掃除

蛇口の掃除・手入れの方法まとめ。重曹やクエン酸など使えばキレイが簡単!

 

キッチンや洗面台、浴室の蛇口の汚れが掃除しても落ちないと悩んでいませんか?

蛇口の汚れの種類を知れば、適切な洗剤を使って簡単に掃除することができますよ。

本記事では、蛇口の汚れに対し、洗剤を吹きかけて放置してあとは軽く擦るという簡単な掃除方法をご紹介しています。

蛇口の汚れは、普段の簡単なお手入れでピカピカに保つことができるので、キレイを保つコツも合わせて参考にしてみてくださいね!

 

蛇口の汚れはいろいろ…

蛇口の汚れは、キッチン・洗面所・浴室と、場所によって汚れの種類が違います。

汚れに合った掃除をしないと、蛇口はいつまでもキレイにはなりません。

掃除をはじめる前に、蛇口に付着している汚れの種類についてみていきましょう。

 

白い汚れは水垢

水垢の蛇口掃除

 

蛇口に付いている主な汚れは水垢。

白くうろこ状になって蛇口に付着し、放っておくと掃除してもなかなか落ちない汚れとなってしまいます。

 

水垢は、水道水に含まれるミネラル(鉄・カルシウム・マグネシウム)などの成分が、水しぶきによって蛇口に付いたとき、蒸発してこれらの成分が残るために発生するもの。

放置することで汚れが落ちにくくなるのは、これらのミネラル成分が蓄積していっているからなのです。

水垢は酸性なので、反対の性質であるアルカリ性の洗剤を使って掃除しなければなりません。

 

黒い汚れは黒カビの可能性

黒カビの蛇口掃除

 

蛇口の接着面や水が出てくる吐水口の汚れに多いのが黒い汚れ。

黒い汚れは主に黒カビである可能性が高く、黒カビに汚染された吐水口から出てきた水を飲むことで、健康に悪影響を及ぼすことがあります。

 

水回りは、高温多湿でカビが発生しやすい絶好の環境。

手垢や食べ物などの飛び散りも繁殖する原因となるので、蛇口は黒カビが発生しないようキレイに掃除することが大切です。

 

手垢・石けんカス・油汚れ

手垢の蛇口掃除

水垢や黒カビに加えて、キッチンであれば手垢や油汚れ、洗面所や浴室では石けんカスも付着しています。

これらの汚れは、酸性の性質を持つ水垢とは違うアルカリ性の汚れなので、水垢とは別の掃除方法で落としていかなければなりません。

 

蛇口の掃除・手入れを簡単にする道具

必要な掃除道具

 

  • クエン酸
  • お酢
  • 重曹
  • ハイター
  • グローブ
  • メラミンスポンジ
  • キッチンペーパー
  • 輪ゴム
  • 歯ブラシや竹串
  • 拭き取り用の布を数枚

簡単な水垢の汚れであれば、必要な洗剤はクエン酸水やキッチンペーパー、ラップや拭き取る布があれば十分です。

頑固な汚れになると重曹や歯ブラシなどが必要になります。

 

蛇口の掃除・手入れの方法を汚れ別に解説!

蛇口に付いている汚れの種類や汚れの性質が分かったところで、汚れに合った掃除方法でキレイにしていきましょう。

身近にあるクエン酸やお酢、重曹などを使って放置してラクに掃除する方法をご紹介していきます。

 

水垢にはクエン酸

クエン酸スプレー

 

  1. クエン酸小さじ1杯と水200mlを混ぜてクエン酸水を作りましょう。
  2. 水垢が気になるところにキッチンペーパーをかけて、クエン酸をスプレーして密着するように吹きかけていきます。
  3. 輪ゴムを巻いて固定したら、2時間ほどクエン酸水が水垢に浸透するのを待ちましょう。
  4. キッチンペーパーをはがし、落ちやすくなった水垢をこすります。
  5. 落ちにくい場合は、メラミンスポンジで傷が付かないようやさしく落としましょう。

2時間待つ間にクエン酸水が乾いてしまうようであれば、ラップで覆って乾燥を防ぎましょう。

仕上げにラップをメラミンスポンジ代わりにして水垢をこすり落とすこともできますよ。

 

しつこい水垢には重曹もプラス

重曹

 

  1. 重曹にお酢を少しづつ混ぜて、重曹ペーストを作りましょう。
  2. 水垢に重曹ペーストを塗っていき、歯ブラシでやさしくこすり落とします。
  3. ぬるま湯でよく洗い流し、布で拭いて完了です。

