掃除

トイレタンクの掃除に重曹やオキシは使えない!使える洗剤や掃除方法解説

  • トイレタンク上や内部の簡単な掃除方法や頻度が知りたい
  • トイレタンクの掃除に使える洗剤を知りたい。重曹はオキシは使える?

このような疑問をお持ちの方に向けて、トイレタンクの簡単な掃除方法や使える洗剤、頻度などを下記の3つのポイントでまとめていきます。

  • 重曹やオキシなどは絶対使わない。トイレタンク掃除の注意点
  • 掃除方法や使える洗剤、準備物
  • トイレタンクの掃除の頻度は?

トイレタンクの掃除には、水漏れなどの原因となってしまい使ってはいけない洗剤も多いので、まずはじめに注意点を読んでみてくださいね。

注意点さえ守れば、トイレタンクの掃除は手順通りに進めるとそんなに難しくなく、簡単に出来ます。

トイレタンクの掃除をしないままでタンク内が汚れ、カビが発生してしまうと

  • 掃除しているのに、すぐに便器が黒ずむ
  • 掃除しているのに、トイレから嫌な臭いがする

という状況になりやすくなってしまいます。ですので、定期的に掃除してみてください。

トイレタンクの掃除に重曹やオキシなどは絶対使わない。使える洗剤は?

洗剤

実はトイレタンクの掃除には、水漏れなどの原因となる恐れがあるため使えない洗剤が多いのです。

使えない洗剤や使える洗剤は下記の3つに分けられます。

  • 【絶対使わない】重曹やオキシ、カビキラーなどアルカリ性のもの。
  • 【絶対使わない】クエン酸など酸性のもの
  • 【使用OK】トイレ用スプレー式中性洗剤

それぞれ解説します。

トイレタンク掃除には、重曹やオキシなどアルカリ性のものは使えない

重曹

トイレタンク掃除には、重曹やオキシ、カビキラーなどのアルカリ性のものは絶対に使わないでください。

なぜなら、タンク内部の樹脂製やゴム製の器具を痛め、止水不良などの不具合や水漏れして家財などをぬらす恐れがあるからです。

TOTOやリクシルなどのトイレメーカーの公式サイトには、アルカリ性洗剤の使用禁止について、注意書きがあります。

参考:TOTO
リクシル

下記が、トイレタンクの掃除に使ってはいけない代表的なアルカリ性洗剤です。

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム(オキシクリーンなどの酸素系漂白剤)
  • カビキラーやカビハイター

特に、重曹やオキシは日常的な掃除の延長で気軽に使ってしまいがちですが、使わないように注意しましょう。

注意

トイレタンクに投入するだけでOKと謳われているアルカリ性の洗剤が「トイレタンク用」として販売されていることがあります。

また、ネット上の記事にはそのような洗剤や重曹やオキシをタンク内に投入することが推奨されている場合があります。

しかし、トイレタンク内を傷つけ、水漏れなどを引き起こす可能性があるので、アルカリ性の洗剤は絶対に使わないように注意してください。

トイレタンク掃除には、クエン酸など酸性のものは使えない

クエン酸

トイレタンク掃除には、クエン酸などの酸性のものも絶対に使わないでください。

なぜなら、タンク内部の樹脂製やゴム製の器具を痛め、止水不良などの不具合や水漏れして家財などをぬらす恐れがあるからです。

TOTOやリクシルなどのトイレメーカーの公式サイトには、酸性洗剤の使用禁止について、注意書きがあります。

参考:TOTO
リクシル

下記が、トイレタンクの掃除に使ってはいけない酸性の一般的な洗剤です。

  • クエン酸
  • 酢酸(水回り用ティンクルなど)
  • 塩酸(サンポールなど)

注意

クエン酸は水垢を落とす作用があるため、ネット上の記事などでトイレタンク上の手洗い場の掃除におすすめされている場合があります。

しかし、クエン酸が水洗い場からタンク内部に入ってしまうと、樹脂やゴムを傷めてしまう恐れがありますので、使わないでください。

【使用OK】トイレ用スプレー式中性洗剤のみ

画像引用:花王

トイレタンクの掃除に唯一使えるものが、中性洗剤です。

このようなトイレ用中性洗剤であれば、タンク内の樹脂がゴムを傷つけす、ふたや内部に使うことが出来ますので、こちらを準備してください。

※ただし、タンク内部の金属には触れないように注意しましょう。劣化の恐れがあるためです。もし触れてしまったら、その部分を水拭きするようにしてください。

注意

中性であっても、芳香洗浄剤なども使用しないでください。(手洗い場に置くタイプの洗剤など)

