エアコンクリーニング 掃除

【すっぱい…】エアコンが臭い原因はなに?自分でできる対処法を徹底解説!

エアコンが臭い原因と対処法

 

久しぶりにエアコンをつけたら(冷房・暖房)、「すっぱい臭いが漂う…」と感じたことありませんか?

エアコンのすっぱい臭いの主な原因はカビのため、すぐに対処したいですね。しかし、エアコンの臭いを取るには適切な対処が必要です。

ここでは、エアコンが臭いと感じたときに自分できる対処法を紹介していきます。

エアコンが臭いと感じても焦って市販の消臭スプレーなどを吹き付けるのはやめてくださいね(エアコンの故障や臭い悪化を招きます)(^^;

またエアコンの臭い予防方法もまとめたので、どうぞ参考にしてください!

 

エアコンの臭い原因は…この2つ!

エアコンの下にフンがある

 

エアコンが臭いのは主にカビと生活臭が原因です。たかがニオイですが、実は私たちの身体に悪影響も及ぼします…。

 

カビがエアコンが臭い主な原因

エアコンの臭い原因はカビ

エアコンから出る空気が酸っぱい臭いがする場合、エアコン内部でカビが発生していることがほとんどです。

普段エアコン掃除をしていない場合はもちろんですが、エアコンスプレーを用いて定期的に手入れをしていても完全にカビは除去できていません。

またエアコン内部にカビが発生していると、カビの胞子が風に乗って部屋中に舞うため、吸い込んでアレルギーを発症するリスクがあります。

そしてカビの胞子がカーテンに付着すると、カーテンにカビのエサがあった場合、カーテンにもカビが繁殖します。

つまり、カビの胞子をまき散らすエアコン自体をキレイにしておかないと、部屋中カビだらけ・最悪の場合アレルギー症状を発症するので、エアコンが臭いと感じたらすぐに対処しましょう!

(参照:カビ汚染とエアコンより)

 

タバコや油など生活臭

エアコンの臭い原因はタバコ

 

カビ以外にもエアコンが臭い原因で考えられるのはタバコのヤニです。

エアコンのある室内で喫煙する習慣がある場合、タバコの煙がエアコン内部にまで行き渡ってしまいます。市販のエアコンスプレーでは除去することが難しいです。

また、エアコンの近くにキッチン等がある場合、調理中の油が水蒸気とともにエアコン内部に入り込むため、油汚れの可能性もあります。

エアコンの臭いの原因はタバコや油などの生活臭もあるので、これから紹介する方法で定期的にエアコンを手入れしてくださいね。

 

エアコンが臭いときに自分でできる対処法

エアコン掃除

 

エアコンからすっぱい臭いがする、タバコ臭い、、というときに自分でできる臭い取りの対処法を2つ紹介します!

ただしどちらも一時的な対処法のため、タイミングを見計らってエアコン掃除業者にクリーニングを依頼してくださいね。

 

夏は冷房の最低温度による1時間運転

エアコン内部クリーンまとめ

 

一時的な対処法ですが、窓を全開にし、エアコンを最低温度の16℃で運転して内部に結露を発生させるというもの。

その水分が内部のカビなどを洗い流し、ドレンホースを伝って外に出してくれるのでニオイが軽減するというやり方が巷で話題となっています。

当然、完全にカビを取り除けるわけではなく、あくまでも軽減させるというやり方ですが、一時的にニオイが取れるそうですよ!

一時的にはニオイを感じなくなっても根本的に改善していないので、対処しなければすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

冬は暖房の最高温度による1時間運転

プラスチックの黄ばみを予防する方法

 

冬の場合は、窓を開け、暖房の温度を30℃にして1時間運転してみましょう。

暖房の場合は、エアコン内部をカビが苦手な乾燥状態にして換気によって外に出すという方法。

こちらも一時的な対処法で根本的にニオイを改善するものではありません。

実際には、カビは30℃程度で加熱しても耐久性があり、カビの胞子は乾燥状態では休眠状態となるだけなので、カビがニオイの原因である場合は完全に死滅させて除去することが必要です。

 

プロにクリーニングを依頼する

エアコン業者

 

エアコンが臭いと感じたら、プロのエアコンクリーニングに依頼するのが手っ取り早いです。

プロによるクリーニングは、エアコンを分解し内部のカビや油汚れなどを高圧洗浄や特別な洗浄液を使い落としてくれます。

詳しくは業者ごとにやり方はもちろん料金も異なります。業者については下記記事にまとめているので参考にしてくださいね。

(関連記事:【2020年版】エアコンクリーニング業者おすすめ6社!失敗しない選び方のポイント

ちなみにエアコンクリーニングの繁忙期は夏・冬のシーズン前なので、時期を外せば希望の日程で予約をとりやすいですよ!

