掃除

オーブントースターの掃除方法まとめ!臭いや頑固な汚れを簡単に落とす

 

「オーブントースターを掃除したい」

「オーブントースターの掃除には、オキシやクエン酸は使える?」

「オーブントースターを汚れないように使いたい」

使う機会が多いオーブントースターですが、丸洗い出来ないので掃除方法が分からず、汚れが溜まってしまうという方も多いですよね。

そこでこの記事では、オーブントースターの掃除についてお悩みの方に向けて、下記の3つのポイントをまとめていきたいと思います。

  • 【黒ずみや劣化の可能性に】オーブントースターの掃除に重曹やセスキがNGな理由
  • 【簡単】オーブントースターの掃除方法。臭いの取り方は?
  • 【アルミを敷くのはNG?】オーブントースターの汚れを防止する方法

オーブントースター内の汚れや焦げは、付いたばかりであれば落とすのはそんなに難しくありません。

ですので、こびりつかないうちに掃除してしまいましょう。

参考にしてみてください。

 

オーブントースターが汚れる原因

オーブントースターは

  • 食材のカス
  • 食ベ物の汁

などが汚れてしまう原因です。

特に食べ物の汁はそのままにしておくと、乾いてしまって中々汚れがとれなかったり、臭いが発生することもあります。

 

食材のカス

オーブントースターが汚れてしまう原因で一番多いのは、食パンやチーズなどの食材のカスです。

落ちていることに気づいていても、使用後はトースターが熱いのでしばらくそのままにしていることも。

私もよく食パンを焼くのですが、注意していても取り出す際に必ずパンくずが付きます。

この食材のカスは、熱で焦げ付いて再加熱することで、さらに焦げてこびりついてしますようです。

火傷には注意しつつ、食材のカスをすぐに取り除くようにしましょう。

 

食べ物の汁

調理中に飛び散った食材の汁も、何度も熱せられることで水分がなくなり焦げます。

焦げた汚れは見た目が黒くて汚いですし、臭いの原因にもなるのですぐに拭き取る必要があります。

ただすぐに取れる食べ物のカスとは違って、しばらくたったものは中々汚れが落ちなかったりします。

 

オーブントースターを簡単に掃除する方法

オーブントースター2

 

オーブントースターの掃除は、下記の4つに分けられますので、それぞれ方法や手順を解説します。

  • 焼き網・トレイ・受け皿の掃除方法
  • 庫内・本体・扉の掃除方法
  • ヒーターの掃除方法
  • 臭いが気になるときの掃除方法

ポイント

上の項目でも解説しましたが、オーブントースターは材質がデリケートで、洗剤や傷に弱い家電です。

そのため、汚れがこびりついてしまうと強い洗剤やゴシゴシ洗いが出来ないので、落とすのが難しくなってしまいます。

ですので、オーブントースターは中性洗剤や柔らかい布やスポンジで落とせるうちに、汚れが付いてからすぐに掃除することが重要です。

 

オーブントースターの焼き網、トレイ、受け皿の掃除方法

トースター4

 

まずオーブントースターの下記の3つについての掃除方法を解説します。

  • 焼き網
  • トレイ
  • パンくず受け皿

焼き網、トレイ、パンくず受け皿は、柔らかい布やスポンジと台所用中性洗剤で掃除してください。

塩分や油脂分で腐食してしまう可能性もあるため、使うたびの掃除が望ましいです。

掃除に使う洗剤や手順については、下記にまとめます。

【トースターの焼き網、トレイ、パンくず受け皿の掃除の手順】
頻度 使うたび(難しければ3回に1回は掃除する)
道具 ・柔らかいスポンジ
・柔らかい布
洗剤  キュキュットなどの台所用中性洗剤
手順 1.オーブントースターの電源を切り、コンセントを抜き、本体が冷えるまで待つ
2.焼き網、トレイ、パンくず受け皿を外す
3.台所洗剤を薄めて、柔らかいスポンジで洗う
4.よく洗剤をすすぐ
5.柔らかい布で水分を拭き、よく乾かす
6.十分に乾いたら取り付ける
注意点 水分が付いたままだとサビの原因となりますので、十分に乾拭きし水分が残らないように気を付ける

