掃除

掃除に有能な重曹の使い方。重曹の種類から場所別の活用方法を徹底解説!

 

掃除にも重曹が使えるということは知っているけれど、どう使ったら良いか分からない、今さら人に聞けない……という方へ、重曹の使い方をご紹介します。

重曹は、料理のあく抜きやベーキングパウダー代わりに使えるほか、家中あらゆる場所の掃除にも使える便利なアイテムなのです。

お風呂・トイレ・洗面所・キッチン・リビングの照明やスイッチ、床など、重曹があればすべてピカピカにすることができますよ。

今回は、重曹とはどんな効果があるのか特徴についてや、掃除場所別の使い方、重曹をパワーアップさせる使い方など、実際の掃除の様子を画像付きで解説するなど盛りだくさんでお届け!

100均やドラッグストア、スーパーでも手軽に入手することができる重曹を使って、家中を簡単&キレイに掃除してみませんか?

 

掃除に使える重曹とはいったいなに?

そもそも重曹とはどんなものなのでしょうか。

重曹の種類や相場、重曹がなぜ掃除に使えるのか特徴や効果について説明します。

 

重曹の種類

重曹の種類

 

重曹には種類があり、「工業用」「食用」「医療用」と重曹の純度別に3つに分けられます。

医療用は純度100%、食用は98~99%、工業用は95~98%で、不純物が混ざるほど純度が下がるといわれています。

工業用の重曹は医療用としてや食用目的として作られていないため、重曹は料理にも掃除にも使えると思っている方は注意してください。

医療用や食用の重曹を掃除に使うことは問題ないので、料理や掃除に重曹を使いたいという方は、純度の高い重曹を選ぶようにしましょう。

ちなみに3種類の重曹の相場というと、各1kgあたり、

  • 医療用……800~1,600円程度
  • 食用……400~800円程度
  • 工業用……500円以下

と、徹底した品質管理が必要な医療用の重曹は高額となっています。

掃除に使える工業用の重曹は100均でも販売されているので、リーズナブルな価格で入手することができますよ。

料理にも掃除にも使いたいという場合それぞれの重曹を用意するのではなく、食用の重曹を買うと経済的ですね。

 

重曹の性質・特徴

重曹の性質と特徴

 

重曹は、弱アルカリ性という性質を持ち、油を乳化したりたんぱく質を分解するという特徴があります。

粒子が細かくて水に溶けにくいという性質があるため、クレンザーとして研磨しながら掃除することも可能。

重曹は発泡性があり、加熱することで二酸化炭素を発生させ、汚れや焦げ付きなどを浮かせて落としやすくしてくれます。

 

重曹の効果

重曹の効果

 

重曹は弱アルカリ性なので、酸性である油汚れや皮脂汚れを乳化したり分解して落としてくれる効果があります。

また、ニオイを吸着する効果もあるため、振りかけたり置いておくだけで消臭効果が期待できるのです。

重曹は別名「炭酸水素ナトリウム」といわれ、もともと人体にあるものなので、化学成分が配合された洗剤を使うよりも安心して使えると注目されています。

小さいお子さんやペットがいるご家庭では、重曹が掃除アイテムとして大活躍してくれること間違いなしですね。

 

重曹は掃除に3通りの使い方ができる

重曹はもともと粉状なのですが、3通りの使い方ができます。

汚れの種類や掃除する場所で、重曹の使い方を変えてみましょう。

 

粉状は研磨・消臭効果が抜群

粉状の重曹

 

粉のまま使うときは、高い研磨効果が期待できます。

焦げ付きや茶渋を落とすときに、そのまま上から重曹を振りかけてスポンジなどでこすれば、重曹の粒子によってこびりついた汚れを落とすことができますよ。

また、重曹には消臭効果があるので、粉のままニオイが気になる排水溝などに振りかければ悪臭を抑えることが可能です。

冷蔵庫・下駄箱のニオイの場合、重曹を穴の開いた容器に入れて隅に置いておくだけでニオイを吸着してくれます。

 

