレーや黒ずみ汚れを掃除する方法や注意点

重曹ペースト

【お風呂の椅子のグレーや黒ずみ汚れの掃除方法】
効果的な洗剤 アルカリ性の洗剤
・重曹
セスキ炭酸ソーダ
・オキシクリーンなど
掃除方法 1.ペーストを作る
(粉とお湯を同量で練ったもの。重曹のみ、セスキのみ、オキシのみ、重曹+オキシ、どれでもOK)
2.汚れが気になるところに塗り込みながら、スポンジでこする
注意点 ゴム手袋を使うこと。コーティングが剥がれる恐れがあるので、コーティングされているものには使用しないこと。
グレーや黒ずみ汚れの原因 酸性の皮脂汚れ。
皮脂の量に対して石鹸の量や泡立ちが少ないときに出来る汚れで、ベタベタしているのが特徴

メモ

グレーや黒ずみ汚れには、オキシクリーンを使ったつけ置きもおすすめ

グレーや黒ずみ汚れには、オキシクリーンを使ったつけ置きもおすすめです。

方法は下記の通りです。

  1. お風呂から出たあと、お風呂を追い炊きする(40~50度)
  2. オキシクリーンを入れる。
    お湯100Lに対し500g程度が目安だが、汚れ具合によって調整する
  3. お風呂の椅子やおもちゃなどを投入する
  4. 6時間以上(出来れば一晩)放置してから洗い流す。
    汚れが落ちないときは軽くこする

追い炊きはしなくても構いませんが、オキシクリーンは40~50度のお湯に溶かすと効果が高まりますので、汚れ落ちが良くなります。

※重曹やセスキでもつけ置きは可能です。

しかし、洗浄力は強い順から下記の通りとなります。

①オキシクリーン②セスキ炭酸ソーダ③重曹

そのため、セスキ炭酸ソーダや重曹でのつけ置きでは、汚れ落ちをあまり実感できないかもしれません。

お風呂の椅子のグレーや黒ずみ汚れの掃除におすすめの洗剤

お風呂の椅子に付くベタベタするグレーや黒ずみ汚れは、「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」「オキシクリーン」などアルカリ性の洗剤がおすすめです。

¥606 (2020/01/17 14:12:44時点 楽天市場調べ-詳細)
¥445 (2020/01/17 14:12:44時点 楽天市場調べ-詳細)

また、ペースト状にするのが面倒な場合は、スクラビングバブルの洗剤もアルカリ性で簡単に汚れが良く落ちると口コミ評価が高いです。

お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れの落とし方

お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れには、「クエン酸」や「お風呂ティンクル」などの酸性の洗剤を使うと掃除が簡単です。

なぜなら、お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れの原因は「酸化した水垢」だからです。

そのため「クエン酸」や「お風呂ティンクル」などの酸性の洗剤を使うと酸化が進み汚れが浮き出てくるため、効果的に汚れを落とすことが出来ます。

お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れを掃除する方法や注意点

スプレー

【お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れの掃除方法】
効果的な洗剤 クエン酸や酢酸の洗剤
・クエン酸
・お風呂ティンクルなど
掃除方法 1.クエン酸スプレーをつくる(水200mlに対し、粉末のクエン酸を小さじ1杯溶かしたもの)
2.汚れが気になるところにスプレーする
3.スポンジで軽くこする
※こびりついた汚れには、キッチンペーパーをクエン酸で湿らせたものでパックする方法もおすすめ
注意点 酸性の中でも、塩酸の洗剤(サンポールなど)はお風呂では使わないこと。
ステンレスや大理石への変色、カビ取り剤など塩素洗剤と使うと有毒ガス発生の恐れがあります。
茶色い膜のような汚れの原因 アルカリ性の水垢(石鹸カス)に水道の鉄分が付着し、それが酸素と反応して酸化した汚れ。

メモ

茶色い膜がなかなか落ちないときは、クエン酸パックがおすすめ

茶色い膜がこびりついてしまいなかなか落ちない場合は、クエン酸をパックし、放置する方法が効果的です。

方法は下記の通りです。

  1. クエン酸スプレーをキッチンペーパーにスプレーする
  2. 湿ったキッチンペーパーを鏡やシャンプーの容器に張り付ける
  3. 30分程度放置してから洗い流す。
    汚れが落ちにくい時はバススポンジで軽くこする。

です。乾燥しないようにラップでふたをするとさらに効果が期待できます。ぜひ試してみて下さいね。

 

