エアコンクリーニング 掃除

エアコンの水漏れの原因&解決方法まとめ!業者を呼ぶ前に要チェック♪

エアコンの水漏れの原因

 

エアコンがあれば、暑い日も寒い日も一年中快適に部屋で過ごすことができます。

ジメジメする梅雨の時期にも大活躍ですが、久しぶりにエアコンをつけてみると

水漏れしている...

などトラブルが発生することもあります。

エアコンの水漏れが発生すると、壁や床が濡れてしまうだけでなく、カビが発生して黒ずんだり床や壁材が腐食することも。

そうなってしまう前にすぐ対処しなければいけませんが、そもそもエアコンが水漏れしてしまう原因が気になる方も多いはずです。

ここでは、エアコンが水漏れする原因や自分では直せない原因などを紹介していきます。

エアコンが水漏れしても落ち着いて対処ができ、修理の費用を抑えることも可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分でエアコンの水漏れを解消できるのか、プロの業者に依頼した方が良いのか見極めるきっかけになればと思います。

 

エアコンが水漏れする原因はドレンホースが8割!

エアコンが水漏れする原因

 

エアコンが水漏れする主な原因は、ドレンホースに関するものが8割を占めるといわれています。

ドレンホースとは、エアコン内部で発生した不要な水を、屋外へ排水するための管のことです。

これから1つ1つ、水漏れの原因と解決方法をみていきましょう。

 

ドレンホースの中にホコリやゴミが詰まっている

ドレンホースの中にホコリやゴミが詰まっている

 

ドレンホースとは、「エアコン内部で発生した水を外に排水するためのホース」だと説明しました。

エアコン内部から発生する水と一緒に、部屋のホコリやゴミなどの汚れも一緒に流れます。

それらがドレンホースのどこかでたまって詰まることで、水の流れがせき止められて逆流し、水漏れが発生します。

エアコンの水漏れの原因で一番多いのが、ドレンホースのつまりです。

またエアコン内部だけでなく、屋外に伸びているドレンホースの口から

  • 落ち葉などのゴミ

が入り込み、これが原因で詰まることもあります。

 

解決方法

ドレンホースの詰まりを解消するには、ドレンホースの先端に布を被せて掃除機を当てて吸い取るという方法がありますが、水で濡れると掃除機が故障するためおすすめできません。

 

ドレンホース水漏れポンプ

ドレンホース水漏れポンプの販売サイトへ

 

こちらのドレンホースの詰まりを解消してくれるアイテムは、ドレンホースの先端にセットして、ノズルを数回引くだけで詰まりを解消することができます。

この処置を行うと、長い間ドレンホースに溜まったゴミがヘドロ化して出てくることがあるので、ベランダなどを汚したくない場合は何か容器をセットしておきましょう。

ゴミが入らないよう「ドレンキャップ」をホームセンターや通販などで購入して付けておくと、ゴミや虫の侵入を防ぐことができますよ。

 

ドレンホースが曲がっている

ドレンホースが曲がっている

 

ドレンホースは曲がっていませんか?

曲がっていると曲がった部分にごみなどが溜まり、水が流れにくくなりエアコンが水漏れする原因になることがあります。

ドレンホースは曲がらないよう排出口をまっすぐ下に伸ばして、水がスムーズに流れるようにしましょう。

 

ドレンホースの先端が潰れている・埋まっている

先端が潰れている・埋まっている

 

ドレンホースが潰れていたり、先端が土や水などに埋もれていたりしていませんか?

これでは当然水が流れないので、水漏れの原因になってしまいます。

雨の日のみエアコンが水漏れする場合は、ホースの先端が水に浸かっているケースも多いです。

対策としては、ドレンホースが長い場合や潰れている場合はカッターなどで切り、先端をふさいでいる要因を取り除き置き方を変えましょう。

劣化している場合は、ホームセンターなどで新しいドレンホースを購入すれば、ビニールテープを使って簡単に取り換えられるので自分で対処することが可能です。

 

対候性ドレンホースの販売サイトへ

 

  • ドレンホース自体がたるんでいる
  • 破損している

場合は自分での対処が難しいので、ドレンホースの交換を依頼しましょう。

 

エアコン内部にも水漏れの原因がある!