重曹ペーストは頑固な汚れ落としにおすすめ

重曹ペースト

 

重曹ペーストは、重曹と水が3:1になるようにして混ぜて作ります。

長期間ほったらかしにして落ちにくくなった汚れに効果的で、重曹ペーストを汚れに乗せてしばらく放置して中和させ、スポンジやブラシなどでこすると落ちやすくなりますよ。

余った重曹ペーストは、密閉容器で数日間はもちますが、固まってしまうのでできれば掃除で使うたびに作るようにしましょう。

 

重曹水スプレーは拭き取り掃除におすすめ

重曹水スプレー

 

重曹スプレーは、水100mlに重曹小さじ1杯の割合で重曹水を作り、スプレーボトルに入れて使います。

重曹スプレーは大変便利で、キッチンの油汚れ・お風呂場・トイレ・フローリングなどの床にスプレーして拭き取るだけで、油汚れや皮脂汚れがキレイになります。

100均でも重曹水がスプレーボトルタイプで販売されているので、混ぜたりスプレーボトルを用意するのが面倒な方におすすめ。

重曹水スプレーは、常備しておくといろいろな掃除に使えて便利ですよ。

 

【場所別】重曹の使い方

重曹は3通りの使い方で、頑固な油汚れなどを落とすことができます。

掃除だけでなく、消臭方法についてもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

家の場所ごとに重曹を使った掃除方法について、実際に掃除しながら説明していきます。

 

キッチン

まずは、油汚れが著しいキッチンの重曹を使った掃除方法をみていきましょう。

 

換気扇

重曹の使い方 換気扇フィルター掃除

 

換気扇にはさまざまなタイプがありますが、主にレンジフード(換気扇カバー)、フィルター、プロペラ、ファンを重曹を使って掃除することができます。

コーティング加工されているものは、重曹の研磨効果で剥がれ落ちてしまうので重曹は使えません。

用意するものは、

  • 粉状の重曹
  • 重曹水スプレー
  • スポンジや歯ブラシ
  • キッチンペーパーなど拭くもの
  • ゴム手袋

などです。

 

●レンジフードなど換気扇カバー……重曹水スプレーで汚れを浮かせてからキッチンペーパーなどで拭き取ります。
汚れがひどいときは、重曹水で湿らせたキッチンペーパーでパックし、しばらく放置してから拭き取りましょう。

●ファンやプロペラ……粉状の重曹を振りかけてある程度汚れを落としてから浸け置きしましょう。
ファンが入る大きさの容器に入れ、水をたっぷり入れて重曹を1カップ程度入れたら30分~1時間放置。
汚れが浮いてきたところで歯ブラシなどを使って、細かい汚れを落としていきましょう。
汚れが落ちたらしっかりすすぎ、乾かします。

●フィルター……粉状の重曹をそのままかけて2時間放置。
放置している間はときどき裏返して重曹がまんべんなくついているか確認し、ついていないところはさらに振りかける。
重曹が油を吸着したら歯ブラシでこすり、汚れが取れにくいところは重曹を振りかけてさらにこする。
最後にぬるま湯で洗い流して完了。

 

※フィルターを洗うとき、水を使ってしまうと水と油が乳化して汚れが落ちにくくなるので、水を使わないようにしましょう。

我が家の場合、引っ越してきてからフィルターの汚れ防止ペーパーを貼り忘れ、掃除するのが怖くて放置したせいでかなりの油汚れが目詰まりしていました。

両面重曹を振りかけると、100均で購入した重曹1袋がすぐに無くなってしまったので、1kgで売られていることが多いドラッグストアなどで購入することをおすすめします。

歯ブラシで重曹が吸い取った油を掻き出し、ある程度キレイになったら水をかけながら流して、ヌルヌルが残っていたのでまた粉の重曹をかけてスポンジでこすり洗いするとキレイになりました。