 

【注意】エアコンが臭いときに絶対やってはダメなこと

エアコンが臭いときにやってはいけないこと

 

エアコンが臭いからといってファブリーズやリセッシュなどの市販の消臭スプレーを吹き付けることは絶対だめですよ!

当たり前ですが、消臭スプレーは空間やソファーやじゅうたん、クッションなどの繊維にスプレーするためのもので、エアコンに使用することを考えて作られていないからです。

万が一、エアコンに消臭スプレーを吹き付け電装部にかかると、故障や臭いの悪化などを招く原因になるので絶対に使用しないようにしてくださいね。

またエアコン掃除用スプレーも使い方を誤ると余計にカビが繁殖してしまうなどデメリットも多いので注意が必要です。

(関連記事:エアコン洗浄スプレーの使い方。注意点やデメリットなど徹底解説

 

エアコンの臭いを防ぐ4つの方法

エアコンゴキブリまとめ

 

エアコンが臭くならないよう普段からできる予防法を4つ紹介していきます。

 

夏は使用後に送風運転を1時間行う

エアコンクリーニングのときにやること

 

エアコンの臭いを防ぐために使用後は1時間ほど送風運転をしましょう。エアコンに内部クリーン機能があればそちらでも構いません。

特に夏はエアコン使用後は内部に結露が生じ、さらにホコリや油汚れなどをエサにカビが発生・繁殖します。

そのため、使用後に送風運転で内部の水分をなくし乾燥させることでエアコンの臭いを防げます。

(関連記事:エアコン内部クリーンの効果。メリット・デメリット

 

こまめに部屋を換気し生活臭を排除

窓掃除のポイント

 

室内でタバコを吸う人やキッチンとエアコンの位置が近い人はこまめな換気が効果的です。

こまめに部屋の換気を行うことで、エアコン内部にタバコの煙や調理中の水蒸気をためこまないので臭いを防げます。

また部屋の温度や湿度が下がるため、エアコンのカビ対策にもおすすめです。

(関連記事:エアコンのカビは病気リスクあり?原因・発生場所など徹底解説

 

定期的にエアコンを掃除する

エアコンの外側を拭く

 

エアコンの臭いを防ぐためには当然定期的な掃除が必要です。エアコンは使っても使わなくてもホコリや油などで汚れていきます。

エアコンの表面やエアコンフィルターなど見える範囲の掃除をこまめに行ってください。特にエアコンを使わない春や秋には1度は掃除しておきましょう。

またエアコンの使用頻度によりますが、1~2年に1回はプロのエアコンクリーニングに依頼し、隅々まで汚れを取ってもらうと完璧に臭いを予防できます。

(関連記事:自分でできるエアコン掃除の仕方。道具や手順、カビ予防まで徹底解説

 

エアコンを使わない時期はカバーをつけよう

プロのエアコン掃除の手順

 

エアコンを使わないシーズンは、エアコンカバーをつけ、カビのエサとなるホコリや油汚れを防ぐといいですね。

またカバーをつければタバコの煙や調理中の水蒸気も入り込まないので、エアコン内部の清潔を保てます。

 

まとめ

一人暮らしの掃除の頻度 エアコン

 

エアコンからすっぱい臭いがする…と感じたら、カビが原因の可能性が高いため早急に対処してくださいね。

ただし自分できるエアコンの臭い取りは一時的なものなので、根本的な解決のためにはプロにクリーニングを依頼しましょう!

普段からエアコンの臭いを防ぐポイントに気をつけて、清潔で快適な空間を維持してください。

-エアコンクリーニング, 掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2021 All Rights Reserved.