なぜなら、アルカリ性や酸性の洗剤と同じように、タンク内部の樹脂製やゴム製の器具を痛め、止水不良などの不具合や水漏れして家財などをぬらす恐れがあるからです。

参考:TOTO

トイレタンクの掃除方法や準備物

トイレタンク2

次に、実際にトイレタンクを掃除する方法や準備物についてをまとめます。

  • トイレタンクの掃除をする際の準備物
  • トイレタンクの掃除をする手順

それぞれ解説していきます。

トイレタンクの掃除をする際の準備物

マイナスドライバー

トイレタンクの掃除をする際の準備物は、下記の6点です。

  1. トイレの取扱説明書
  2. マイナスドライバー
  3. 手袋
  4. トイレ用中性洗剤(トイレマジックリンなど)
  5. スポンジ
  6. 雑巾などの布

となります。

※最初に詳しく解説しましたが、トイレタンクの掃除には重曹やオキシ、カビキラーなどの酸性の洗剤、クエン酸などの酸性の洗剤は使用できません。タンク内の樹脂やゴムを傷め、水漏れ等の原因となってしまうからです。

使えるのはトイレ用中性洗剤のみなので、必ずそちらで掃除してください。

トイレタンクの掃除をする手順

リスト

トイレタンクの掃除の手順は、下記の10ステップです。

工程が多いように見えますが、実際ひとつひとつの作業は難しくありません。

  1. トイレの取扱説明書を確認する
  2. トイレの止水栓を閉める
  3. トイレタンクの中の水を流す
  4. トイレタンクのふたをはずす
  5. (手洗いがある場合)手洗い金具を外す
  6. (手洗いがある場合)トイレタンク上部の手洗い部分を洗う
  7. トイレタンク内汚れ部分を洗う
  8. 洗剤が付いた部分を水拭き・水洗いする
  9. トイレタンクのふたを閉める
  10. トイレの止水栓を開ける

それぞれ詳しく説明します。

①トイレの取扱説明書でタンクのふたが外せるか確認する

まず最初に、該当のトイレがタンクのふたを外せるタイプかを確認してください。

タンクのふたの外し方の記載がある場合は良いですが、ない場合は感電・故障の恐れがあるため、メーカーや業者に掃除を依頼する必要があります。

無理に自分で開けるのはやめましょう。

②トイレの止水栓を閉める

トイレの近くにある止水栓を、マイナスドライバーで閉めます。

③トイレタンクの中の水を流す

タンク内の水を減らすため、一度洗浄してタンク内の水を流します。

④トイレタンクのふたをはずす

自分で外せるタイプであれば、タンクのふたを外します。タイプによって外し方が異なるので、確認したうえで外して下さい。

  • 【手洗いなしタイプの場合】ふたを垂直に持ち上げる
  • 【手洗いありタイプ・管で接続されていない場合】ふたを垂直に持ち上げる
  • 【手洗いありタイプ・管で接続されている場合】まずふたを起こし、じゃばら管に接続している部分のナットを、手で左(反時計まわり)にまわす