ファンも温かい重曹水に浸け置きするだけで汚れが浮いてきて、かなり濁ってしまいました。

ファンは油汚れにほこりが付着してグレーがかった汚れを、ていねいに歯ブラシで掻き出して掃除します。

ファンも最後に粉の重曹をかけてヌルヌルをしっかり取ってから、水気を拭いて取り付けしましょう。

 

ガスコンロ・五徳

重曹の使い方 五徳の掃除

 

ガスコンロやその周りには、調理の際に跳ねた油が飛び散り、調味料や食品も固まってこびりついています。

重曹や重曹ペースト、煮洗いで油汚れを落としていきましょう。

●壁やガスコンロに跳ねた油汚れ……ガス栓を締め、重曹水スプレーで浮かせてから拭き取りましょう。
落ちにくい場合は、重曹ペーストを塗って、しばらく放置してから拭き取ります。

●五徳……軽い汚れであれば重曹水スプレーで落とすことができますが、こびりついて落ちにくい汚れは、水200mlに大さじ2杯程度の割合で重曹水を作り、沸騰させて五徳を入れて10分ほど煮ます。
そのまま火をとめて2時間置き、汚れが落ちていないところは粉の重曹をつけて歯ブラシでこすって落としましょう。

●魚焼きグリル……受け皿は熱湯を入れて油汚れをふやかし、粉の重曹を適当に振りかけてそのまま冷まします。
冷めたらスポンジで網と一緒にこすり洗いしましょう。
網の汚れが落ちにくい場合は、五徳同じように落ちにくい汚れは煮たあとにこすり落とします。
庫内は、冷めている状態で重曹水スプレーを布巾に吹き付けてから拭いていきましょう。
落ちにくい場合は、重曹水を軽く温めてから掃除すると、より汚れが落ちやすくなりますよ。

 

電子レンジ

重曹の使い方 電子レンジ

 

電子レンジも食品を温める際に飛び散った汚れ、さらにはオーブン機能を使用することで汚れが固まってしまい落ちにくくなっています。

●電子レンジの庫内……お使いの電子レンジのサイズに合わせて、水500mlに重曹小さじ1杯の割合で溶かし、600Wで3分加熱します。
重曹水が蒸発した水滴で汚れを取るので、ワット数や加熱時間は調整して蒸気を出すようにしてください。
そのまま置いて庫内を蒸らし、冷めたのを確認したら布巾などで拭き取り、落ちにくい汚れは歯ブラシでこすり落としましょう。
最後に濡れた布巾で重曹が残らないようキレイに拭き取ります。

●ターンテーブル……ターンテーブルも重曹水で蒸らすことで汚れが落ちやすくなっているので、布巾などで拭き取りましょう。
落ちにくい汚れは重曹ペーストなどを使えば傷がつく原因になるので、1度に取ろうとせず何度かに分けて根気よく掃除することが大切です。

 

排水溝

重曹の使い方 排水溝の掃除

 

排水溝はヌルヌルした汚れに雑菌などがまざっているので、できれば手で触りたくない場所。

重曹に加えてクエン酸も一緒に使えば、手を汚さずに掃除することができます。

また、排水溝は悪臭が発生しやすい場所のひとつですが、重曹の消臭効果で掃除しながらニオイ対策も同時に行うことができますよ。

●排水溝……重曹を粉のまま振りかけて上からクエン酸をかける。
お湯を回しかけて発泡させたら5~10分ほど置いて洗い流す。

●受け皿などのパーツ……排水溝と同じように重曹とクエン酸を使い、発泡させて汚れを浮かせる。
使い古しの歯ブラシなどで目に詰まった汚れを掻き出すように掃除し、しっかり洗い流す。

 

浴室や洗面所

重曹の使い方 浴室・洗面所掃除

 

