掃除

シャワーヘッドの掃除にカビキラーやセスキ炭酸ソーダはNG?簡単な掃除方法まとめ

 

  • シャワーヘッドってどうやって掃除するの?
  • シャワーヘッドの掃除にカビキラーは使える?
  • カビや水垢汚れを防ぐ方法は?

シャワーヘッドの掃除に対してこのような疑問を持つ方に向けて、シャワーヘッドの掃除に使える洗剤や方法、カビや水垢汚れの対処法について3つのポイントをまとめていきます。

 

シャワーヘッドの掃除3つのポイント

  • 【カビキラーやつけ置きはNG】シャワーヘッドの掃除にNGの洗剤や方法
  • 【簡単】シャワーヘッドの掃除方法 カビや水垢汚れに
  • シャワー後に簡単にできる、カビ&水垢汚れを防ぐ方法

ポイント

シャワーヘッドの掃除には、使えない洗剤やしてはいけない掃除方法がありますので、まず最初に解説します。
次に、シャワーヘッドの簡単な掃除方法や、カビや水垢の汚れが付いたときの対処法についてまとめます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

みゆき
シャワーヘッドをきれいに掃除して、快適に入浴しましょう♪

 

シャワーヘッドの汚れの原因

 

シャワーヘッドの汚れの原因は、

  • 水垢
  • 石鹸カス
  • 皮脂

以上の3つが主にあります。

 

シャワーの水だけでなく、身体や頭を洗ったときや流した時に出る、皮脂や石鹸カスがシャワーヘッドに飛び散ります。

定期的にシャワーヘッドを掃除していれば大丈夫ですが、汚れたままにすると水垢や石鹸カス・皮脂をエサに、カビが発生します。

 

カビが出る前に、定期的に掃除をする必要があります。

 

【カビキラーやセスキ炭酸ソーダはNG】シャワーヘッドの掃除にNGの洗剤と掃除方法

NG画像

 

シャワーヘッドは表面や内部にプラスチックやゴム部分が使われていることが多いため、掃除には使ってはいけない洗剤や、してはいけない掃除方法があります。

掃除の前に確認してください。

 

カビキラーやセスキ炭酸ソーダ・クエン酸などはシャワーヘッドの掃除にはNG

クエン酸

 

シャワーヘッドの掃除には、変色や破損の恐れがあるため、下記の種類の洗剤は全て使えませんのでご注意ください。

 

【シャワーヘッドの掃除に使えない洗剤】
酸性洗剤 ・クエン酸
・酢酸(お風呂用ティンクルなど)
・塩酸(サンポールなど)
アルカリ性洗剤 ・カビキラー
・重曹
・セスキ炭酸ソーダ
・過炭酸ナトリウム(オキシクリーンなど)
塩素系洗剤 ・カビハイターなど
洗い粒子の洗剤 ・ジフバスクレンザーなど

です。

なぜなら、多くのシャワーヘッドには表面や内部に使われる樹脂(プラスチック)やゴムの部分が使われているので、酸性やアルカリ性、塩素系の洗剤を使うと樹脂(プラスチック)やゴム部分の変色や破損の恐れがあるためです。

それが結果的に、シャワーヘッドの水漏れや故障の原因ともなってしまいますので、注意してください。

TOTOやリクシル(INAX)、タカギなどのシャワーの取扱い説明書には注意書きが記載されていますので、確認してみて下さい。

(参考:TOTO
LIXIL
タカギ

注意ポイント

シャワーヘッドに付く汚れは水垢(アルカリ性)の汚れのため、ネット上にはアルカリ性の汚れに強いクエン酸や酢での掃除を勧める記事が散見されます。

「汚れを落とす」ことは出来るかもしれませんが、シャワーヘッドの変色や破損、結果的に水漏れや故障の原因となる恐れがあります。

そのため、酸性やアルカリ性の洗剤は使わないように注意してください。

 

つけ置き洗いもNG!