汚れやすいので、こびりつかないうちに汚れを落としてしまうのがポイントです。

付いたばかりの汚れであれば、上記で十分落ちます。

水分が付いているとサビの原因となるので、すすぎ終わったらよく拭いて仕上げて下さい。

 

オーブントースターの庫内、本体、扉の掃除方法

トースター5

 

次にオーブントースターの下記の3つについての掃除方法を解説します。

  • 庫内
  • 本体

庫内も柔らかい布やスポンジと台所用中性洗剤で掃除してください。

庫内は塩分や油脂分で腐食してしまう可能性もあるため、使うたびの掃除が望ましいです。本体や扉は汚れが気になったら掃除してください。

掃除に使う洗剤や手順については、下記にまとめます。

【オーブントースターの本体や扉の掃除の手順】
頻度 ・【庫内】使うたび
・【外側や扉】汚れが気になるとき
道具 ・柔らかい布3枚
・タライやバケツ
洗剤  キュキュットなどの台所用中性洗剤
手順
1.オーブントースターの電源を切り、コンセントを抜き、本体が冷えるまで待つ
2.水を張ったタライやバケツに台所洗剤を入れて薄める
3.2に柔らかい布をひたし、固く絞る
4.3で絞った布で汚れを拭き取る
5.別の柔らかい布で水拭きする
6.別の柔らかい布で乾拭きする
注意点 ・扉は外せる場合がありますが、水洗いしないでください。故障の原因となります。
・水分が付いたままだとサビの原因となりますので、十分に乾拭きし水分が残らないように気を付ける

庫内はパンくずなどで汚れやすいので、外側や扉よりも多く掃除しましょう。

付いたばかりの汚れであれば、上記で十分落ちます。

また、扉は外せる場合がありますが、水洗いしないでください。外して水洗いすると故障や感電の危険があります。食洗機も使用できません。

 

オーブントースターのヒーターの掃除方法

オーブントースター6

 

オーブントースターのヒーターは、掃除はしないか、してもごく軽く掃除するのみのどちらかの対応となります。

なぜならヒーター部分はとても割れやすく、少しの力でもヒビが入ったり故障することがあるからです。

主なトースターメーカーの対応をまとめてみると下記のようになります。

【オーブントースターのヒーターの掃除の仕方】
象印・バルミューダ 基本的にオーブントースターのヒーターに触ることは禁止
タイガー・アラジン 柔らかい布で軽く拭くのみ(力を加えない)はOK

となっています。

まずは手持ちの取扱説明書のヒーターの掃除についての項目を確認してみてください。

ヒーターはオーブントースターの中でも一番デリケートで取り扱いには細心の注意が必要です。

普段はあまり触れず、どうしても汚れが気になるときだけ柔らかい布を使い、力を入れずに掃除してください。

 

オーブントースターの臭いが取れないときの掃除方法

オーブントースター7

 

オーブントースター内の臭いが気になるときは焼き網やトレイ、受け皿および庫内を柔らかい布やスポンジと台所用中性洗剤で掃除してみてください。

臭いの原因は、焼き網やトレイ、受け皿などに食品が残っていることが多いからです。

また、庫内に脂や食品が内部に飛び散っており、そこから臭いが発生している可能性もあります。

そのため、一度きれいに掃除すると臭いが取れる場合が多いです。

【オーブントースターの臭いの掃除の手順】
頻度 ・臭いが気になるとき
・魚や油が多いものを焼いたとき
道具 ・柔らかい布3枚
洗剤  キュキュットなどの台所用中性洗剤
手順
(庫内)
1.オーブントースターの電源を切り、コンセントを抜き、本体が冷えるまで待つ
2.水を張ったタライやバケツに台所洗剤を入れて薄める
3.2に柔らかい布をひたし、固く絞る
4.3で絞った布で汚れを拭き取る
5.別の柔らかい布で水拭きする
6.別の柔らかい布で乾拭きする
手順
(焼き網やトレイ、受け皿)
1.オーブントースターの電源を切り、コンセントを抜き、本体が冷えるまで待つ
2.焼き網、トレイ、パンくず受け皿を外す
3.台所洗剤を薄めて、柔らかいスポンジで洗う
4.よく洗剤をすすぐ
5.柔らかい布で水分を拭き、よく乾かす
6.十分に乾いたら取り付ける
注意点 水分が付いたままだとサビの原因となりますので、十分に乾拭きし水分が残らないように気を付ける

