掃除

【保存版】加湿器の掃除方法まとめ。汚れを酷くさせない毎日のお手入れのコツ

 

空気が乾燥しやすい時期、インフルエンザが流行する時期に欠かせないのが加湿器。

あるいは、美容のために年中加湿器を運転しているという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな加湿器ですが、水を入れるときに白い汚れが気になったり、ニオイが気になったりしていませんか?

それは水垢汚れや、タンク内にカビなどの菌が繁殖してニオイが発生しているからかもしれません。

 

そこで本記事では、どこでも手に入るクエン酸や重曹を使った、加湿器の掃除方法についてお届けします。

簡単な掃除方法なので、加湿器の掃除を習慣化することができますよ。

加湿器をクエン酸で掃除して、キレイな空気で快適に過ごしましょう!

 

加湿器は掃除しないと菌がいっぱい…

加湿器は、水を入れて運転するだけなので、特に汚れないんじゃないかと思ってしまいがち。

ですが、水にはミネラルが含まれているので、それらが蓄積して白い汚れが蓄積してしまい、加湿機能が低下することもあるのです。

加湿器にはどんな汚れが付着しているのかみていきましょう。

 

内部には水垢がいっぱい

加湿器の汚れ

 

加湿器は水道水を利用するため、掃除しないと水道水に含まれたカルキやミネラル分が蓄積し、白く汚れてしまうことがあります。

この白い汚れの正体は「水垢」。

水垢は、タンクやトレイなど水が触れるところに蓄積しています。

 

菌が繁殖している恐れも

菌が繁殖している可能性

 

加湿器のタンクの中に、手に付いている雑菌などが入ると菌が繁殖して、使用するときに水蒸気とともに菌が部屋中に拡散してしまいます。

これでは、健康のために加湿器をつけているつもりが、悪影響でしかなかったということになりかねません。

菌が繁殖しないようにするためにも、加湿器はこまめに掃除しておかなければならないのです。

 

加湿器の掃除方法はクエン酸を使おう!

加湿器をこまめに掃除するとはいえ、部屋中を加湿するような大きなものでは掃除が大変だと思ってしまいます。

しかし、クエン酸や重曹を使えば、簡単に掃除をすることができるんですよ。

なぜ、クエン酸が効果的なのか、クエン酸を使った掃除方法、酢や重曹を使った掃除方法や注意点をご紹介します。

 

クエン酸の使い方

クエン酸

 

クエン酸を使い加湿器を掃除する際は

  • クエン酸
  • ぬるま湯
  • できれば消毒用にエタノール

などを用意しましょう。

掃除の手順としては

1.加湿器のフィルターが入るような大きさのバケツにぬるま湯を入れます。
2.クエン酸を濃度が0.5~1%になるように入れてクエン酸水を作りましょう。
3.フィルターを軽くすすいでからクエン酸水に入れて30分~2時間ほど浸け置きします。
4.浸け置きしている間に本体の水が溜まっている部分やトレイなどを拭いて掃除しましょう。赤いヌメリがあればエタノールで拭き取ってくださいね。トレイはクエン酸水に浸けながら洗いましょう。
5.給水タンクの口は水ですすぎ、内部はクエン酸水を入れてよく振り、水でしっかりとすすぎます。
6.フィルターの汚れが溶け出ていたら水でしっかりすすぎ、トレイとともに軽く乾かしてセットして完了です。

になります。

水に濡らしてはいけない部品もあるので、加湿フィルターやトレイなどは、取扱説明書を見て部品の名称を確認するようにしてくださいね。

加湿できているか湿度計で確認し、急速に湿度が上がっていくようであれば掃除は成功です。

湿度が上がらなければ、まだ汚れが詰まっているということなのでもう1度掃除するかフィルターを交換しましょう。

次のシーズンまで使わないというときは、フィルターやトレイなど水気がある部分をしっかりと乾燥させてからしまってくださいね。

 