つけ置き

 

シャワーヘッドは、詰まりや変色、破損の恐れがあるためつけ置き洗いもしてはいけませんのでご注意ください。

理由は下記の2点があります。

  • 1つめの理由は、詰まりの原因となる恐れがあるからです。
    つけ置くことで散水板や吸気口(エアインシャワーの場合)などから水中のごみや髪の毛、洗剤を吸い込んでしまいます。
  • 2つ目の理由は、樹脂(プラスチック)やゴム部分が変色したり、破損する恐れがあるからです。
    洗剤に長時間付けて置くと、洗剤の成分でシャワーヘッド表面や内部のプラスチックやゴム部分に影響を与えてしまいます。

多くのシャワーヘッドでは、表面や内部にプラスチックやゴムが使用されているので、注意が必要なのです。

TOTOでは、シャワーヘッドの取扱い説明書につけ置き洗いへの注意喚起が記載してあります。

また、他メーカーでも掃除方法につけ置き洗いは推奨されていませんので、ご注意ください。

(参考:TOTO

注意ポイント

つけ置き洗いは簡単に出来ることもあり、ネット上にはシャワーヘッドをクエン酸や酢でのつけ置き洗いを勧める記事が散見されます。

簡単に出来る方法かもしれませんが、シャワーヘッドの変色や破損、結果的に水漏れや故障の原因となる恐れがあります。

そのため、つけ置き洗いはしないように注意してください。

 

【簡単】シャワーヘッドの掃除方法!カビや水垢汚れをスッキリ♪

 

次に、シャワーヘッドにカビや水垢が付いてしまい、汚れたときの対処法についてまとめていきます。

  • シャワーヘッドの表面に白い水垢が付いてしまったときの対処法
  • シャワーヘッドに黒いカビが付いてしまったときの対処法

それぞれ解説します。

 

シャワーヘッドの表面に白い水垢がある場合の掃除方法

出典:kao

 

シャワーヘッドの表面に付いた白い水垢の掃除方法は、「優しく水拭きする。落ちないときは薄めた中性洗剤を使う」です。

道具や手順は下記の通りです。

【シャワーヘッドのフィルターを掃除する方法】
道具 ・水拭き用の布
・乾拭き用の布
洗剤 浴室用中性洗剤(バスマジックリンなど)を100倍に薄めたもの
手順 水またはぬるま湯に浸した布をよく絞って汚れをふき取る
落ちない場合は 薄めた台所用中性洗剤を含ませた布で汚れをふき取ったあと、水洗いして、乾拭きする

シャワーヘッドの散水板は傷付きやすいので、スポンジなどでこすらないように注意してください。

 

中性洗剤でも汚れが落ちないときは?

中性洗剤でも汚れが落ちないときは、TOTO蛇口まわりのクリーナーを使っての掃除がおすすめです。

TOTO蛇口まわりのクリーナーはアルカリ性ですが水栓を傷付けることなく、水垢汚れを効果的に落とすことができるのが特徴です。

※TOTO蛇口まわりのクリーナー以外のアルカリ性の洗剤はシャワーヘッドの変色や破損の恐れがあるため使わないでください。

 

シャワーヘッドにカビが付いているときの掃除方法

 

シャワーヘッドにカビが付いてしまったときは、シャワーヘッドを交換するしか方法がありません。

なぜなら、カビハイターなどのカビに効く強アルカリ性洗剤は成分が強いので、シャワーヘッドの変色や破損の危険性があるからです。

各メーカーはシャワーヘッドの掃除にカビハイターを使うことは禁止しています。

(参考:TOTO
LIXIL
タカギ)

また、表面のカビだけ掃除出来たとしても目に見えず掃除の出来ない内部までカビが浸透している可能性は高く、使い続けると体に悪い影響を及ぼす可能性があるので注意してください。

そのため、シャワーヘッドにカビが生えてしまった場合はシャワーヘッドを交換するようにしましょう。

シャワーヘッドの交換はとても簡単に出来ますし、価格も3,000円代~と購入しやすいものも多数あります。

 

シャワーヘッドにカビや水垢汚れをつけない方法

 

シャワーヘッドに汚れを蓄積させないコツは

  • 使用後に水を流す
  • シャワーを上の方にかける

以上の2点です。

 

これから順番に説明します。

 

使用後に水を流す

 

石鹸カスや皮脂の汚れなどを溜めないために、シャワーを浴びた後は水で流すようにしましょう。

また、水垢を防止するために使用後、シャワーヘッドを上下に振って水を振り落とすことも大切です。

 

それでも水滴が気になる方は、タオルなどでシャワーヘッドの噴水面を拭きましょう。

 

シャワーを上の方にかける

 

浴室は高いところの方が空気の流れがあり、湿気がこもりにくいです。

なので、シャワーを上の方に引っ掛けることで、カビの発生を防ぐことができます。

また入浴した後2時間は、お風呂全体の湿度を下げるために、換気扇を必ずかけるようにしましょう。

お風呂上りにタオルやスクイージーなどで水気をサッと取っておけば、湿度が上がるのを防ぐことができるのでおすすめです。

 

以上の2点を行うことで、

  • 汚れのこびり付き
  • カビの発生

を防ぐことができます。

 