重曹にお酢を混ぜると炭酸ガスが発生しますが、人体に無害なので心配はありません。

重曹は研磨剤の役割をするので、力を入れて強くこするの傷が付いて、汚れやすくなってしまうのでやさしくこすりましょう。

重曹の活用方法については「掃除の有能な重曹の使い方」のページを参考にしてくださいね。

 

黒カビにはお酢またはハイター

靴箱の黒カビには漂白剤

 

蛇口の黒カビにはハイターを使うと、高い確率で黒カビを落とすことができます。

主に黒カビは、吐水口や蛇口の付け根部分の水が溜まりやすいところに生えやすいので、注意深く見ていきましょう。

 

蛇口の掃除には、キッチンハイターのような洗剤をスプレーしておけばOK。

分解するときは順番を覚えておき、間違えないようにしましょう。

最後はハイターが残らないようよく洗い流すことが大切です。

 

お酢を使ってもOK

特にキッチンの蛇口掃除の場合、ハイターを使うのに不安があるという方は、重曹にお酢を混ぜてペーストにしたものを使って歯ブラシでこすり落としていきましょう。

お酢には抗菌効果もあるので、カビ予防にもなります。

 

お酢のニオイが苦手ならクエン酸でもOK

お酢のニオイがちょっと……という方は、重曹100gにクエン酸小さじ1杯を混ぜて水を入れてペーストを作り、同様に歯ブラシでこすり落としてください。

重曹にクエン酸を混ぜても炭酸ガスが発生しますが、こちらも人体に無害なので心配はありません。

 

忘れがちな蛇口の吐水口の掃除方法

蛇口の吐水口も掃除

 

吐水口は、黒カビや水垢で汚れやすい場所。

蛇口の中のフィルターまで黒カビが生えていることが多いので、分解して掃除しましょう。

吐水口は造りが複雑なので、分解する際は順番を覚えておくことが大切です。

 

吐水口の黒カビもハイターが活躍しますが、抵抗がある方は重曹とクエン酸で掃除していきましょう。

1.歯ブラシに重曹をつけて黒カビをこすり落としていきます。
2.蛇口や部品が浸かるくらいの容器にクエン酸水を作り、重曹が付いたまま入れましょう。
3.重曹とクエン酸水が反応して炭酸ガスが発生し、泡が出て汚れが落ちやすくなっているので、もう1度こすって落としていきます。
4.よく洗い流して拭きあげたら完了です。

 

蛇口が汚れないようにするためには?

蛇口の汚れ予防

 

蛇口の汚れの原因は、主に水滴が飛んで蒸発して水垢となったものや、キッチンの蛇口であれば手垢です。

蛇口が水垢などでくすんでいると、それだけで空気がどんよりとしてしまいます。

水垢で蛇口がくすむのを防ぐ方法はとてもシンプル。

 

「水滴がついたらすぐに拭き取る!」

 

これだけです。

付いてすぐの状態であれば、乾いた布で拭き取るだけで簡単に汚れが落ち、蛇口がピカピカになりますよ。

黒カビを予防するには、こまめに確認して週に1度は掃除することが大切です。

 

どうしても蛇口の汚れが落ちないときは?

家事代行

 

どう掃除しても蛇口の汚れが落ちない、忙しくて蛇口の掃除にまで手が回らないという方は、家事代行サービスのハウスクリーニングがおすすめです。

ハウスクリーニングサービスなら、蛇口の掃除だけでなく水回り全体をプロの技術でキレイに掃除してくれますよ。

もちろん、通常の家事代行サービスでもOK。

依頼主に代わってあらゆる家事を代行してくれるので、子育て中・共働き世帯・一人暮らしで忙しい方に人気のサービスとなっています。

以下のページでは、おすすめの家事代行サービス業者や選び方の注意点、起こり得るトラブル、料金についてなどをまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家事代行サービスの比較とおすすめ業者

 

まとめ

蛇口の掃除

 

蛇口は忘れがちな場所なので、気が付くと汚れが蓄積しているという場合がほとんど。

ハンドル部分やパイプ部分などはいつもピカピカにしているけれど、吐水口のことまで気にしている方は多くありません。

黒カビは健康に悪影響を与えることがあるので、吐水口は常に清潔にしておきたいですよね。

 

本記事では、放置してあとは少しこするだけという簡単な掃除方法をご紹介しました。

こまめに蛇口を掃除しておけば、水垢や黒カビが蓄積することはないので、いつもの掃除もグンとラクになります。

ぜひ、参考にしていつもピカピカ輝いている蛇口を目指してみてくださいね!

 

-掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.