クエン酸を使う時の注意点

注意点

 

加湿器をクエン酸で掃除する際に注意しなければならない点があります。

クエン酸は大理石に触れると、大理石のなかのカルシウムが溶けてしまうことがあるので、大理石製の洗面台などは注意してくださいね。

金属も、クエン酸が触れるとサビの原因になるので注意してください。

 

加湿器のタンク下にカビが発生した場合、塩素系漂白剤で掃除する方も多いと思いますが、塩素系漂白剤などとクエン酸が混ざると有毒ガスが発生するので、絶対に混ざるようなことがないようにしましょう。

目や口に入った場合、すぐに洗い流し、眼科医など専門医に診てもらうようにしてくださいね。

 

水垢はアルカリ性のため酸性が効く

汚れは主に、酸性とアルカリ性に分けられるのですが、加湿器の主な汚れは水垢。

水垢は、水道水のカルキやカルシウムなどのミネラルが蓄積したものです。

カルシウムなどが蓄積した水垢はアルカリ性なので、酸性の洗剤がよく効きます。

クエン酸は酸性なので、水垢を溶かしてくれるため、簡単に加湿器の掃除ができるというわけなのです。

 

クエン酸がない場合。酢、重曹の使い方

重曹とクエン酸

 

クエン酸がない場合は酢でも代用が可能です。

水1Lに対して酢25ml溶かします。

ただし、ニオイがきついので、浸け置きする際は短めで行い、しっかりと水ですすぎましょう。

 

重曹はクエン酸水で落ちきれなかった汚れに効果的。重曹の研磨作用を利用して頑固な水垢をこすり落としていきましょう

重曹に少量の水を加えて重曹ペーストを作ったら水垢にペーストを塗り、軽くこすり落としていきます。

 

重曹は、粉状だったり強くこすり過ぎたりすると傷が付く可能性があるので、必ずペースト状にしてやさしくこすってくださいね。

 

重曹は消臭効果あり

重曹の消臭効果

 

加湿器のタンク下の部分は水が溜まりやすくなっています。

水が溜まり続けると、黒カビなどの雑菌が繁殖し、ヌメリや黒ずみ汚れの原因になります。

さらには、イヤなニオイまで発生するため、加湿器は常に清潔を保っておかなければなりません。

 

以下で除菌アイテムをご紹介していますが、加湿器のイヤなニオイには重曹も効果的。

水1Lに対し、重曹を60gほど混ぜます。

クエン酸水に浸け置きするのと同じように、フィルターを浸けておきましょう。

重曹の消臭効果で、イヤなニオイもすっきりしますよ。

 

重曹について詳しくは「掃除に有能な重曹の使い方。重曹の種類から場所別の活用方法を徹底解説!」のページをご覧ください。

 

加湿器の掃除に便利なグッズ

加湿器から出てくる水蒸気は、いつでも清潔であってほしいもの。

特にタンクの中はキレイに洗えているか心配ですよね。

タンクの中の除菌ができるアイテムを3つご紹介します。

 

加湿器キレイ

加湿器キレイは、銀イオンのパワーを利用して雑菌の繁殖を防ぐアイテムです。

使い方も簡単で、1.5Lの水に対して加湿器キレイを1つポンと入れるだけ。

タンク内の菌の繁殖を防ぐほか、水蒸気とともに銀イオンが拡散して部屋中の空気の雑菌も除去するすぐれものです。

 

加湿器 タンクのすっきり除菌

加湿器タンクのすっきり除菌は、加湿器内部の雑菌を除去してくれるアイテムです。

クエン酸やグレープフルーツ種子エキスや緑茶エキスなど食品成分で作られているので安心・安全です。

抗菌試験結果では、1分後から除菌効果を発揮したという結果が出ています。

タンクの容量に合わせて量を調整できる便利なアイテムです。

 