【メンテナンス編】シャワーヘッドの掃除方法

 

綺麗にカビや水垢の汚れを取った後も、定期的なメンテナンスが不可欠です。

シャワーヘッドの掃除は、表面と内部、大きく分けて2つの部分の掃除があります。

  1. 散水板の掃除(お湯が出てくる穴があるシャワーの表面側)
  2. フィルターの掃除(シャワーヘッド内部の根元)

シャワーヘッドの掃除には、散水板だけでなくフィルターの掃除が必要です。

なぜなら、フィルターが汚れているとシャワーの出が悪くなる原因となるからです。

【毎日簡単に】シャワーヘッドの散水板を掃除する方法
【半年に1回は】シャワーヘッドのフィルターを掃除する方法

それぞれの掃除方法を解説していきます。

※ただし、掃除方法は一例となり、メーカーや品番によっては掃除方法が異なる場合もあります。

掃除前に一度取扱説明書を確認してみてください。

 

【毎日簡単に】シャワーヘッドの散水板を掃除する方法

タオル

 

毎日簡単にシャワーヘッドの散水板を掃除する方法は、「シャワーの表面の散水板を、毎日の使用後に乾いた柔らかい布で拭く」ことのみです。

【シャワーヘッドの散水板を掃除する方法】
道具 タオルなどの乾いた柔らかい布
方法 使用後に拭く

なぜなら、散水板はプラスチックで作られていることが多いため酸性やアルカリ性の洗剤やスポンジなどを使うと傷付きやすいからです。

そのため、洗剤やスポンジは使わずに、タオルなどの柔らかい布で拭くだけにしましょう。

毎日使用後に水分を拭くことで汚れが付きにくくなりますし、カビや水垢などの予防にもなります。

 

【半年に1回が目安】シャワーヘッドのフィルターを掃除する方法

歯ブラシ

 

半年に一度シャワーヘッドの根友のフィルターを掃除する方法は、「歯ブラシを使って水洗いすること」です。

道具や手順は下記の通りです。

【シャワーヘッドのフィルターを掃除する方法】
道具 歯ブラシ
洗剤 必要なし
方法 水洗いする
手順 1.シャワー水栓を閉める
2.手でシャワーヘッドを回してゆるめ、フィルターを外す
3.フィルターに詰まったゴミなどを洗面器などで水洗いする(画像参照)
4.フィルターを取り付ける
5.シャワーヘッドを付ける
注意点 変色や破損防止のため洗剤は使わず、水洗いのみ

TOTOシャワーフィルター掃除

出典:TOTO

 

変色や破損防止のためフィルター部分も洗剤は必要ありませんので、水洗いのみで掃除してください。

シャワーヘッドのフィルターを掃除することで、シャワーの出が改善されることが期待できます。

 

シャワー穴の掃除は必要!?

散水板のシャワー穴が汚れで詰まっているとき、INAX(リクシル)のシャワーでは穴を針などで刺す方法が推奨されています。

INAXシャワー穴掃除

出典:LIXIL

その場合、散水板の取外しが可能なタイプは、散水板を取り外した上で目詰まりを取るようにしてください。

また、INAX以外のメーカーでは推奨されていませんので、ご注意ください。

 

まとめ

 

この記事では、シャワーヘッドの掃除方法や掃除の際に使う洗剤についてまとめました。

シャワーヘッドには樹脂(プラスチック)やゴムなどの部品が多く使われており、傷付きやすいのが特徴です。そのため、洗剤や掃除道具には制約がありますので注意しましょう。

  • 重曹やオキシクリーンなどの酸性の洗剤やクエン酸などの酸性の洗剤は使わない
  • 水垢などが付いてしまい洗剤を使いたいときは、バスマジックリンなどのお風呂用中性洗剤を薄めて使うか、TOTO蛇口まわりのクリーナーなどの専用のものを使う
  • 道具に関しては、スポンジなども基本的には使わず、掃除の際は柔らかい布で拭くようにする

などのポイントを守ってください。また、掃除方法にも注意が必要です。

  • つけ置き洗いは、シャワー穴から水やゴミを吸い込んでしまい、詰まりの原因となる恐れがあるのでやめること

を守ってくださいね。

シャワーヘッドの掃除の基本は、柔らかい布で優しく拭くことです。

もしシャワーヘッドにカビが生えてしまった場合は、内部までカビが浸透している可能性が高いです。

身体にも悪い影響を与える恐れがありますので、カビが生えてしまった場合はシャワーヘッドを交換するようにしてください。

-掃除

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.