掃除

クエン酸スプレーの基本的な作り方!水垢落とし・消臭・除菌に使える

 

ナチュラルな洗剤で掃除したいという方に、重曹やクエン酸を使うのがおすすめです。

環境に負担がかからないだけでなく、人にもやさしいので小さいお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えますよ。

 

今回は、クエン酸を使ったお掃除方法をご紹介!

クエン酸スプレーの基本的な作り方や使い方、クエン酸スプレーの注意点などをまとめているのでぜひ最後までご覧ください。

クエン酸スプレーで掃除すると、鏡や蛇口がピカピカになると気分も上がりますし、消臭効果で空気もキレイに感じますよ!

 

クエン酸スプレーの作り方

アルコール除菌スプレーおすすめ

 

クエン酸スプレーの基本的な作り方をご紹介します。

  • クエン酸……小さじ1杯
  • 42℃程度のお湯……200ml
  • スプレーボトル
  • ゴム手袋
  • ラップ
  • キッチンペーパー

 

水よりぬるま湯の方がクエン酸が溶けやすいのと、汚れが落ちやすくなるので42℃程度のお湯を準備してください。

しっかり溶けるまでスプレーボトルを振りましょう。

ちなみに、上記の濃度は基本的な量です。

汚れ落ちをさらに良くしたい場合は、濃度を上げて試してみてくださいね。

乾燥したときにクエン酸が残って白い拭き跡が出てきた場合は、水拭きしてしっかり拭き取ればOKです。

 

手が荒れやすい方はゴム手袋を着用すると安心です。

ラップやキッチンペーパーはクエン酸パックを行うときに必要なので、ぜひ揃えておきましょう。

 

クエン酸スプレーの使い方

クエン酸スプレーの作り方が分かったら、早速掃除に使っていきましょう。

クエン酸スプレーを使ってお掃除できる場所と掃除のやり方を説明していきます。

 

トイレの便器や消臭に

セスキ炭酸ソーダの使い方 トイレ掃除

クエン酸スプレーは、トイレの便器や壁・床の消臭に効果的です。

トイレの便器には尿石の原因となる尿の飛び散りがあるので、クエン酸スプレーを使ってこすり落としていきましょう。

 

便器を掃除したのにトイレのニオイが気になる場合は、壁や床にニオイが染みついていることが原因であることも。

水を使ってもよい素材であることを確認したら、クエン酸スプレーをしてしっかり拭き取り、消臭していきましょう。

 

キッチン・浴室・洗面所の水垢

クエン酸をスプレーする

キッチンのシンク、浴室や洗面所の鏡や蛇口の水垢落としにクエン酸スプレーが使えます。

水垢に対しては、クエン酸スプレーをした後にパックをするのが簡単でおすすめです。

 

水垢が気になるところにクエン酸スプレーをして、キッチンペーパーを張り付けてラップで覆います。

2~3時間ほど放置して水垢をクエン酸のパワーで緩めましょう。

しばらく置いたらラップとキッチンペーパーを剥がしてラップを丸めてこすっていきます。

 

水垢を落とすのはとても大変なので、1度に水垢を落とせなくても大丈夫です。

何度か繰り返しクエン酸パックを行うことで徐々に落ちていきますよ。

 

まな板の除菌に

まな板の除菌

毎日まな板を除菌できたら良いのですが、なかなか塩素系漂白剤を使った除菌を行うことはできませんよね。

クエン酸スプレーなら簡単な除菌ができるので、毎日の終わりにサッとスプレーしておくとgood◎

3日に1度、せめて週に1度は塩素系漂白剤でしっかり除菌を行うとさらに安心です。

 

浴室の石けんカスや黒ずみ

お風呂掃除にもセスキ炭酸ソーダ

クエン酸は水垢だけでなく、石けんカスも落とす効果があるので、浴室の壁や床の白い汚れや黒ずみにも使えます。

シャンプーボトルやイスなどの浴室小物や、浴槽には石けんカスが付いていることが多いので、クエン酸スプレーしてクエン酸パックをしましょう。

2~3時間放置して最後にラップでこすり落として完了です。

 

お部屋の消臭に

お部屋の消臭

魚の生臭さやタバコのニオイはアルカリ性なのでクエン酸スプレーで消臭することができます。

調理のニオイはカーテンなどに付着してしまい、お部屋のニオイの原因になっていることがあります。

喫煙者がいるご家庭でもクエン酸スプレーをしてヤニ臭さを消臭していきましょう。

水分があると腐敗臭の原因になることがあるので、ゴミ箱にはクエン酸スプレーではなく、直接粉のまま振りかけてくださいね。

 

クエン酸とは?