コジット 加湿器タンクの除菌剤ユーカリ

コジットの加湿器タンクの除菌剤は、アロマも楽しめる除菌剤となっています。

ラインナップは、ユーカリとラベンダーの2種類。

ユーカリは、爽やかな香りが特徴で、空気清浄効果が。ラベンダーは、フローラルななかにも爽やかさが混ざった香りが特徴で、心身のリラックス効果が期待できます。

除菌成分は大豆エキスなど食品成分でできているので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心です。

 

清潔な加湿器を保つお手入れ方法

加湿器の汚れを防止するには、水垢やカビ、ニオイの原因になる「水分を溜めない」ということが1番の対策になります。

水道水が水垢の原因になるならミネラルウォーターが良いんじゃないかと思いがちですが、それもNG。

加湿器を正しく使い、清潔を保つ方法をご覧ください。

 

こまめに掃除する

こまめに掃除

 

加湿器は、水垢が溜まって掃除するのが大変になる前に、こまめに掃除する方が簡単でラクに掃除できます。

ほかの家事に影響がないようスケジュールを組んで、掃除を習慣化すると加湿器を掃除し忘れるということがなく、いつも清潔を保つことができますよ。

 

毎日行いたい掃除

水を給水するたびに、タンクのキャップや中を水洗いするようにしましょう。

タンクの水は3日分ほど溜められますが、できれば毎日換えてその都度水洗いすることをおすすめします。

 

週に1回行いたい掃除

エアフィルターは週に1度ほこりを掃除機で吸い取りましょう。

ほこりでフィルターの目が詰まってしまうと、加湿機能が低下し、送風の音が大きくなることがあります。

 

隔週で行いたい掃除

内部フィルターやトレイは2週間に1度水洗いしましょう。

内部フィルターやトレイは常に水分が付着する場所なので、放置しておくと水垢が蓄積して掃除するのが大変になってしまいます。

水洗いしたあとは、布でやさしく拭き取り、ある程度乾燥させてからセットしましょう。

 

月に1度行いたい掃除

月に1回はクエン酸を使って徹底的に掃除し、水垢を除去しましょう。

こまめに水洗いなどのお手入れを行っていても、水垢はどうしても避けられないもの。

上記でご紹介した方法で水垢をキレイに掃除してくださいね。

 

水を溜めない

水を溜めない

 

加湿器の清潔を保つためには、水を溜めないことも大切です。

特にタンクの下にあるくぼみは、水が溜まりやすく、ピンクや赤いヌメリや黒カビが発生してしまうこともあります。

これらの菌が繁殖すると、水蒸気とともに部屋中に拡散して健康に悪影響を与えるため、水を溜めないようにして原因を断ち切ることが大切。

給水するたびにチェックして、水が溜まっていれば布などで吸い取り、エタノールなどで消毒しておけば安心です。

 

ミネラルウォーターは使用しない

ミネラルウォーターは使用しない

 

水道水が水垢の原因になるならミネラルウォーターを使えば良いじゃないかという声が聞こえてきそうですが、ミネラルウォーターを加湿器に使うのはNGなのです。

水道水には微量の塩素が含まれているため腐りにくくなっているのですが、ミネラルウォーターには塩素が入っていないため、腐りやすくなっています。

腐りやすいということは、カビや雑菌が繁殖しやすいということ。

そのため、各家電メーカーは、加湿器には水道水を使うようにと推奨しているのです。

 

まとめ

加湿器クエン酸

 

加湿器は空気清浄機とセットになった、加湿空気清浄機を年中使っているというご家庭が多いことと思います。

加湿器は使いっぱなしで掃除せずにいると、水垢が蓄積して雑菌が繁殖してしまいます。

クエン酸を使えば、蓄積した水垢も簡単に落とすことができ、基本的には浸け置きや乾燥など放置するだけなので手間がかかりません。

 

面倒だと思っていた加湿器の掃除はクエン酸に任せて、いつもキレイな空気の中で過ごしましょう!

 

-掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.