参考:TOTO

注意

外れない場合は無理して自分で外すのはやめましょう。
落として割ってしまうことがあります。その場合はトイレのメーカーか業者に確認しましょう。

⑤(タンク上に手洗いがある場合)手洗い金具を外す

トイレタンク上部に手洗いがある場合は、手洗い金具を外します。

細かい部品が順番通りに付いているので、順番を忘れないようにしてください。

⑥(タンク上に手洗いがある場合)タンク上の手洗い部分を洗う

タンク上部に手洗いがある場合は、スポンジに中性洗剤をつけて洗っていきます。

⑦トイレタンク内部の汚れ部分を洗う

トイレタンク内部の汚れている部分を、スポンジに中性洗剤をつけて洗っていきます。

雑巾などの布に中性洗剤を染み込ませ、しばらく張って放置しても良いです。

※タンク内の金具に洗剤が付かないように注意してください。もし付いてしまったら、その部分を水拭きしてください。

⑧トイレタンク上部や内部を水拭き・水洗いする

中性洗剤が残らないように、タンク上部や内部の洗剤が付いた部分を水拭きしましょう。水洗いしても良いです。

⑨トイレタンクのふたを閉める

タンクのふたを閉めます。

落としたり、衝撃があると割れてしまうので、静かに閉めましょう。

⑩トイレの止水栓を開ける

最後に、トイレの止水栓を開ければ終了です。

トイレタンク内の掃除の手順は以上です。

もし上記のステップを踏んでも汚れがひどく、落ちない場合や自分で掃除が難しい場合は、無理をせずメーカーや業者に確認し掃除してもらうようにしましょう。

無理に掃除するとタンクを傷つけ、水漏れなどの原因となってしまう恐れがあります。

ユニットバスのトイレタンクの掃除方法は?

説明

ユニットバスの場合も、基本的に掃除方法は同じです。まず、トイレタンクのふたを外すため取扱説明書を確認する必要があります。

  • 【取扱説明書が確認できトイレタンクのふたが外せる場合】は、基本的に普通のトイレと同じ方法で掃除して良いでしょう。
  • 【賃貸などで取扱説明書が確認できない場合】は、ふたを外しても良いかオーナーや管理会社に確認してみてください。

無理にタンクを外してしまうと故障や水漏れが起きてしまう可能性があるため、必ずオーナーや管理会社に確認してから、掃除するようにしましょう。

トイレタンクの掃除の頻度は?

掃除道具

トイレタンクの掃除の頻度は下記の2パターンに分けられます。

  • 【日常的に】トイレタンク上部の手洗い場のみ
  • 【定期的に】トイレタンク上部の手洗い場+タンク内部

それぞれ解説します。

トイレタンク上部の手洗い場の掃除頻度の目安

トイレタンク上の手洗い場を簡単に掃除する場合は、下記のポイントで掃除してみてください。

  • 頻度…週に一度を目安に
  • 方法…布に中性洗剤を付けて拭き、水拭きで仕上げる

です。

※ただし、汚れや臭いが気になる場合は、その都度掃除してください。

手洗い場は常に水しぶきがかかりホコリも付きやすいので、週に一度は掃除したいですね。

また、拭くだけでは汚れが落ちないと感じてきたら、ふたを外して中性洗剤で洗ってみても良いでしょう。

トイレタンク内部の掃除頻度の目安

トイレタンク上部の手洗い場に加え、タンク内部までじっくり掃除する場合は、下記のポイントで掃除してみてください。

ただし、それ以外でも汚れが目立ってきたら行うようにしてください。

  • 頻度…半年に一度を目安に
  • 方法…記事内のトイレ掃除の方法を参考にしてみてください

です。

トイレタンク内部は、半年に一度くらいは汚れ具合を確認し、掃除してみてください。

※ただし、汚れや臭いが気になる場合は、その都度掃除してください。

トイレタンク内部の掃除をしないままだと、下記のような状況となる恐れがあります。

  • 掃除しているのに、すぐに便器が黒ずむ
  • 掃除しているのに、トイレから嫌な臭いがする

そうなってしまうとカビが発生してしまっている状況で汚れを落とすのは大変です。なので、定期的に掃除してくださいね。

まとめ

この記事では、トイレタンクの掃除方法についてまとめました。

まず最初に、トイレタンクの掃除には、アルカリ性や酸性など使ってはいけない洗剤があることに注意してください。

特に重曹やオキシ、クエン酸などは日常の掃除の延長で気軽に使ってしまいやすいので、気を付けましょう。

アルカリ性や酸性の洗剤を使ってしまうと、タンク内部の樹脂やゴムの部分が劣化し、水漏れなどを起こしてしまう恐れがあります。
そのため、タンク上部の手洗い場やタンク内部は中性洗剤を使ってください。

トイレタンクの掃除は工程が多いように見えますが、手順通りにやれば難しくなく、簡単に掃除できます。

トイレタンクの掃除をしないままだと、

  • 掃除しているのに、すぐに便器が黒ずむ
  • 掃除しているのに、トイレから嫌な臭いがする

などの状況になってしまいます。

ですので、トイレをいつも清潔に保つには、便器だけでなくタンクの内部からしっかり掃除することが重要です。

-掃除

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.