エアコン内部の水漏れの原因

 

ドレンホースの詰まりがエアコンの水漏れの大きな原因ですが、エアコン内部に問題があることもあります。

これから

  • 送風口の結露
  • フィルターの汚れ
  • フィンの汚れ

以上の3つについて順番に解説します。

 

送風口の結露

送風口の結露

 

エアコンの送風口から水漏れする原因は、エアコンの内部で冷やされた空気が送風口に当たって、結露が発生することによるもの。

部屋の湿度が高いときに起こりやすく、エアコンの異常ではありません。

対処法は、エアコンの送風口(ルーバー)の向きを下向きではなく平行にして、空気抵抗を減らすことで結露が発生しにくくなり、水漏れを解消することができます。

 

フィルターの目詰まり

フィルターの目詰まり

 

エアコン本体のカバーを取り外すと、目の前にあるのがフィルタ―です。

フィルタ―はこまめにホコリ掃除をしなければなりませんが、掃除を怠って汚れが目詰まりしていると、エアコンの機能が低下してしまいます。

設定温度がかなり低くなり結露が大量に発生するため、水漏れの原因になることがあります。

対処法は、こまめにフィルタ―の掃除を行うこと。

エアコンをフル稼働させる季節には、2週間に1回のペースを目安に掃除をしましょう。

本体から取り外した後、掃除機でやさしくホコリを吸い取ったり、吸い取ったフィルターは使い捨ての歯ブラシなどで細かい汚れを落とします。

油汚れが付着して取れにくい場合は水で丸洗いし、掃除した後はしっかりと乾燥させてからエアコンに取り付けましょう。

 

フィルターにエアコン洗浄スプレーは厳禁!

フィルターにエアコン洗浄スプレーは厳禁

 

フィルターのすぐ後ろはエアコンの内部になります。

エアコンの内部にはエアコンを動かす際に欠かせない基盤など、重要な部品がたくさんあります。

この部分に

  • 防カビスプレー
  • エアコン洗浄スプレー

などを吹きかけてしまうと、エアコンが故障してしまう恐れがあるので注意しましょう。

(関連記事:エアコン洗浄スプレーの使い方!気になるデメリットも徹底検証

 

フィンの汚れ

フィンの汚れ

 

フィルタ―の奥にあるのが、熱交換器とも呼ばれるアルミフィン。

フィンが汚れていると、発生した結露の水が下のドレンパンに落ちづらくなるので、そのまま送風ファンから発生させている風と一緒に、水滴が飛んでしまいます。

フィンも市販のエアコン洗浄スプレーを使って掃除することができますが、洗剤がエアコン内部に残ってしまうと、それをエサにカビが繁殖してしまうのであまりおすすめできません。

できればプロのエアコンクリーニング業者に依頼して、掃除してもらいましょう。

 

自分では直せないエアコンの水漏れの原因

自分では直せない水漏れの原因

 

エアコンの水漏れは

  • ドレンホース
  • エアコン内部

などに問題があることで、起きることが分かりました。

ただ、自分では対処できないエアコントラブルもあります。

これらは自分で無理やり対処しようとすると、さらにエアコンの調子が悪くなってしまうことも。

ここからは、もしご紹介した対処法で改善しない場合に、考えられる原因について9つご紹介します。

ご紹介している原因については、プロの業者に依頼することで対処できますよ!

 

ドレンホースとドレンパンの接続不良

ドレンホースとドレンパンの接続不良

 

ドレンパンとは、エアコンに発生した水分(水)を受け止める部品のことで、多くの場合はフィンの下部に配置されています。

ただこのドレンパンが正しく設置されていなかったり、ドレンホースが上手く接続していなかったりすると、水を排出できないことがあります。

ドレンホースなどの接続不良は、一度エアコンを分解し再度設置する必要があります。

分解にはエアコンや電化製品に対する深い知識と修理経験が必要なので、無理に自分で修理するのはやめましょう。

 

エアコン本体が傾いている

エアコン本体が傾いている

 

新品のエアコンでも水漏れすることがあります。

その場合、エアコンが傾ていているなど、エアコンの取り付けミスの可能性が考えられます。

エアコンが傾いていると、ドレンパンに溜まった結露で発生した水滴がドレンホースの方へ流れず、水漏れの原因になります。

エアコンの取り付けに関するものなので、業者に依頼して傾きを直すようにしましょう。

 

