エアコンクリーニング 掃除

エアコンの内部クリーンの効果と使い方。どんなときに使えばいいの?

 

エアコンの冷房やドライといった除湿機能を使ったあとに自動で運転する内部クリーン。

特に夏、内部クリーンを使ったあとは、なぜか部屋が暑くなって不快に感じたことはありませんか?

そもそも、内部クリーンとは何なのでしょうか。

本記事では、エアコンの内部クリーンという機能について説明し、内部クリーンの効果的な使い方などを解説しています。

使い方に工夫すれば、内部クリーンによってエアコンを清潔に保つことができるんですよ!

 

エアコンの内部クリーンとは?

エアコンの内部クリーンとはどんな機能なのでしょうか。

クリーンというだけあって掃除をする機能かと思いきや、そうではなかったのです。

内部クリーンの機能、かかる電気代、所要時間などくわしく見ていきましょう。

 

エアコンを掃除する機能ではなく乾燥機能

お掃除機能付きエアコン

 

内部クリーンとは、冷房や除湿機能を使ったあとに、エアコン本体の内部を乾燥させる機能のこと。

 

冷房や除湿機能を使うと、エアコンの内部には結露が発生します。

通常、発生した結露はドレンパンからドレンホースを伝って外へと排水されるのですが、どうしても内部は湿気が多くジメジメとした環境になってしまいます。

こうした環境は、健康に悪影響を与えるカビが繁殖する原因になるのです。

 

そこで内部クリーンという機能で送風や暖房運転を行うことで、エアコン内部に発生した結露を乾燥させてカビの繁殖が抑えられるという訳なのですね。

 

内部クリーンは冷房や除湿機能を使ったあと、自動で運転を開始しますが、毎回内部クリーンを行いたくないという場合はリモコンの操作で簡単に解除などの設定を行うことができます。

 

内部クリーンの電気代

ハウスクリーニングの料金相場

 

気になる内部クリーンの電気代ですが、1回の使用で1円~5円ほどといわれています。

毎日1回内部クリーンを行ったとして、1か月で30円~150円でカビ予防ができるのでお得だといえるでしょう。

 

内部クリーンの所要時間

副業で買い物代行業はできるか

 

内部クリーンの電気代に大きく開きがあるのは、メーカーによって所要時間や運転方法が違うため。

例えば三菱のエアコンなら所要時間は10分ですが、DAIKINの場合は90~120分かかります。

送風運転を行ってから暖房運転する場合や、交互に行う場合もあるなどメーカーによって違いますが、日立やパナソニックなど大手エアコンメーカーの所要時間を平均すると内部クリーンに必要な時間は約90分であるということが分かりました。

 

内部クリーンのデメリット

カビ予防を自動で行ってくれるのが内部クリーンという機能であることは分かりましたが、内部クリーンにはちょっと不快なデメリットもあるのです。

 

熱気が部屋に充満する

熱気が部屋に充満

 

冒頭でもお伝えしたように、内部クリーンのあと、部屋が熱気に包まれていたということはありませんか?

夏に冷房を付けていて、外出時にエアコンを切ると内部クリーンが発動し、帰宅すると部屋がモワッとしていて不快な思いをしたことが何度もあります。

これは、内部クリーンによる乾燥させるための暖房運転によるもので、どうしても部屋の温度が2~3℃高くなってしまうのです。

夏の暑い日に室内の温度が27℃として、3℃高くなって30℃にまで上がってしまうのは大変不快ですよね。

 

ニオイが拡散する恐れ

ニオイの原因になる

 

熱気とともに、ホコリ臭いようなカビ臭いような感じはありませんでしたか?

内部クリーンを行うとカビ予防になるのになぜ?と思われるかもしれませんが、もともとカビがあった場合に内部クリーンを行うとニオイが発生してしまうのです。

内部クリーンはカビが発生する環境を作りにくくするので予防としての効果はありますが、発生してしまったカビを除去することはできません。

 

内部クリーンと掃除でカビとニオイ予防

内部クリーン運転を行うことで出てくるニオイについてどうしたら良いのでしょうか。

それは、カビを除去したうえで内部クリーンを使ってカビ予防していくことがポイントになります。

 

エアコン掃除でカビを除去

エアコン洗浄スプレー使い方

 

カビを除去するためには、エアコンの掃除を行ってカビのエサであるホコリや油汚れなどを取り除いていきましょう。

フィルタ―は水洗いできるので中性洗剤があれば簡単に落ちますが、冷却フィンや送風ファンなどは市販のスプレー洗剤を使って簡単な掃除を行うことができます。

詳しくは『エアコン洗浄スプレーの使い方』のページに、市販のスプレー洗剤を使ったエアコンの掃除方法をまとめています。

 

しかし、エアコンの洗浄スプレーは、薬剤がエアコン内部に残る可能性が高く、それをエサにカビが繁殖してしまうのであまりおすすめできないのです。

やはりエアコンの掃除は、プロのエアコンクリーニングに依頼するのがベスト!

