エアコンクリーニング 掃除

エアコンのカビは病気の原因になる!カビ除去・予防する方法など徹底解説!

エアコンゴキブリまとめ

 

エアコンはずっと使っていると内部に結露が発生し、カビが生えてしまうので適切な掃除を行わなければなりません。

エアコンのカビ掃除をしなければ、カビの胞子が部屋中に舞い、アレルギーなどの病気を発症してしまうこともあるのです。

エアコンの内部を掃除するのは、できれば専門の業者に任せるのがおすすめですが、簡単な掃除であれば自分で行うことも可能です。

エアコンのカビ掃除におすすめの業者や、自分でエアコンを掃除する方法をお届けします。

エアコンにカビができるのを予防する方法も解説しているので、ぜひ参考にしてクリーンな空気で気持ちよく過ごしてくださいね!

 

エアコンはカビの温床になりやすい環境

風で卵が飛ぶこともある

 

エアコンの内部はカビが発生・繁殖しやすい環境です。

エアコンの冷房や暖房機能を使うと、運転による熱で水分が発生してドレンホースを伝って外に流れるのですが、エアコン内部にも結露が発生してしまいます。

結露が発生することによりエアコン内部は湿度が上がり、冷暖房の運転によって温度も高くなるので、カビが発生しやすい環境になってしまうのです。

こまめに掃除しなかったり適切な対策を取らず結露やカビを放置すると、カビはほこりや汚れをエサにどんどん繁殖してしまい、エアコンの内部がカビだらけで真っ黒になってしまうこともあります。

ちなみに、カビは、

  • 温度が20~35度
  • 湿度が80%以上

という環境で発生しやすくなります。

エアコンはカビと同時にゴキブリの侵入経路にもなりやすいため注意が必要です。

詳しくは「エアコンからゴキブリを登場させない対策6つと外へ追い出す方法」のページをご覧ください。

 

エアコンのカビは病気の原因に(特に子ども、高齢者は注意)

エアコンのカビは病気の原因に

 

カビが私たちの身体に悪影響を与えることはお分かりかと思います。

アレルギーを発症したり、アレルギー持ちの人は症状が悪化、乳幼児や高齢者など肺炎など恐ろしい病気を引き起こす原因になってしまうのです。

特にエアコンの中にカビが発生してしまうと、エアコンを運転する際に風にのって部屋中にカビの胞子をまき散らすことに。

部屋の中の湿気が多く温度が高い場所に胞子がつくと、そこが新たなカビの温床になる可能性もあるのです。

 

エアコンのどこにカビが発生しているの?

カビ

 

エアコンのカビは、フィルターの奥のフィンと呼ばれる部分や、回転する送風ファンという部分、その奥にあるドレンパンという部分にも発生します。

フィルターは手が届きやすいのでほこりをこまめに取ることができ、風が通りやすい場所なのでカビが発生しにくい場所です。

しかし、フィン・ファン・ドレンパンなどは手が届かないので、1度カビが発生すると自分で掃除するのが難しくなってしまいます。

 

エアコンのカビ除去はプロに任せるが吉

技術力をチェック

 

エアコンのカビ除去は、素人では難しいため、エアコンクリーニング業者などプロに任せましょう。

仮に自分でエアコンのカビ掃除をしたとしても、内部の手の届かないところにカビが残っている場合があります。

エアコンクリーニング業者は分解し徹底的に掃除するため、エアコンの奥に発生したカビも除去できます。

また専用の洗剤や抗菌コートなどを使用するので、カビ予防にも効果的です。

エアコンの故障リスクも防げますね。

エアコンクリーニング業者の選び方は「エアコンクリーニング業者おすすめ5社と選び方のポイント」のページをご覧ください。

 

エアコンのカビ予防に!エアコンクリーナーを使った掃除方法

エアコンの内部にカビを発生させないためには、こまめな掃除は不可欠です。

ここではカビの予防という意味で、今すぐできるエアコンクリーナーを活用した掃除方法を紹介します。

 

用意するもの

  • マスク
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシや綿棒
  • 掃除機
  • 拭き取る布
  • エアコンクリーナー(フィンとファン用)
  • タオル
  • 新聞紙
  • エアコンの養生シートまたは大きめのゴミ袋

 

手順

エアコンのプラグをコンセントから抜く

プラグを抜く

 

エアコンが掃除中に作動しないようにするためにも、エアコンのプラグは必ず抜いておきましょう。

 

エアコンの外側のほこりを拭く

エアコンの外側を拭く

 

エアコンの上部・前面・側面のほこりや油汚れ、タバコのヤニを拭きます。

カビのエサとなる原因をしっかり取り除いてください。

 

前面のパネルを外す

土日も対応してくれるか

 