クエン酸 使い方

そもそもクエン酸についてくわしくご存じでしょうか?

クエン酸とは、レモンやオレンジなどの柑橘系に含まれる酸味成分です。

クエン酸には、血流を改善し疲労回復効果や美肌効果が期待できるといわれています。

疲れているときに酸っぱいものを欲するのは、身体が自然にクエン酸を求めているからかもしれませんね。

 

クエン酸は健康や美容効果だけでなく、酸性という性質によりアルカリ性の汚れを中和して落としてくれる効果も期待できるのです。

 

クエン酸の効果

クエン酸の掃除に関する効果についてみていきましょう。

 

クエン酸が得意な汚れ

クエン酸が得意な汚れ

クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れに効果的であることをご説明しました。

アルカリ性の汚れに対してクエン酸スプレーをすると、アルカリ性の汚れが中和されて落としやすくなるのです。

クエン酸が得意なアルカリ性の汚れをまとめると、

  • 水垢
  • 浴室の石けんカス
  • トイレの尿石
  • アンモニア臭
  • 除菌効果

このような汚れにクエン酸スプレーは効果的です。

 

クエン酸が苦手な汚れ

カビ

クエン酸が苦手な汚れは酸性の汚れやカビ。

酸性同士なので中和することができず、油汚れや皮脂汚れなどはクエン酸スプレーでは落ちません。

酸性の汚れには重曹スプレーがおすすめです。

重曹スプレーの作り方や使い方などをまとめたページがあるので、『こちらのページ』をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

クエン酸は除菌効果は期待できますが、黒カビを漂白するパワーは残念ながらありません。

黒カビには塩素系漂白剤がおすすめです。

 

クエン酸スプレーの注意点

クエン酸スプレーは、安心して使えるエコ洗剤ですが、使えない素材もあるので注意が必要です。

使い方に関する注意点や使用期限などもあわせてご覧ください。

 

クエン酸スプレーが使えないところ

デメリット

  • 大理石やセメントなどの石材
  • アルミや鉄
  • 白木や漆器
  • 水が使えない素材

上記のような場所にはクエン酸スプレーを使うことはできません。

クエン酸はカルシウムを溶かす性質があるため大理石を溶かしてしまいます。

アルミも例えばアルミ製の鍋にクエン酸を使うと黒く変色してしまいます。

鉄製のものに使うとサビの原因になるので注意してくださいね。

 

顔より上にはスプレーしない

二酸化塩素の除菌スプレー

クエン酸は口に入っても安全ですが、目に入るととても痛い思いをします。

顔よりも上にはスプレーしないこと、狭い空間でクエン酸スプレーを使用する場合はゴーグルを着用するようにしましょう。

 

塩素系漂白剤を混ぜて使わない

洗剤に注意

クエン酸だけでは黒カビが落ちないからと、塩素系漂白剤を同時に使うことはやめましょう。

クエン酸と塩素系漂白剤が混ざると有毒ガスが発生して大変危険なので、絶対に同時使用はやめてくださいね。

 

作り置きができない

重曹水スプレー

クエン酸スプレーは落しにくい汚れを簡単に落とせる便利なアイテム。

つい、たくさん作ってストックしておきたくなりますが、水を使用するため腐敗してしまう可能性があります。

クエン酸スプレーは、使用する分だけ作るようにし、残ったクエン酸スプレーは、1~2週間以内に使い切るようにしましょう。

 

まとめ

おすすめのアルコール除菌スプレーまとめ

クエン酸スプレーの作り方や使い方についてくわしく解説してみました。

クエン酸スプレーは作り方も覚えやすく、使い方もほとんどがクエン酸パックで放置し、あとはこするだけという簡単な掃除方法でしたね。

リサーチしていくうちに、クエン酸には水垢や石けんカスに効果的であることは知っていましたが、消臭やまな板の除菌にも効果的であることは目からうろこでした。

クエン酸スプレーは使えない素材もあるので、使用する際は素材をしっかり確認してから使いましょう。

塩素系漂白剤との同時使用は絶対に避けてくださいね。

本記事のクエン酸スプレーの作り方や使い方を参考にして、水垢などのくもり汚れを取り、ピカピカにしてみてはいかがでしょうか?

-掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.