 

当サイトでは、エアコンクリーニングに関する記事や、都道府県別にエアコン掃除を行ってくれるハウスクリーニング業者などを多数まとめているので『こちらの一覧ページ』より気になる記事を参考にしてみてくださいね!

県名を検索窓に入力すれば、お住まいの地域のエアコンクリーニング業者を早く見つけることができますよ。

 

内部クリーンでカビ予防

エアコンゴキブリまとめ

 

エアコンクリーニングで内部までカビを除去できたら、内部クリーンでカビが発生する環境を作らないようにしましょう。

エアコンクリーニングを行っていれば、ホコリなどの汚れやカビによるニオイが発生する心配もありません。

 

エアコンを使わない季節にも、部屋の湿度によってはエアコン内部にカビが発生する条件が整ってしまうので、月に1度は内部クリーン運転でカビを予防していきましょう。

カビのエサとなるホコリや油汚れを予防する方法として、エアコンカバーを取り付けておくのも効果的です。

 

内部クリーンの効果的な使い方

内部クリーンは、カビを予防して私たちの健康を守ってくれる機能であることが分かりましたが、やはり夏に部屋が熱気に満ちてしまうのはとても不快です。

そこで、内部クリーンを効果的に使う方法をご紹介します。

 

内部クリーン機能を使うタイミング

鍵預かり代

 

内部クリーンは暖房機能で本体内部を暖めるため、部屋が暑くなってしまうため、在宅時ではなく外出時に使用するようにしましょう。

内部クリーンは冷房などを使っていて電源を切ったときに自動で運転されるように設定されています。

運転終了後は、自動で電源がオフになるので電気代や部屋の温度が高くなりすぎるのを心配する必要もありません。

 

夜間、エアコンをタイマーでオフするよう設定している場合は、この際も内部クリーン運転が発動してしまい、部屋の温度が高くなって寝苦しくなる可能性があるため、夜間は内部クリーン運転を解除しておくことをおすすめします。

朝、出勤前など出掛ける前に内部クリーン運転を起動させておきましょう。

 

在宅時に使用する場合は換気を

換気

 

どうしても在宅時に使用する場合は、内部クリーンにより発せられる湿気混じりの熱気で体調を崩すことがあるので特に夏は窓を開けてから行いましょう。

窓を開けられない場合、換気扇を回すだけでも湿気や熱気を逃すのに効果的です。

 

内部クリーンは長い場合ですと120分かかるので、夏は扇風機を使用し、こまめに水分を取りながら無理せず行ってくださいね。

 

送風運転・冷房温度アップもカビ予防にやや効果的

送風運転

 

内部クリーンの機能には劣りますが、冷房の代わりに使うことで送風運転でもある程度結露を予防してカビの発生を抑えることができます。

 

また、内部クリーンの代わりに冷房の設定温度を上げるという方法も結露が発生しにくくなり、すでに発生した結露もゆっくりと乾燥していくのでおすすめ。

送風運転よりは電気代がかかってしまいますが、涼しいままカビを予防することができますよ。

1時間ほど運転してエアコン内部の湿気を乾燥させてから冷房を使用しましょう。

 

ただし、送風運転などは、内部クリーンをどうしても使えないときだけにして、こまめに内部クリーンを行うようにしてくださいね。

 

まとめ

エアコン内部クリーンまとめ

 

エアコンの内部クリーン運転についてより理解が深められたのではないでしょうか。

内部クリーンはエアコンのお掃除機能ではなく、乾燥させる機能でカビを予防する効果があることが分かりました。

 

内部クリーンを使うと湿気混じりの熱気で不快な思いをしますが、使い方に工夫すれば問題はありません。

送風運転に切り替えたり、冷房の設定温度を上げるだけでも湿気を飛ばすことはできるので、在宅時など内部クリーン運転がむずかしいときだけこの裏ワザを試してみてくださいね。

 

内部クリーンを効果的に使って、エアコンを清潔に大事に使っていきましょう!

 

-エアコンクリーニング, 掃除
-,

Copyright© 家事タウン , 2019 All Rights Reserved.