ドレンホースが逆勾配になっている

ドレンホースが逆勾配になっている

 

ドレンホースは通常下向きに取り付けられていますが、設置ミスでドレンホースの根元部分だけが盛り上がって、逆勾配になっていることがあります。

逆勾配になっていると、エアコン内で排出された水が、盛り上がった部分から押し戻されるようになり室内側に水が漏れるようになります。

設置ミスなので、取り付けた業者に再度設置のやり直しを依頼しましょう。

 

ドレンホースがたるんでいる・劣化している

たるんでいる・劣化している

 

ドレンホースがたるんでいるとたるみ部分に水が溜まり、水がスムーズに流れなくなります。

その水が逆流することで、エアコンの水漏れを引き起こしてしまいます。

この状態のドレンホースを自分で直すのは難しいので、

  • エアコンの取り付け業者
  • エアコンの修理業者

に連絡し対処してもらいましょう。

またドレンホースが劣化している場合も、スムーズな水の流れを妨げるのでエアコン修理業者やメーカーに相談しましょう。

 

ドレンパンに亀裂が入っている

ドレンパンに亀裂が入っている

 

ドレンパンが破損していたり、ヒビなど亀裂が生じている場合に水漏れが起こります。

素人では確認できないので業者に依頼しましょう。

 

ドレンパンが汚れている

ドレンパンが汚れている

 

ドレンパンの汚れによる結露が原因で、エアコンの水漏れが発生することもあります。

ドレンパンとは、エアコン室内機内部の熱交換器の下部にあり、冷房を使用した際に発生した水分を、ドレンホースへと排出するための受け皿の役割があります。

このドレンパンに汚れが溜まっていると、水分が上手く排出されずエアコンの吹き出し口に結露が溜まり、水漏れの原因になってしまいます。

ドレンパンに詰まった汚れを除去することで、水漏れが解消されます。

ただドレンパンの掃除には分解が必要なので、無理をせずに業者の方に依頼することをおすすめします。

 

エアコンの奥の方に汚れが詰まっている

エアコンの奥の方に汚れが詰まっている

 

フィンの裏側や送風ファンの奥の方に汚れが詰まっていると、結露水が逃げ切れずに水漏れの原因となります。

こちらは分解が必要になるので、メーカーや完全分解できる業者に依頼して、水漏れの原因を確認してもらいましょう。

 

エアコンの冷媒ガスが不足している

エアコンの冷媒ガスが不足している

 

冷媒ガスは、熱い空気を冷たい空気に変換する過程で必要になります。

エアコンの冷媒ガスが不足することでフィンに霜が付くことがあり、霜が溶けることで水漏れになることがあります。

エアコンを運転しているときに本体のカバーを取り外して、フィンに霜が付いていたり氷に覆われたりしていると、ガス不足が疑われるので業者に依頼しましょう。

 

原因不明のエアコンの不調

原因不明のエアコンの不調

 

エアコンの経年劣化による不調や、原因不明の不調が発生した場合は使用を控えて、プロの業者に連絡しましょう。

年数が新しいものであれば、部品交換のみで済む場合があります。

古いエアコンであれば、部品の取り換えだけでも費用がかかるので、買い替えを視野に入れる必要も。

プロの業者に相談して解決しましょう。

 

自分で水漏れを直せない場合は、プロの業者に依頼しよう!

自分で水漏れを直せない場合はプロの業者に依頼しよう

 

エアコンの水漏れはドレンホースを正しく設置したり(掃除も)、エアコン内部の掃除を行うことで、ほとんどの原因を解消することができます。

しかし、自分で掃除するのが難しい場合は、プロのエアコンクリーニング業者へ依頼するのがおすすめです。

プロの業者であれば、専門的な知識と技術で確実な処置を行ってくれます。

おすすめのエアコンクリーニング業者や、失敗しない選び方が気になる方は下記のページをぜひ参考にして下さいね。

(参考記事:【2020年版】エアコンクリーニング業者おすすめ5社!失敗しない選び方のポイント)

 

エアコンの水漏れ修理の流れと料金相場

エアコン水漏れ修理の流れと料金相場

 

