炊事

【CM話題】クックパーの使い方!オムライスや焼き魚などが気軽に作れる!

クックパーの使い方

 

以前、義母から『便利よ~♪』といただいたクックパーのフライパン用ホイル。「#真実のレシピ」のCMでも話題ですよね。

使ってみると、普通のアルミホイルと違って焦げ付きにくく、フライパンを洗う負担が劇的に減って、それからは我が家の必需品となりました!

今回は、クックパーのフライパン用ホイルの特徴や使い方、商品ラインナップをご紹介します!

クックパーを使えば、面倒かつ難しかったオムライスや焼き魚などの料理も簡単に作れてしまいますよ。レシピも掲載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

クックパーとは?

クックパー

 

クックパーは、フライパンなどに敷いて焦げつきを防ぐことができるアルミホイルです。

普通のアルミホイルは、お餅や焼き魚などを乗せて焼くと焦げ付いてしまいますよね?

クックパーは表面にシリコーン樹脂加工がされているので、食材のくっつきを防ぐことができるんですよ!

フッ素加工やテフロン加工がされたフライパンは、しばらく使い続けると効果が薄れてしまいますが、そんなときにクックパーを使うと焦げ付きだけでなく、フライパンへのニオイ移りを防ぐことができます。

 

クックパーのメリットとデメリット

クックパーのメリット・デメリット

 

クックパーのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

メリット1.ノンオイル調理が可能

クックパーは食材がくっつきにくいので、フライパンに敷くだけでノンオイル調理が可能です。

小さなお子さんへのご飯、ダイエットしている、健康上の理由で油を控えなければならない、など油を使いたくないときにクックパーがあると便利です。

 

メリット2.焦げ付きにくい

クックパーの表面はシリコン樹脂加工がされているので、焦げ付きやすい漬けの魚やお餅などの調理も簡単にできます。

フライパンは、購入したての頃は加工が効いているためくっつきにくいのですが、調理するたびにフッ素が取れていくので焦げ付きの原因になってしまいます。

クックパーを敷いて調理すれば、焦げ付きやすい食材でも簡単にキレイな焼き目を付けられて美味しく作ることができますよ!

 

メリット3.片付けがラク

クックパーの上で調理すれば、フライパンはサッと洗い流すだけで良いので後片付けもラクです。

オーブンの天板にも敷くことができます。

脂の多い鶏肉や青魚などを焼いても、調理後は脂がこぼれないようクックパーで包んで捨てるだけなので、脂でギトギトのフライパンを洗う必要がありません。

また、魚焼きグリルを使わなくても調理することができるようになるので、グリルの面倒な掃除からも解放されますよ!

 

メリット4.フライパンの加工が長持ち

フライパンを使ったあとは、スポンジなどでゴシゴシと洗っているかと思いますが、徐々にフッ素などの加工が剥がれていってしまいます。

クックパーを使えば、調理や片付けの際の摩擦を防ぐことができるので、フライパンを長持ちさせることにつながります。

 

デメリット1.アルミホイルより高価

デメリットは、通常のアルミホイルと比べて高価であるという点。

通常のアルミホイルは、100円以下で販売されていることも多いのですが、クックパーは200円近くしてしまいます。

表面に特殊なシリコーン樹脂加工がされているので、コストはどうしてもかかってしまいます。

 

デメリット2.グリルと違って油が流れない

グリルで魚や鶏肉などを焼くと、脂が出てきても流れ出るような仕組みになっていますよね。

ですが、クックパーの場合、フライパンやグリル板などに敷いてから使うものなので、脂がたくさん出ても流れずに溜まってしまいます。

焼けても脂まみれになり、ベチャっとした仕上がりになってしまうので、こまめにキッチンペーパーで吸い取るか、グリルで焼いた方がパリッと美味しく仕上がります。

 

クックパーの使い方は超簡単!

クックパーの使い方は、とっても簡単!基本的な使い方を見ていきましょう。

 

1.フライパンの大きさに合わせカット

クックパーを適当なサイズにカット

 

クックパーをフライパンの大きさに合わせてカットしましょう。

脂が多く出るような食材を調理する場合、底の部分よりも大きめにカットし、深めになるよう調整します。

フライパンの外にはみ出ないようにしましょう。

 

2.フライパンに密着させるように敷く

クックパーをフライパンに敷く

 

カットしたクックパーをフライパンに密着するように乗せましょう。

クックパーと書いてある方が上です。

 

3.食材を焼く(弱火~中火が目安)

クックパーを使い目玉焼きを作る

フライパンに汚れがまったく付かない!

 

食材を乗せて、弱火から中火の火加減で調理しましょう。

強火で長時間調理すると、焦げ付き防止効果が落ちることがあるので、中火以下で調理してくださいね。

 

4.脂や汁がこぼれないようクックパーを包んで捨てる

クックパーの捨て方

冷めたら包んで捨てるだけ!