水分が付いたままだとサビの原因となりますので、十分に乾拭きし水分が残らないように気を付けてください。

注意

焼き網やトレイ、受け皿および庫内を掃除してみても臭いが取れないときは、オーブントースターが故障し、電気系統が焦げている臭いの可能性もあります。

その場合は電源プラグを抜き、オーブントースターの修理を検討してください。

 

レモンで臭いがとれる?!

オーブントースター内の臭いを取りたい時は、レモンを使用することもおすすめです。汚れ自体を取るわけではないので、しっかり掃除した後の仕上げに試してみましょう。

 

具体的な方法は、

・レモン
・レモンの切れ端
・レモンの皮

などをトースターに入れて約2分ほど加熱します。

簡単に臭いを取ることができますし、レモンのいい香りに包まれますよ。

 

それでも臭いが気になる場合は、同じレモンを入れたまま追加で1分ほど加熱します。

わざわざレモンを買う必要はなく、料理で使用した際に切れ端や絞った後の残りカスでOKなので、お金もかかりません。

 

オーブントースターの掃除に使える洗剤と掃除方法まとめ

リスト

 

オーブントースターの掃除は、下記の洗剤と掃除グッズのみ使うようにしてください。

  • 中性洗剤(台所用の食器洗いのもので構いません)
  • 柔らかい布(化学ぞうきん以外)
  • 柔らかいスポンジ

重曹やセスキ、クエン酸・酢などで掃除すると一旦は汚れや焦げが落ちたように感じるかもしれません。

しかし、オーブントースターは材質がデリケートで、洗剤や傷に弱い家電ですので、時間の経過とともに黒ずみや腐食が発生することがありますので、注意してください。

ネット上の記事では重曹やセスキ、クエン酸が焦げに効くと解説されている記事が散見されます。

しかし、オーブントースターの主要メーカーでは中性洗剤のみのお手入れを推奨しています。

一例を下記に載せますので、あらかじめよく確認してくださいね。

参考:象印
タイガー
バルミューダ
アラジン

 

【黒ずみの原因に】オーブントースターの掃除に重曹やセスキがNGな理由

NG画像

 

実はオーブントースターには材質上デリケートな特性があり、使えない洗剤や掃除グッズが多いのです。

そのため、掃除の前に下記の2つの注意点をまず確認してください。

  • オーブントースターの掃除に使ってはいけない洗剤
  • オーブントースターの掃除に使ってはいけない掃除グッズ

それぞれ解説していきます。

 

【重曹やセスキやNG】オーブントースターの掃除に使ってはいけない洗剤

重曹

 

オーブントースターの掃除には、重曹やオキシなど下記のような洗剤は使わないでください。

なぜなら、オーブントースターに黒ずみや腐食を発生させてしまう恐れがあるからです。

  • アルカリ性の洗剤
    (重曹やセスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンなど)
  • 酸性の洗剤
    (クエン酸など)
  • クレンザー
  • 塩素系漂白剤 など

オーブントースターの掃除に使っても良いのは、下記のようなキュキュットなどの台所用中性洗剤のみです。

注意

オーブントースターの掃除に重曹やセスキ炭酸ソーダを推奨している記事が多いです、中性洗剤以外のものはオーブントースターの変色や劣化、破損の原因となる恐れがあります。

ですので、中性洗剤以外は使わないでください。

なぜなら、オーブントースターの多くは亜鉛めっき鋼板やアルミなどの「両性金属元素」で作られていることが多いのですが、両性金属元素は塩基(重曹やセスキなどアルカリ性のもの)や酸と反応し、劣化や変色、腐食してしまう恐れがあるのです。

また、クレンザーなど研磨剤が入っていると表面を傷つけてしまうので、こちらも使わないでください。

 

オーブントースターを掃除するときの注意点

メラミンスポンジ

 