修理の流れとしては、まずはエアコンの水漏れの原因を突き止める作業からはじまり、簡単なものであればその場で修理してもらうことができます。

取り外しなどエアコンの分解が必要なものは時間がかかったり、後日改めて作業することになったりするので注意しましょう。

エアコンの水漏れ修理の料金相場は、

  • 水漏れの原因
  • エアコンの機種
  • 業者の設定金額

などにもよりますが、最も水漏れの原因が大きいドレンホースの詰まりであれば5,000円ほどで、比較的短時間で修理してもらえます。

しかし、天井埋め込みタイプのエアコンや、室外機を必要としないエアコンなどの場合は、10,000円を超えることもあります。

ドレンホース以外に、エアコンの水漏れの原因がある場合の料金相場は、高くても20,000円程以内に収まることが多いです。

エアコンの水漏れに関する修理は、5,000~20,000円ほどをみておくと良いでしょう。

 

\エアコンの水漏れ修理費用/

修理箇所 修理費用
内部点検 約5,000円~
ドレンホース関連 約5,000円~
冷媒回路の修理 約2,7万円~
冷媒ガスの補充 約1,4万円~

 

エアコンの水漏れは、原因箇所によって費用が変わります。

上記の費用はあくまで目安なので、より詳しい費用を知りたい方は業者に相談しましょう。

 

エアコンの水漏れを放置するとカビが発生する

エアコンの水漏れを放置するとカビが発生する

 

エアコンの水漏れをそのまま放置すると湿気が発生し、湿度の高い環境によってエアコン内部にカビが発生します。

カビをそのままにしていると、エアコンからの悪臭や汚れが発生してしまう原因にもなります。

さらなるエアコンのトラブルを防ぐためにも、今回ご紹介した水漏れ対策はきちんと行いましょう。

 

エアコンの水漏れを防ぐためにできること

エアコンの水漏れを防ぐためにできること

 

エアコンの水漏れの原因や解決方法などは分かりましたが、水漏れを防ぐためにできることは何かあるのでしょうか?

  • こまめに掃除をする
  • 扇風機を使って空気を循環させる

以上の2つがあるので、これから順番に説明します。

 

こまめに掃除をする

こまめに掃除をする

 

エアコンのこまめな掃除は大切です。

定期的に

  • ドレンホース
  • フィルター

にごみやほこりなどが溜まっていないか、きちんと確認しましょう。

もし溜まっている場合は掃除を行い、水漏れやエアコンの機能低下を避けます。

 

扇風機を使って空気を循環させる

扇風機を使って空気を循環させる

 

真夏は特に注意が必要ですが、低い設定温度でエアコンを使用していると、送風口も結露しやすくなります。

結露を抑えて効率的に部屋を冷やしたい場合は、

  • 扇風機
  • サーキュレーター

などを使用しましょう。

これらを使用することで、冷たい空気を部屋全体に循環させることができます。

極端に低い設定温度にする必要も少なくなるので、結露の発生を抑えることができるでしょう。

 

まとめ

エアコンの水漏れの原因まとめ

 

エアコンから水漏れすると驚いてしまいますが、ほとんどは自分で対処できることが分かりました。

ドレンホースの詰まりは掃除機を使えば安上がりですが故障の原因になるため、できれば今回ご紹介した専用のポンプを使って詰まりを解消しましょう。

ただ、

  • エアコン内部の故障
  • 接続不良

など一度エアコンを解体しないと解決できない水漏れもあるので、その場合はプロの修理業者に依頼し、水漏れの原因を探ってもらいましょう。

無理をして自分でいじって、エアコンがさらに壊れてしまうと余計に高い修理費用がかかりますし。

エアコンの水漏れ修理の料金相場をみても、高くて20,000円程度なので安心して依頼することができますね。

自分で解決できる方法を試してみて、それでもエアコンの水漏れが治らない場合は、エアコンのプロの業者に相談しましょう。

  • 原因は分かったけど、自分で直せる自信がない
  • エアコンを直す時間がないし面倒

といった方も依頼されることをおすすめします。

-エアコンクリーニング, 掃除
-, ,

Copyright© 家事タウン , 2020 All Rights Reserved.