洗面所や浴室は、皮脂やカビなどで汚れています。

重曹の研磨効果でこびりついた汚れを取り除いていきましょう。

●洗面台・バスタブ……粉のまま重曹を振りかけてスポンジで汚れをこすり落とし、しっかりと洗い流す。

●排水溝……上記に紹介している重曹とクエン酸を使った方法で、ヌメリやニオイを除去する。

●お風呂の床……皮脂汚れなどが目に詰まっているので、お風呂用中性洗剤と粉の重曹を使って研磨しながら汚れを取り除いていく。
適当に重曹を床に振りかけて中性洗剤をスプレーしながら、ブラシを使ってこすっていく。
重曹が残っていると滑るのでしっかりと洗い流す。

●カビ取り……ゴムパッキンなどお風呂のカビには、重曹と酸素系漂白剤を1:1で入れ、ペースト状になるまで水を少しずつ入れる。
カビが気になるところに重曹ペーストを密着させるように塗って、最低でも3時間は置いてしっかり洗い流す。
垂れては困るところなら固め、広げて塗りたいならゆるめというように、場所によってペーストのゆるさを加減すると効率が上がる。

 

トイレ

重曹の使い方 トイレ掃除

 

トイレは水気が常に溜まっているところなので、黒カビやヌメリが発生しやすくなっているので、こまめに重曹スプレーで掃除するのがキレイを保つポイントです。

便器内……重曹スプレーを吹きかけて5分ほど放置したら、トイレブラシでこすってから洗い流す。

便器のフタや便座……重曹スプレーを直接吹きかけると重曹が残ってしまいやすいので、雑巾などにスプレーしてから拭くようにする。
トイレットペーパーなら拭いたあとに流して捨てられるのでおすすめ。

トイレの汚れに多い尿の飛び散りや尿石はアルカリ性なので、重曹ではなくクエン酸のような酸性の洗剤を使用する。

 

洗濯

重曹の使い方 洗濯槽の掃除

 

縦型の洗濯槽におすすめのやり方ですが、ドラム式でも重曹の量を減らすような使い方をすれば、洗濯槽の掃除をすることができます。

  1. 縦型の場合は、洗濯槽いっぱいにぬるま湯を入れてカップ1杯の重曹を入れて洗濯コースで回す。
    ※ドラム式の場合は、フタを開けてこぼれない程度にぬるま湯を入れて、カップ1/3~1/4程度の重曹を入れて洗濯コースで回す。(お使いのドラム式洗濯機によって水を入れる量が異なるので、縦型式の分量の割合を目安に加減してください。)
  2. 1晩置いてフタを開け、浮いてきた汚れをすくい、もう1度洗濯コースで回す。
  3. すすぎと脱水を2~3回繰り返して重曹が残らないようしっかりと洗い流し、フタを開けっ放しにして半日ほど乾燥させる。

 

お部屋

重曹の使い方 カーペット掃除

 

部屋やリビングは、皮脂汚れやキッチンから飛んできた油汚れで照明やスイッチ、フローリングの床などが汚れています。

洗いにくいカーペットも重曹を使ってキレイにできますよ。

●照明カバーやスイッチ……重曹水スプレーを雑巾に吹きかけてから汚れを掃除していく。
落ちにくい黒ずんだ手垢は、重曹ペーストを塗ってしばらく置いてから拭くと落ちやすい。

●フローリングなどの床……フローリングの床は濃度の濃い重曹水で掃除するとワックスが剥げてしまうので、水200mlに重曹小さじ1/2杯で作った重曹水をスプレーして雑巾で拭きあげ、重曹が残らないよう水拭きして仕上げる。
※濃度が低い重曹水でもフローリングを傷めることがあるので、頻繁に行わず大掃除や落ちにくい汚れがあるときのみに留めておく。

●カーペット……重曹水をスプレーしたら10分ほど置いて汚れを浮かせる。
乾いた布で重曹水をこするようにして拭き取る。
カーペットのニオイが気になるときや、ダニに刺された気がするという場合は、粉の重曹をまんべんなく振りかけて数時間置き、重曹が残らないようしっかり掃除機をかける。
寝る前に重曹を振りかけておき、朝に掃除機をかける方法も効率的でおすすめ。

 