お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れの掃除におすすめの洗剤

お風呂の椅子の茶色い膜のような汚れには、酸性の洗剤の中でも「クエン酸」と「酢酸」のものがおすすめです。

※酸性でも塩酸の洗剤(サンポールなど)はお風呂では使わないでください。ステンレスや大理石への変色、カビ取り剤など塩素洗剤と使うと有毒ガス発生の恐れがあります。

クエン酸のおすすめ洗剤
¥350 (2020/01/17 14:12:44時点 楽天市場調べ-詳細)
酢酸のおすすめ洗剤

お風呂の椅子の赤ピンクの汚れの落とし方

お風呂の椅子に付く赤ピンクの汚れには、こすって落とすこととエタノール除菌が効果的です。

なぜなら、赤ピンクの汚れの原因は酵母の「ロドトルラ」と言い、スポンジでこすると落ちまるのですが、それだけでは菌が死滅しないからです。

菌を死滅させ、再発生を抑えるには、こすって落とした後にエタノールでの消毒が有効なのです。

お風呂の椅子の赤ピンクの汚れを掃除する方法や注意点

お風呂掃除

【お風呂の椅子の赤ピンクの汚れの掃除方法】
効果的な洗剤 ・お風呂の洗剤
・除菌スプレー(エタノールのもの)
掃除方法 1.お風呂の洗剤などをつけたスポンジでこする
2.泡を洗い流し、水分を拭き取る
3.除菌スプレーをスプレーする
注意点 ロドトルラは再発生しやすく黒カビの原因となるので、菌を死滅させるにはエタノールで除菌すること
茶色い膜のような汚れの原因 酵母のロドドルラ

お風呂の椅子の赤ピンクの汚れの掃除におすすめの洗剤

お風呂の椅子の赤ピンクの汚れには、「お風呂用洗剤」と「除菌スプレー(エタノール)」がおすすめです。

お風呂用洗剤のおすすめ
除菌スプレーのおすすめ

お風呂の椅子の黒カビ汚れの落とし方

お風呂の椅子に付く黒カビには、塩素系のカビ取り剤で除去することがおすすめです。

なぜなら、一度黒カビが生えてしまうと、塩素系の洗剤でないと菌を死滅させ落とすことが出来ないからです。

お風呂の椅子の黒カビ汚れを掃除する方法や注意点

カビハイター

【お風呂の椅子の黒カビ汚れの掃除方法】
効果的な洗剤 塩素系のカビ取り剤
・カビハイターなど
掃除方法 1.カビ部分の水分を拭き取る
2.カビ取り剤をスプレーする
3.30分以上放置する
4.洗い流す
注意点 窓を開けたり換気扇を回すなど、必ず換気すること。
取り扱う際には手袋やマスクなどでカビ取り剤を吸い込んだり直接触れたりしないように注意すること。
黒カビ汚れの原因 クラドスポリウムという菌。
汚れやロドトルラを放置すると発生し、増殖する

お風呂の椅子の黒カビ汚れの掃除におすすめの洗剤

お風呂の椅子の黒カビ汚れには、「塩素系のカビ取り剤」がおすすめです。

お風呂の椅子の汚れを予防する方法

風呂椅子2

お風呂の椅子の汚れは、あらかじめ予防をしておくと汚れが付きにくく、また汚れが付いた場合も軽度ですみ、落ちやすくなります。

そのためには下記の2点が大切です。

  • お風呂を出る際に50度程度のお湯を5秒かける
  • フックで吊るすなど、お風呂の椅子を汚れにくい環境におく

それぞれ解説しますね。

毎日、お風呂を出る際に50度程度のお湯をかける

お風呂の椅子の汚れを予防するには、お風呂から出る前に50度程度のお湯をかけると効果的です。

なぜなら、下記の2点の理由があるからです。

  • 落とし切れなかった石鹸泡などをしっかり落とすことができる
  • カビ菌が死滅する
    (お風呂のカビの主な原因となるコウジカビの場合、50度程度のお湯でほぼ死滅します。参考:文部科学省カビ対策マニュアル

その場合、さっとかけるだけではカビ菌が死滅しないので、少し時間をかけて(5秒以上)シャワーをかけると良いでしょう。やけどには気を付けて下さいね。

お風呂の椅子を汚れにくい環境におく

お風呂の椅子の汚れ防止には、お風呂から出る際にフックにかけて吊るすなど、水を切ることができ風通しの良い環境に置くことも重要です。タオルや雑巾などで水分を拭く方法も効果的です。

なぜなら、床においたままだと接している部分が濡れたままでいつまでも乾かず、そこから汚れやカビが発生してしまう恐れがあるからです。

そのため、フックにかけて吊るしたり水分を拭くことが重要となるのです。

フックにかけるのが難しい場合は、なるべく床と接する部分が少なくなるように傾かせて置くなどの方法もおすすめです。

まとめ

この記事では、気付くと汚れてしまっている「お風呂の椅子」の掃除方法についてまとめました。

お風呂の椅子は白い水垢やグレーや黒ずみ汚れ、茶色い膜のような汚れなど様々な汚れが付いてしまいます。

それぞれの汚れには効果的な洗剤や掃除方法があります。

白い水垢にはクエン酸などの酸性の洗剤、グレーや黒ずみ汚れにはアルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダなど、家にあるもので効果的に汚れを落とせる場合が多いですので、ぜひ試してみて下さい。

ただし注意点として、汚れの原因に効果的な洗剤以外では、いくら力を入れてこすったりしてもなかなか汚れは落ちません。

そのため、汚れに合った掃除方法が重要なのです。

また、お風呂の椅子は毎日の汚れ防止も大切です。おすすめの方法は2つあります。

  • 50度程度のシャワーをかける
  • お風呂の椅子をフック等を使ってつるす

です。

特に難しいことはありませんので、毎日出来ることを意識し、心がけてみましょう。

汚れ防止になり、また、汚れが付いたとしてもひどくならず、簡単に落ちやすくなりますよ。

-掃除

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.