エアコンクリーニング 掃除

エアコン洗浄スプレーの使い方!でも実は○○の原因になることも!?

エアコンを自分で掃除する場合、市販のエアコン洗浄スプレーを想像しますが使い方が良く分からない方も多いことと思います。

フィルタ―の掃除は簡単ですが、聞きなれないフィンやファンと呼ばれる部分についてや詳しい洗浄スプレーの使い方を動画付きで説明していきます。

 

しかし、エアコン洗浄スプレーを使った掃除方法はあまりおすすめできないのが本当のところ。

その理由についても解説し、おすすめのエアコンクリーニング業者についてもご紹介しています。

ぜひ参考にしてエアコンの内部をキレイに保ちましょう!

 

エアコン洗浄スプレーの使い方

エアコンは自分で掃除できる?

フィルタ―は掃除機でホコリを吸い取って水洗いできますが、フィンやファンと呼ばれる部分は取り外して自分で掃除することができません。

そのためエアコン洗浄スプレーというものがあるのですが、フィン用とファン用で異なり初めて掃除する方は、どの部分の名称なのか分かりませんよね。

フィンとファンの場所や役割についてや、エアコン洗浄スプレーの詳しい使い方をご説明していきましょう。

 

フィンの洗浄方法

フィンとは、「熱交換器フィン」または「冷却フィン」とも呼ばれ、フィルタ―の裏側に位置しています。

エアコンの温度を管理している重要な場所で、フィンが汚れているとエアコンの効きが悪くなって電気代もアップしてしまうのです。

 

エアコンの本体カバーを外してフィルターを取り外すと、フィンと呼ばれる部分がむき出しになります。

とても刺激に弱い金属で、ちょっとした刺激でフィンが折れ曲がってしまうため掃除する際は注意しましょう。

 

アース製薬から「エアコン洗浄スプレー防カビプラス」という商品を使用した使い方動画が発信されていたのでご紹介します。

 

 

  1. 電装部が濡れたり汚れたりしないようビニールなどで養生しましょう。
  2. フィンのホコリを軽い力で掃除機のブラシやモップなどを使って取り除きます。
  3. エアコン洗浄スプレーに記載されている使い方の通り、ツメを折ったり指定された回数分振るなどして準備しましょう。
  4. フィンの目に沿ってスプレーを縦方向に吹き付けます。
  5. 1本すべて使い切り、指定された時間(こちらの洗浄スプレーは10分)を置いて完了です。

 

洗浄水は配管を通って外のドレンホースから流れるようになっています。

もし汚水でベランダなどを汚したくない場合は、汚水をキャッチできるようバケツなどの容器を準備しておきましょう。

 

ファンの掃除方法

エアコンの吹き出し口から覗くと、奥の方に筒状の部品が見えると思いますがそれがファンと呼ばれるところです。

風を起こす役割を果たしている部分で、ファンが回転することでエアコンから風が出る仕組みとなっています。

 

ファン専用クリーナー「くうきれい」を使用した使い方動画があったのでご紹介します。

 

https://www.youtube.com/watch?v=qFcYpqOIC4A

 

  1. 養生して周囲が汚れないようにしましょう。
  2. エアコンの下部分に汚水受けを大きなビニール袋などで逆三角形の漏斗の形に作って貼り付けておき、排水を溜められるよう下にはバケツなどをセットしておきます。(この養生がないと床が濡れてしまいます。)
  3. 吹き出し口からファンクリーナーをスプレーしていきます。
  4. 割りばしなどの棒を使ってときどきファンを回転させ、薬剤がまんべんなく付くようにしましょう。
  5. 20~30分ほど置いてから、専用の中和剤を使って洗い流していきます。
  6. 足りない場合は水を使って洗い流しましょう。霧吹きがあれば便利です。
  7. しっかりと洗剤が外へ流れ出るまで5分ほど待ちましょう。
  8. 送風口にタオルを当てて送風運転でしっかりと乾燥させて完了です。

 

しっかりと乾燥させないと、ニオイの原因になるほかカビが発生してしまうので、しっかり乾燥させることがポイントです。

 

実はエアコン洗浄スプレーは使わない方が良い!?

自分でエアコンを掃除すると、周囲が汚れないように養生しなければならないなど手間がかかったり、高所での作業なので危険が伴ったり首や肩などを傷めたりするという可能性も。

さらには、掃除しているもりがさらに汚れの原因を作っていることにもなっているのです。

 

完全に汚れを取ることは不可能

エアコンの外側を拭く

エアコン洗浄スプレーを使って掃除をしても、薬剤がしっかり届いているとは限りません。

キレイになるのは目に見える範囲だけであって、実は奥の方の汚れは落ちていないことが多いのです。

さらには、エアコン洗浄スプレーなどを使って自分で掃除すると、キレイに薬剤を取り除けず余計に汚してしまうということもあります。

 

掃除しているつもりがカビの繁殖の原因に

カビ

エアコン洗浄スプレーで掃除をしてキレイに洗剤を洗い流せていないとどうなるでしょうか。

 

エアコンの掃除を自分で行っても完全に汚れを取り去るのはむずかしいとお話ししました。

エアコンの汚れにはカビも含まれているため、実はエアコン洗浄スプレーの残った薬液をエサにして繁殖してしまうのです。

 

これでは掃除しているつもりでもカビにエサを与えているようなもの。

ですので、エアコン洗浄スプレーを使用したエアコンクリーニングはあまりおすすめできないのです。

 

エアコンの掃除はプロに任せるのが1番!

プロのエアコンクリーニングの手順

フィルタ―の掃除は自分でも掃除できます、というより、こまめに掃除を行わなければならないところ。

ですが、フィンやファンといったところは洗浄スプレーを使った掃除方法は完璧ではありません。

 

そこでおすすめなのがプロのエアコンクリーニング業者です。

エアコンクリーニングのプロなので、専用の機器や洗剤を使用してクリーニングしてくれます。

 

ほとんどの業者では、本体カバーを取り外して高圧洗浄機を使って汚れを取っていくのですが、本格的にエアコンを完全分解して見えないところもすべてキレイにクリーニングしてくれる業者もいます。

 

当サイトでは、エアコンクリーニングの料金相場や口コミ、業者選びのポイント、都道府県別エアコンクリーニング業者一覧などをまとめているので『こちらのページ』より気になる記事をチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

エアコンゴキブリまとめ

エアコン洗浄スプレーは、自分でエアコンクリーニングができる大変便利なアイテムです。

しかし、薬剤が残ってしまうとそれをエサにしてカビが繁殖してしまうことが分かりました。

ほかにも、乾燥が不十分だと生乾きといったイヤなニオイの原因や、電装部を濡らしてしまうと故障の原因にもなってしまいます。

エアコン掃除は自分でやるよりもプロにお任せする方が安心なのです。

上記でご案内したエアコンクリーニングに関する記事を参考にしてみてくださいね!

 

エアコン洗浄スプレーでも汚れは落ちますが、できればプロに依頼して掃除してもらい、キレイな空気のなか気持ちよく過ごしましょう!

 

-エアコンクリーニング, 掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.