 

クックパーの端を菜箸などでつまみ、手で持ちやすいようにしましょう。

ヤケドに注意しながら、手でクックパーを持ち上げて捨てます。

食材から脂や水分が出た場合は、こぼれないよう形を整えながら持ち上げて捨ててくださいね。

 

クックパーの使い道。面倒な料理の時短になります!

クックパーを使えば、今まで難しくて上手くできなかった料理も美味しく作れるようになります。

ここからは、クックパーを使ってできる難易度高めのレシピをご紹介します!

 

油なしの目玉焼きが作れる

目玉焼き

 

目玉焼きは、油が多すぎると周りが硬くなったり焦げたりしてしまいますし、油が少なすぎるとフライパン全体に油が行き届かずくっついてしまい、意外と難しいんですよね。

クックパーなら、油いらずで上手に目玉焼きを作ることができますよ!

 

オムライスの卵が上手に包める

 

オムライスの卵包みは、破けて上手く包めないことが多いですよね!

クックパーを使えば、卵を焼き、チキンライスを中央に乗せたら、クックパーごと持ち上げてお皿に乗せて、形を整えてクックパーを外すだけ。

簡単にプロが巻いたようなオムライスの完成です!

旭化成 レシピライブラリ

 

具だくさんオムレツが崩れない

 

オムレツはただでさえ巻くのが大変ですが、スパニッシュオムレツのように具がたくさん入るオムレツは崩れてしまうことがありますよね。

クックパーを使えば、崩れることなくキレイなオムレツを作ることが可能です。

旭化成 レシピライブラリ

 

焼き目付きの焼き魚が作れる

 

魚を焼くとニオイが気になりますよね。グリルで焼けば後片付けも大変です。

クックパーを使ってフライパンで焼けば、鮭などの焼き魚もこんがりキレイな焼き目つきで、フタをすればふっくらと美味しく仕上がります。

後片付けもクックパーを外して捨てるだけ!ニオイ移りの心配がないのはうれしいですよね。

旭化成 レシピライブラリ

 

しょうゆ漬けなどの魚も焦げ付かない

 

しょうゆや砂糖が使われている魚の漬けを焼くと、中は生なのに表面は焦げてしまうことがありますよね。

クックパーを使えば、くっつきにくい設計で焦げにくいので、照り焼きなどもキレイに焼くことができますよ!

旭化成 レシピライブラリ

 

チーズフォンデュも後片付けがラク

 

チーズフォンデュは、チーズを温める専用の道具が必要だったり、食べたあとはチーズがこびりついて後片付けが大変だったりしますよね!

クックパーがあれば、容器の形に成形してチーズを入れ、ホットプレートで温めるだけ!

チーズフォンデュ専用の道具も必要ありませんし、使用後は捨てるだけなので跡形助も簡単です!

旭化成 レシピライブラリ

 

イラスト付きパンケーキが焼ける

 

クックパーにチョコペンでイラストを描き、上から生地を流して焼くと、イラスト付きパンケーキが完成!

ふつうにフライパンでやると焦げてしまうことが多いのですが、クックパーはくっつきにくいのでキレイに作ることができますよ。

文字を書くときは、反転させて書きましょう。

旭化成 裏ワザレシピ

 

2種類の料理が作れる

参照:旭化成 レシピライブラリ

お弁当作りなどたくさんの料理を作る必要があるとき、いちいちフライパンを洗ったり、別のフライパンを使ったりすると思いますが、洗い物が大変ですよね。

クックパーは、アルミホイルのように好きな形に成形できるので、フライパンの中で仕切りを作ることが可能。

片方で焼き物、もう片方で炒め物というように、同時に2種類の料理を作ることができますよ!

 

クックパーの商品ラインナップ

クックパーは、サイズと長さの種類が豊富なので、フライパンやトースターなどのサイズに合わせて購入することができます。

20cm×3m
25cm×3m
25cm×7m
25cm×12cm
25cm×20m
30cm×3m
30cm×7m
30cm×20m

 

クッキングシートは電子レンジ対応

参照:旭化成

同じくクックパーのクッキングシートもあります。

こちらもシリコーン樹脂加工されている熱に強い紙なので、食材がくっつきにくく、お菓子などの調理に向いています。

また、蒸気を通すので蒸し料理にも便利!

ご紹介してきたフライパン用のホイルタイプは、金属なので電子レンジに使用することができませんが、こちらのクッキングシートは電子レンジもオーブンにも対応していますよ。

 

まとめ

クックパー フライパン用ホイルの便利さがお分かりいただけたと思います。

なんと言っても、魚を焼いても後片付けがラク!というのがポイント高いですよね!

フライパンで魚を焼いた後でも、汚れないしニオイも付かないので、1つのフライパンですぐほかの調理に取りかかれます。

クックパーを使えば、ぶりの照り焼きなど漬けの焼き魚も上手に焼け、オムライスの卵もチキンライスに上手に巻くことができます!

サイズも豊富に揃っているので、ぜひお使いのフライパンのサイズを確認して使ってみてくださいね!

-炊事
-,

Copyright© 家事タウン , 2022 All Rights Reserved.