洗濯

【油染みの落とし方】時間が経った油のシミもスッキリ落とす方法を徹底解説!

油染みの落とし方

 

調理中や食べこぼしなどの油染みが服に付くと、普段のお洗濯では落ちないので厄介ですよね。

エプロンをせずに料理を作ってしまうことがありますが、思わず油が跳ねてしまったときは「なぜエプロンをしなかったのだ」と心底悔やみます。

お気に入りのワンピースや、子どもの買ったばかりの服に油染みができてしまい、洗濯しても落ちなかったときは落ち込みました。

ここでは、一度ついたら面倒な油染みの落とし方をまとめました。ついたばかりで軽い油染みから時間がたった油染みなど汚れ度合いに合った落とし方を紹介していきます。

特に外食時(ファミチキの油など)に気を付けていても、汚しやすい方は必見です!

 

油染みとはどんな汚れなのか?

油染みとは?

 

油染みとは、脂溶性の汚れが付いた状態のことをいいます。

脂溶性の汚れにはどんな特徴があるのかや、どんな汚れが脂溶性に当たるのか、油染みの見分け方をご紹介します。

 

脂溶性のため水に溶けにくい

油染みは脂溶性の汚れで水に溶けにくいという性質があるため、ふつうにお洗濯しても落ちないのはこのためなんですね。

油は温度が上がると粘度が下がり、サラサラになって衣類から剥がれやすくなるので、40~60℃のお湯を使って落とすのがポイントになります。

また、油染みに油分を多く含むアイテムや界面活性剤入りのアイテムでも落とせます。

油染みは酸性の汚れなので、重曹や酸素系漂白剤などのアルカリ性洗剤も効果的。

ちなみに、日常の油染みの汚れといえば、揚げ油・カレーやケチャップ・ファンデーションや口紅などが挙げられます。

これらの汚れが付いたらいつものお洗濯では落ちないので、これからご紹介する方法を試してみてくださいね。

 

油染みは時間が経っても滲んだり薄くなったりしない

コレっていつできたシミ?と、いつ付いたか分からない汚れってありますよね。

水溶性なのか脂溶性なのか、不溶性の汚れなのか分からないと、それぞれ落とし方が異なるので対処に困ってしまいますよね。

水溶性の汚れなのか油染みかどうか見分けるには、シミの上に少量の水を垂らしてみましょう。水溶性の汚れであれば、水に溶けるため汚れがじんわり広がってきます。

油染みであれば、水に溶けないので薄くなったり滲んだりしないので、脂溶性の汚れであるといえます。

このように、油染みは水では落とせないので、洗濯前に適切に下処理して落とす必要があるのです。

 

ついたばかり、軽度な油染みの落とし方

軽い油染みの落とし方

 

油染みが少量のときや付いて間もないときは、食器用洗剤を使って落としてみましょう。

食器用洗剤には、油を分解して浮かせる働きがある界面活性剤が含まれているので、軽度な油染みに効果的です。

用意するもの

  • 食器用洗剤
  • ゴム手袋
  • タライやバケツなど
  • 歯ブラシ

 

油染みにぬるま湯を染み込ませる

油染み以外の固形汚れが付いていたら、ティッシュなどで拭き取っておきましょう。

タライに40~60℃のお湯をはり、油染みがある部分を浸けて油を緩ませます。

 

食器用洗剤をつける

食器用洗剤を油染みに少量垂らし、生地が傷まないようやさしくもみ洗いして汚れを押し出します。

 

歯ブラシでこする

食器用洗剤が油染みに浸透したら、歯ブラシを使って汚れを置くから掻き出すようにしてこすります。

 

すすいで洗濯機へ

お湯を出しながらタライの水が濁らなくなるまでキレイにすすぎましょう。

仕上げにいつもの洗濯をして完了です。

 

時間が経った頑固な油染みの落とし方

時間が経った油染みの落とし方にクレンジングオイル

 

いつ油染みが付いたのか分からないほど時間が経ったものは、クレンジングオイルを使って落としてみましょう。

クレンジングオイルの主成分は油分。油染みには油がよく馴染みますし、口紅やウォータープルーフマスカラも落とすほどの洗浄力があるのでおすすめです。

用意するもの

  • クレンジングオイル
  • タライやバケツなど

 

時間が経った油染みのある洋服

 

いつ油染みが付いたのか分からないお気に入りのワンピースを、クレンジングオイルを使って落としてみました。

小さな丸い油染みが数個ありますね。

衣替えしたときに気づいたので、恐らく去年の油染みだと思われますが、398円で買ってきたクレンジングオイルで本当にキレイに落ちるのでしょうか。

 

クレンジングオイルを油染みに馴染ませる

クレンジングオイルを油染みに馴染ませる

 

油に水が混ざると乳化してしまい、クレンジングオイルの効果を発揮できなくなってしまうので、クレンジングオイルは乾いた状態の衣類に使いましょう。

油染みの部分にクレンジングオイルを適量垂らし、生地が傷まないようやさしくもみます。

 

5分ほど置く

そのまま5分ほど置いて、クレンジングオイルが衣類の奥まで浸透して油染みに馴染むのを待ちましょう。

 

ぬるま湯ですすいだら洗濯機へ

 

油染みの部分を水が濁らなくなるまでしっかりすすぎ、いつものお洗濯をして完了です。

ポイント

頑固な脂溶性の汚れは、重曹や酸素系漂白剤などのアルカリ性洗剤も効果的!