前面のパネルは外せるタイプか上にあげるタイプかのどちらかに分かれるかと思いますが、掃除しやすいよう外したりあげておきましょう。

動きにくい場合はほこりなどのゴミや汚れが詰まっている可能性があり、無理に動かすと破損の原因になることがあるので注意してください。

 

パネル裏側とフィルターの掃除を行う

エアコンクリーニングおすすめ

 

パネルの裏側もほこりが付着しているので、きれいに掃除機などで吸い取ったり拭き掃除を行います。

フィルターもほこりで汚れており、油汚れも付着して掃除機では吸えないこともあるので、洗剤を薄めた水の中に入れて浸け置きしてから歯ブラシなどでこすり洗いして落としましょう。

洗ったあとは、風通しが良く直射日光が当たらないところでしっかりと乾燥させてください。

 

フィンの部分のほこりを掃除機などで除去する

エアコンのフィン部分を掃除

 

フィンの部分のほこりを掃除機で吸い取り除去します。

フィンは簡単に曲がってしまうほど繊細なので、掃除する際は慎重に行ってくださいね。

細かくてほこりが取れにくい場合は、綿棒などでやさしく取り除きます。

 

エアコンクリーナーをフィンにスプレーする

エアコンのフィン用スプレー

 

フィン用のエアコンクリーナーを説明書通りにスプレーします。

フィンをクリーナーで掃除するときは、基本的に前面に垂れずドレンホースを伝って外へ排水されるようになっていますが、少し水滴が落ちることがあるので新聞紙などを敷いておくと安心です。

 

自然乾燥したらルーバーを拭く

ルーバーも拭く

 

エアコンクリーナーの説明書に記載されている時間で放置し、自然乾燥させましょう。

その後、ルーバーを拭いて掃除します。

 

送風運転で内部をしっかり乾燥させる

送風運転

 

仕上げに送風運転でしっかりとエアコン内部を乾燥させましょう。

内部が乾燥しないままだと、カビが繁殖しやすい環境となるほか、生乾きのようなニオイの原因にもなるので30分は送風モードで運転してくださいね。

 

ファンを掃除するときは養生する

エアコン掃除に必要な道具

 

ファンの掃除をするときは、クリーナーが垂れてくるため養生が必要です。

エアコンを掃除するときのカバーを用意するか、大きなゴミ袋でも代用可能なので、エアコンの下に貼り付けてください。

 

ファン用クリーナーを回転させながらスプレー

 

必ずエアコンのプラグを抜いてからパネルとフィルターを取り外し、奥のファンを回転させながら360度まんべんなくスプレーします。

手が届かない場合は、割りばしを使ってそっと回転させましょう。

 

放置後に送風運転でしっかりと乾燥させる

送風運転で乾燥

 

フィンクリーナーは汚れにとどまって分解したあと垂れてくるので、30分ほど放置して待ちます。

30分経過し、汚水が垂れてこなくなったら養生シートを取り外し、汚水飛び散り防止に吹き出し口(ルーバー)の下にタオルをあて、エアコンの電源を入れて送風運転でしっかりと乾燥させたら完了です。

 

注意点

メリット

 

故障の原因となるので、強引に手が届きにくいところも無理して掃除しようとするのはやめましょう。

高い場所での作業になるので、足場をしっかりと固定して転倒することがないよう気を付けてくださいね。

エアコンクリーナーは、基本的にカビ予防が目的でカビを除去するためのものではないので注意しましょう。

エアコンクリーナーが内部に残ると、それをエサにカビが繁殖することもあるということを念頭に置いておいてください。

 

エアコンのカビが発生しないよう温度、湿度に注意

壁掃除の方法と必要な道具

 

エアコンのカビを予防するには、カビが発生する環境をつくらないことが大切です。

まずは、カビのエサとなるほこりや汚れを防ぐために、こまめに掃除しましょう。

温度や湿度の環境も、冷暖房の運転を行ったあとに送風モードでエアコン内部を乾燥させると、カビが繁殖しにくい環境になります。

 

まとめ

送風モード

 

エアコンのカビ掃除は、自分で行うのはむずかしいため、プロに依頼する方がキレイになるということが分かりました。

しかし、カビのエサとなるほこりや油汚れなどは日々の掃除で除去できるので、こまめにエアコン掃除を行いましょう。

エアコンのカビを予防するためには、カビが好む環境を断ち切ることがポイント。

こまめな掃除と送風運転でエアコンのカビを予防しましょう。

エアコンクリーニングでは、エアコンの奥のカビや汚れまでキレイにしてくれます。

ぜひ、おすすめの業者も参考にして選んでみてくださいね。

キレイなエアコンで気持ちよく過ごしましょう!

 

-エアコンクリーニング, 掃除

Copyright© 家事代行サービスの比較サイト「家事タウン」 , 2019 All Rights Reserved.