玄関やベランダ

重曹の使い方 玄関掃除

 

玄関やベランダの黒ずんだ汚れは、重曹の研磨効果で落とせることがあります。

  1. 粉のまま重曹を汚れの部分に振りかけてブラシでこすり、固く絞った雑巾などで重曹を拭き取る。
  2. 洗い流せる場合はバケツなどを使って水で洗い流す。

玄関が白いため、黒ずみが目立って気になっていたのですが、塩素系漂白剤で漂白しても落ちませんでした。

ですが、重曹を使ってこすると細かい傷にも入り込んで研磨することでだんだん白くなってきました。

 

重曹を使った玄関掃除ビフォーアフター

 

左がビフォー、右がアフターです。継ぎ目のところも黒ずみがなくなっています。

 

消臭にも

重曹の使い方 下駄箱消臭

 

重曹には消臭効果が期待できるので、洗いにくいぬいぐるみや、下駄箱の消臭にも使うことができます。

●ぬいぐるみ……ぬいぐるみがすっぽりと入るくらいの大きな袋を用意し、ぬいぐるみを入れて重曹を粉のまま振りかける。
袋のくちを閉じて振り、まんべんなくぬいぐるみに重曹が行き渡るようにする。
30分以上置いたら重曹を袋の中ではたき、掃除機で重曹が残らないようにしっかりと吸い取る。

●下駄箱……下駄箱のニオイは皮脂汚れや汗によるもので、湿気とともに悪臭を放つため、吸湿効果や消臭効果のある重曹を粉のまま隅に置いておくだけてニオイが気にならなくなる。
小瓶などを用意し、フタに穴を開けて重曹を入れて置くだけ。湿気を吸うと固くなるので3か月に1度の頻度で交換すると良い。
入れる量はカップ1杯の重曹だが、下駄箱の大きさで量を変えたり小分けにして何か所かに分けて置くのもおすすめ。
靴の消臭にも効果的で、不要になった靴下に重曹を入れて、靴に入れておくだけでニオイを取ることができる。

 

重曹の効果を最大限に引き出す方法

重曹の効果を高める使い方は、上記にご紹介したなかでも登場しています。

3通りの重曹の使い方では落ちにくい汚れも、パワーアップさせることで汚れ落ちがグンと良くなって掃除がはかどりますよ。

 

加熱してph値を上げる

加熱してパワーアップ

 

重曹は弱アルカリ性でもともと人体にもある成分なので安心なのですが、そこまで洗浄力が高くないということもあり、落ちない汚れがどうしても出てくると思います。

そんなときは、重曹のph値を上げて洗浄力を高めていきましょう。

ph値を上げるには加熱するのがポイント。

五徳を掃除する使い方のところでもご紹介しましたが、水に重曹を入れて加熱するだけ。

重曹水から二酸化炭素が出て炭酸ナトリウムに変化するという化学反応が起き、パワーアップしたアルカリ性に熱の力が加わって汚れが落ちやすくなるというワケなのです。

 

クエン酸と混ぜる

クエン酸と一緒に使う

 

排水溝を掃除する際の重曹の使い方でもご紹介したように、重曹にクエン酸を加えると発泡し、泡の力で重曹だけでは落とせなかった汚れを落とすことができるようになります。

アルカリ性の性質である重曹と、酸性のクエン酸を混ぜると中性になってしまうのでは?と疑問に思いますが、重曹とクエン酸を合わせると炭酸が発生するため、強力な泡の力で汚れを浮かせることが可能になるのです。

 

基本の使い方は、汚れに重曹を粉のまま振りかけて、4%の濃度で作ったクエン酸水を上からかけて発泡させます。

ですが、重曹とクエン酸を同時に使う掃除方法は、お風呂やキッチンなどの排水溝であることがほとんど。

両方とも粉のまま使って、あとからぬるま湯を回しかけるという方法でもちゃんと発泡して汚れを浮かせてくれるので、量は多少ムダになってしまいますが面倒な方にはおすすめです。