ぬるま湯にアルカリ性洗剤を溶かし、ゴム手袋をしてからよくもみ洗いしてすすぎ洗濯機へ。

ただし、シルクやウールなどアルカリ性洗剤が使えない素材もあるので注意!

 

時間が経った油染みが落ちました!

 

乾燥が終わるのが夜になってしまい、照明の関係で影ができたり色合いが違ったりして見えますが、丸く付いていた油染みはすっかりなくなっています!

こんな簡単なことならもっと早く調べて落としておけば良かったです。

もう油跳ねや食べこぼしは怖くありませんね!

 

作業着など機械油がついたときの落とし方

作業着についた機械油の落とし方

 

作業着に機械油などがベッタリ付いた油染みや、自転車のチェーンに付いた油汚れが油染みになったものなど、強力な汚れは専用の洗剤を使って落としてみましょう。

用意するもの

  • 作業着専用洗剤
  • タライ
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ

 

お湯に浸け油を緩ませる

ギトギト油は粘度が高いので、お湯にしばらく浸けて油を緩ませましょう。

 

歯ブラシで油染みをこする

汚れが緩んで浮き上がってきたら、歯ブラシでこすり洗いします。

 

作業着用洗剤を使って洗濯機で洗う

作業着用の洗濯洗剤

出典:Amazon

ある程度油汚れが落ちたら、いつもの洗濯洗剤から作業着用洗剤に替えて、通常通りのお洗濯をしましょう。

この方法でも落ちなければ、無理せずクリーニングで落としてもらうのが賢明です。

 

綿・麻などに付いた油染みの落とし方

綿や麻についた油染みの落とし方

 

熱に強い綿や麻など、自然素材の衣類に付いた油染みは、煮洗いで落としていきましょう。

殺菌・消臭効果が高いので、食べこぼしによってできた油染みにも効果的です。

用意するもの

  • ホーローまたはステンレス鍋
  • 重曹などのアルカリ性洗剤
  • (固形石けん)

 

鍋に重曹を入れる

水1Lに対して大さじ1杯の重曹を入れましょう。

火にかけて沸騰させます。

※アルミの鍋はアルカリ性によって黒ずんでしまうので、ホーローかステンレスの鍋を使って行ってください。

 

煮洗いする

衣類を鍋に投入し、15分ほど煮洗いしましょう。

 

油染みが落ちたか確認

油染みが落ちていないようであれば、固形石けんを使ってもみ洗いしてください。

 

すすいで洗濯機へ

しっかりすすぎ、洗濯機で脱水して乾燥させましょう。

 

外出中に油染みができたときの応急処置

油染みがついたときの応急処置

 

衣類に付いた油染みは、時間が経つと染みこんで落ちにくくなるので応急処置できる場合は早めに対処しておきましょう。

 

油染みが広がらないよう拭き取る

油染みがこれ以上広がらないように、ティッシュやハンカチなどでポンポンとシミの部分だけを叩いて拭き取ります。

 

水で拭き取る

ティッシュなどを水で濡らし、油染みがある部分をポンポンと叩いて拭き取ります。

もし、近くにお手洗いがあり、手洗い石けんがある場合は石けんもティッシュやハンカチに染みこませて拭き取ってください。

 

水で流す

油染みの部分を水で洗い流し、乾いたティッシュやハンカチなどで水気を拭き取って乾燥させたら応急処置は完了です。

 

油染みが落ちないときはクリーニングへ依頼しよう

油染みが落ちないときはクリーニングへ

 

時間が経ちすぎた油染みや、機械油など頑固な油染みは家庭でのお洗濯では落とすことがむずかしくなります。

無理に洗うと生地が傷んでしまうので、クリーニングに出すのがおすすめです。

大切な衣類、デリケートな衣類などは、早めにクリーニングに出してプロの手でキレイにしてもらいましょう。

ちなみに、作業着もクリーニングに出すことは可能なので、油染みだけでなくニオイが気になる場合もクリーニングはおすすめですよ。

 

まとめ

服に油染みができて洗濯で落ちないと、大事な衣類であれば本当に落ち込みますよね。

ですが、今回時間が経った油染みもクレンジングオイルでスッキリ落とすことができました!

軽い汚れであれば食器用洗剤で落ちますし、応急処置を行っておけばいつものお洗濯で落とすことができる場合が多いので、油染みは早期に対処することが大切です。

なかなか落ちない油染みを何度もこすって洗っていると、生地が傷む原因になるので無理せずクリーニングに出しましょう。

(関連記事:服の黄ばみを落とす方法。汚れに合った落とし方が正解!

-洗濯
-,

Copyright© 家事タウン , 2021 All Rights Reserved.