家事の知恵

家事のストレスにさようなら!原因と解消する8つの方法

 

共働きの世帯が増え、女性の家事負担が増えてストレスが溜まっている人が増えています。

家事がしんどい、仕事終わって家事をするのが疲れた……

そんな方は、家事を頑張り過ぎていませんか?

仕事に家事に育児に、1人でそんなに人はこなせません。

本記事では、そんな家事のストレスの原因から解決策までご紹介します。

もっと楽な気持ちで家事は取り組んでいいんです。

家事のストレスを減らし、快適な毎日を過ごしましょう!

 

家事のストレスの原因

家事ストレスの原因

 

家事と聞いてイメージするのは、だいたいの方が掃除・洗濯・料理などを想像するかと思います。

しかし、家事のなかには「名もなき家事」といわれる作業も山ほどあるのです。

例えば、ゴミ捨て・タオル替え・シーツ交換・布団干し・カーテン洗濯・マット洗濯・ティッシュ交換などなど、挙げればキリがないほど細かい家事は存在しています。

夫側はこれらを家事と認識しておらず、しかし妻側はこれらもひっくるめて家事と認識しているため、夫婦間で認識にズレが生じてしまっているのです。

これでは、夫側が積極的に家事を手伝ってくれそうにもありませんよね。

こういった細かい家事の積み重ねが、妻側の家事のストレスとなっている可能性が高いのです。

 

家事ストレスを楽にするには?

家事のストレスを解消する8つの方法を紹介していきます。

 

部屋をシンプルにする

シンプルな部屋でで家事ストレスを軽減

 

まずは、掃除がしやすいようにモノを減らしてみましょう。

部屋をシンプルにすることで、ほこり取りや掃除機をかけるのもずいぶんと楽になるものです。

モノが少なくなると散らかりにくくなるので、ストレスも溜まりにくくなります。

もっと細かくいうと、掃除機もコードレスタイプにするといちいち戻ってコンセントタグを差しなおす手間も省けます。

 

使うものは使い捨てで

使い捨てを利用して家事ストレスを軽減

 

例えば、キッチン用のふきんですが、洗ったり除菌したりすることすらもストレスに感じることがあります。

そんなときは思い切って使い捨てのふきんに変えてみましょう。

汚れたら捨てる。これだけでも家事のストレスが減ります。

 

ご飯も簡単な下ごしらえで楽に

家事が楽になる下ごしらえ

 

よく、1週間作り置きで家事ストレスがなくなるといいますが、大家族になるとそれだけで疲れ果ててしまうことも。

そういう場合には、毎日キッチンに立ったときにこまめに下ごしらえしておくのがおすすめ。

次の料理のための野菜をカットしておく、肉はたれに漬けておいて焼くだけにしておくなど……。

少しの手間で時間をかけないように手抜きすることも、家事ストレスが軽減する方法です。

たまには外食してストレス解消するのもおすすめですよ。

 

家事が楽になる家電を利用しよう

家電を利用して家事ストレスを軽減

 

一生懸命働いて、そのあとにまた家事をするのはとても大変です。

思い切って自動で掃除してくれるルンバなどのお掃除ロボットや床拭きロボット、自動でお皿を洗ってくれる食洗器などに頼ってみましょう。

さらに、食洗器なら軽くすすいで入れるだけなので、ご主人にもお願いしやすいですよね。

積極的に家事が楽になる方法を取り入れていきましょう。

 

夫に具体的にお願いしてみる

家事を夫にお願い

 

家事ストレスが溜まって、夫にお願いしても思うようにならないことあり、それもストレスになって夫婦喧嘩になってしまうこともあります。

男性は家事が苦手なことが多いので、具体的にやさしく教えてお願いするとgood。

やってくれたら褒めて、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

あとは、妻側が家事をやり過ぎないこともポイント。

家事をやってくれて当たり前だと思われてしまうので、ご主人も積極的に家事に参加してもらえるような環境づくりも大切です。

もちろん家事ハラにならないように注意。詳しくは「家事ハラスメントとは?ダメ出し例や家事ハラをなくす方法」のページをご覧ください。

 

考え方も意識してみる

家事に対する考え方を変える

 

家事は夫側も妻側も完璧でなくても大丈夫。

もっと緩くでいいんだ、という意識を持つことも大切です。

家事はどちらかがやらなければいけないというものではなく、どちらか気付いた方がやるという意識を持つようにしてみるのも、家事ストレスが軽減していく方法です。

自分も家事ができない、夫も家事をしてくれない、でもいいや!やれるときにやろう!

そう思えるようになるくらいがちょうどいいのです。

 

家事をしている自分を褒めよう!

家事を頑張る自分を褒めよう

 

家事をすることでストレスが溜まっている人は、家事をしながらイライラしていませんか?

そんなときは、深呼吸して家事をしている自分を褒めるようにしましょう。

自分を褒めるにはポイントがあり、細かく褒めるようにしましょう。例えば、

「取り出しやすいように洗濯物を畳んで偉いね」

「料理の手際がいいね!火の通りを考えてちゃんと美味しく作っているんだね」

「水を節約しながらお皿洗いできてすごいね」

など、家事を行っている最中にどんどん自分を褒めるようにしてみてください。

家事を行っているときに、ネガティブなことは考えないようにしましょう。

こうして自分を褒めていると、家事を行っているときにストレスが減り、家事をしている自分がどんどん好きになっていきますよ。

 

家事を外注しちゃおう

家事ストレス 家事代行

 

どうしても家事が嫌!苦手!だというときには、外部サービスを利用しましょう。

家事代行サービスというものがあり、数千円で掃除・洗濯・料理などあらゆる家事を行ってくれるので、家事ストレスがなくなること間違いなしです。

こちらの「家事代行サービス おすすめ12社の口コミ・価格を比較!」ページで、家事代行サービスについて詳しく説明しているので、ぜひお読みいただいて利用してみてはいかがでしょうか。

頼れるものはどんどん頼って、家事ストレスをなくしていきましょう。

 

まとめ

家事ストレスが楽になる方法

 

家事ストレスが軽減するための、家事ストレスの原因や解決策を8つご紹介しました。

共働き世帯の女性の家事負担はとても大きいもの。

頼れるものは頼って家事を楽にしましょう。

また、考え方次第では家事が急に楽しいものに変わってくるかもしれません。

もっと自分の家なのだから緩くで大丈夫。

夫にも自分にも完璧を求めすぎず、気楽にやれるときにやるというスタンスでいることも家事が楽になるポイントです。

家事のプロフェッショナルである家事代行サービスもおすすめなので、ぜひ検討してみてくださいね!

 

-家事の知恵
-,

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.