オーブントースターの掃除には、メラミンスポンジや化学ぞうきん(薬品がしみこませてあるもの)、ブラシや歯ブラシなどは使わないでください。

また、長時間洗剤に付けること(ラップなどでパックしたり、付け置く)こともやめましょう。

なぜなら、オーブントースターの表面に細かな傷を与えてしまったり、サビを発生させる恐れがあるからです。

オーブントースターの掃除に使っても良いのは、下記のような柔らかい布やスポンジのみです。

オーブントースターは熱に強い反面、洗剤や傷にはデリケートです。そのため柔らかい布やスポンジで優しく掃除することを心がけて下さい。

 

【アルミを敷くのはNG?】オーブントースターの汚れを防止する方法

オーブントースター8

 

オーブントースターは汚れやすいため、あらかじめアルミホイルを敷くことで汚れを防止するという方も多いと思います。

確かにアルミホイルは有効な汚れ防止手段なのですが、アルミホイルの使い方や使う場所には正しい方法があり、それ以外の使い方をすると故障の原因となってしまいますので、注意しましょう。

ここでは、下記の3つのポイントについて、オーブントースターの正しい汚れ防止法を解説していきます。

  • オーブントースターでアルミを使ってはいけない場所
  • オーブントースターでアルミを使っても良い場所と正しい使い方
  • オーブントースターでアルミを使うべき食品

 

オーブントースターでアルミホイルを使ってはいけない場所

オーブントースター内でアルミホイルを使えず、使用禁止とされているのは、パンくず受け皿です。

なぜなら、故障の原因となるからです。

主なオーブントースターメーカーでは、全て受け皿にアルミを敷かない(または、パンくずトレイの穴をふさがない)と記載がありますので、確認してみてください。

ここにアルミを敷いている方は多いと思うので、早急にやめてくださいね。

参考:象印
タイガー
バルミューダ
アラジン

アルミホイルを使っても良い場所と正しい敷き方

オーブントースター内でアルミホイルを使っても良いのは、トレイ上だけです。

ただしその場合も、下記の注意点を必ず守ってください。

  • アルミホイルがトレーからはみ出さないように使う
  • アルミホイルがヒーターに接触しないようにする

この注意点を守らないと火災や故障の原因となってしまいますので、気を付けましょう。

 

アルミホイルを使うべき食品

オーブントースターの汚れを防止したり、上手に焼くには、下記のような食品にアルミホイルを使うと有効です。

それぞれの使い方をまとめます。

【アルミホイルを使うべき食品】 【使い方】
油が飛び散りやすいもの(魚や肉など) 食品をアルミホイルで包む
具が落ちやすいもの(ピザなど) トレーの上にアルミホイルを敷いて焼く
形が崩れやすいもの(つきたての餅など) トレーの上にアルミホイルを敷いて焼く
厚みがあるもの 焼き色が付いてきたらアルミホイルをかぶせる

ただしオーブントースターでアルミホイルを使う場合は、下記の注意点を必ず守ってください。

  • アルミホイルがトレーからはみ出さないように使う
  • アルミホイルがヒーターに接触しないようにする

アルミホイルを上手に使うことで、オーブントースターの汚れはかなり付きにくくなります。

ぜひ試してみて下さい。

 

まとめ

この記事では、オーブントースターの掃除方法についてまとめました。

オーブントースターは洗剤や掃除用品による変色や劣化、傷を受けやすいデリケートな材質で作られていることが多いです。

そのため、オーブントースターの掃除は基本的に中性洗剤や柔らかい布やスポンジを使い、優しく掃除するように心がけましょう。

オーブントースターは焦げや汚れがこびりついてしまうと落とすことが難しいです。

ですので、焼き網やトレイなどの汚れやすいところは使うたび(3回に1回は)掃除するようにすることがおすすめです。

日常的にオーブントースターの食品の残りや油の飛び散りを掃除することで、臭いも抑えることができます。

また、オーブントースターは汚れを落としにくいということから、汚れを防止するということも重要です。

アルミホイルを使うと、食品の飛び散りやこぼれ落ちなども防げるので、おすすめです。

ただし、オーブントースター内でのアルミホイルの使用は正しい場所と使い方があり、間違えてしまうと火災や故障の原因となってしまうので、注意点をよく確認してから使うようにしてくださいね。

 

-掃除

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.