 

おおよその目安は重曹が2、クエン酸が1の割合です。

クエン酸がない場合、お酢でも代用が可能ですが、お酢独特のニオイが立ち込めるので注意しましょう。

 

重曹の使い方で注意すること

重曹の使い方の注意点

 

重曹は弱アルカリ性なので、長時間掃除するときは必ずゴム手袋をして手荒れを防ぎましょう。

また、使う場所や物についても注意が必要です。

アルミや銅の鍋、木や畳に重曹を使うと黒く変色したり黄色ジミができてしまうことがあります。

漆器を洗ったり大理石の掃除に使ったり、宝石を磨くのに重曹を使うと傷がつくので使用しないようにしましょう。

フローリングの床掃除の際にもご紹介しましたが、ワックスがは剥げる原因になるので濃度の濃い重曹水は使用しないことと、頻繁に重曹水を使って掃除しないよう注意が必要です。

 

掃除以外の重曹活用法

重曹は掃除以外にも便利な使い方があります。

洗濯の柔軟剤代わりとしてや、ペットのドライシャワー、入浴剤として使うことも可能なのです。

 

柔軟剤代わりに

柔軟剤の代わりに

 

水10Lに20gの重曹を入れて洗濯すると、柔軟剤を入れたようなふっくらとした仕上がりになります。

ニオイが苦手な方、化学成分に反応してしまう方におすすめです。

また、重曹を洗濯の際に入れることで、衣類の皮脂汚れを落としてくれたり消臭してくれたりと1つで何役もこなしてくれます。

ただし、重曹の入れすぎは洗濯物に重曹が残ったり洗濯ホースが詰まったりする原因となるので、適量を守りしっかりとすすぎ洗いするようにしましょう。

 

ペットのドライシャワーに

ペットのドライシャワー

 

こまめにお風呂に入れないペットには、重曹を使ってドライシャワーを行いましょう。

ガーゼに重曹を入れて、ペットの身体にポンポンと振りかけ、ていねいにブラッシングして濡れタオルで拭いてあげます。

重曹を舐めすぎないよう、顔周りは早めに拭き取ってあげましょう。

 

入浴剤として

入浴剤

 

重曹を入浴剤として使うと、お湯の酸性度を中和に近づけてくれたり、皮脂を溶かして毛穴に詰まった角栓が取れやすくなるという働きが期待できます。

重曹の入浴剤は美容効果だけでなく、たんぱく質を分解する効果が期待できるので、入浴後のお風呂掃除の負担が軽減するというメリットも◎

バスタブには皮脂汚れがいっぱいなのですが、重曹は皮脂汚れを浮かせてくれるので、入浴後に洗面器や椅子などを入れて1晩置いておき軽くこするだけで汚れを落とすことができますよ。

量の目安はお湯200Lに重曹40g程度ですが、私はひとつかみ適当に入れています。

 

重曹の正しい保管方法

重曹の保管方法

 

重曹は吸湿性にも優れているため、湿気が多いとすぐに固まって使いづらくなってしまいます。

保存するときは、密閉容器に乾燥剤を入れて保管するのがおすすめです。

重曹水スプレーや重曹ペーストなどは、使う分だけを作るようにして、もし余った場合は1週間ほどで使い切るようにしましょう。

 

まとめ

掃除の重曹の使い方まとめ

 

掃除に関する重曹の使い方をご紹介しましたが、あらゆる場所の掃除が重曹ひとつで可能だということが分かりましたね。

重曹は化学成分配合の洗剤と比べても安全ですし、小さいお子さんやペットがいるご家庭に特におすすめの掃除アイテムです。

重曹は、洗浄効果だけでなく消臭効果も期待できるので、掃除しながらイヤなニオイをカットすることも可能。

掃除以外にも使える万能アイテムなので、ぜひ常備しておくことをおすすめします。

重曹を使った簡単掃除で、家中ピカピカにしてみてくださいね!

 

-掃除
-, ,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.